Bluetooth

iPhoneでBluetooth(ブルートゥース)対応の機器と接続する方法

iPhoneを初めて使ったり、Bluetoothのイヤホンやスピーカーに初めて接続する時にいろいろ悩むことありますよね。

iPhoneでBluetoothを初めて使う時に疑問に思ったことなどを調べてまとめました。

Bluetooth(ブルートゥース)とは?

Bluetoothとは無線で家電やスマホ同士を接続する機能。できることとしては、いままで有線でつないでやっていたことの「無線化」が一番大きいメリットになります。

たとえば、iPhoneにイヤホンをつないで聴いていたり、スピーカーをつないでいたりした経験ありませんか?

その線がついてる部分を取っ払うと、線が絡むことはないし、持ち運びができるのでとても使い勝手が向上します。

もちろんBluetoothの機能がある同士じゃないと接続できませんが、近距離での接続に適しています。10m~100m程度の距離で使うものに適しています。

Bluetooth
そのため北欧で使われていたルーン文字がこのBluetoothのロゴに使われているんだ。

Bluetoothを接続できる主な対応製品

  • AI… AIスピーカー
  • 通話・電話… マイク、ワイヤレスマイク、受話器
  • カメラ・撮影機材… 遠隔シャッター、自撮り
  • スマートウォッチ… Apple Watch
  • 音楽再生… AirPods、イヤホン、ヘッドホン、スピーカー、トランスミッター
  • お仕事… キーボード、テンキー、Appleペンシル、バーコードリーダー、スキャナー
  • ゲーム… コントローラー
  • ヘルスケア… 体重計、温度計、体組計
  • 便利… なくしもの防止タグ、ネットワークカメラ(監視カメラ)、モニター

こちらの記事も読まれてます

Bluetooth
Bluetoothに対応している家電sはどんどん増えているので楽しみですね!

Bluetoothを接続時の用語

  • ペアリング… 接続すること
  • ワイヤレス… 無線のこと
  • バージョン… セキュリティが強化されたBluetooth 4.2、最新バージョンのBluetooth 5

Wifiとの違い

BluetoothとWifiの違いをまとめました。

Bluetooth Wi-Fi
接続方法 無線 無線
通信の速さ 遅い 速い
通信範囲 10-100m 100-200m
バッテリー 長持ち 消費速い

Bluetoothは近距離型でバッテリーは長持ち。Wifiは広範囲に電波を広げられるが、バッテリーの減りが高コストというデメリットがある。

豆知識

  • Bluetoothという名前の由来は北欧の英雄ハーラル1世のあだ名。
  • ハーラルは10世紀に平和的な手段でノルウェーとデンマークを統合した人物(=異種族を戦争せずむすびつけた)
  • iPhoneやタブレット、PCやイヤホンなどいろんな家電(異種族)をひとつの規格で結ぶことができるという意味から、Bluetoothの名称がつけられている。
Bluetooth
そのため北欧で使われていたルーン文字がこのBluetoothのロゴに使われているんだ。

Bluetooth機器を接続する方法

Bluetooth機器からONにする

まず、接続するBluetooth機器の本体からBluetoothの電波を発信する。

機器自体の説明書に必ず記載されているが、発信と受信の切り替えがある機器もあるので注意。

iPhone設定アプリ
設定アプリ
iPhoneは「受信」、Bluetooth機器は「送信」という状態にしないと、接続されないんですよね。電池のプラスとマイナスみたいなものです。

iPhoneで受信ONにする

次にiPhoneでBluetoothの電波の受信をONにします。

コントロールセンター、設定アプリなどいろんなところで簡単にONにできます。

表示が青くなっていれば「受信状態」です。

接続画面で自分のデバイスから機器を選ぶ

設定アプリの「Bluetooth」を開き、接続する機器を選びます。

過去にこのiPhoneと接続したことがある機器は「自分のデバイス」という欄に表示されます。

新しく接続する機器は「その他のデバイス」と表示されます。

例の画像にある「BSKBB06」はBluetoothキーボードです。

こちらを接続してみます。

未接続→「接続済み」になればOK

その他のデバイスの欄にあった「BSKBB06」が「自分のデバイス」に移動し、接続済みになりました。

接続されているか試す

文字打ちがキーボードからできるようになっています。

接続されない場合

機器によっては1対1でしか接続されないものがあり、例えば別のiPhoneに接続している状態で新たに接続しようとするとつながらないこともあります。

一度「自分のデバイス」からインフォメーションマーク(青いiマーク)を押して「このデバイスの登録を解除」を行い、再度、新規で接続を試してみるといいでしょう。

また、その他のデバイスの欄に接続したいBluetooth機器が出てこないときは、「送信」じゃなくて「受信」になっているケースもあります。

新しい接続を許可する

コントロールセンターで「新しい接続をオフにする」設定になっていると、Bluetoothの家電を買ってきても接続リストに表示されないままになってしまいます。

AirDrop機能も使える

Bluetooth
BluetoothをONにすることで、iPhoneやApple製品同士だと簡単に手軽なデータ共有を行うことができます。

例えば、今撮った写真をiPhoneの家族にすぐ送信したいときなど、LINEで送ると画質が劣化してしまうし、メールだと添付に時間がかかりますよね。

そういったときにBluetoothの技術を使って、近くにいるiPhoneにデータを送信することもできる機能です。

こちらの記事をぜひご覧ください。

【AirDrop使い方】iPhone同士で写真を簡単に送る方法
【AirDrop使い方】iPhone同士で写真を簡単に送る方法

iPhoneの機能にはiPhone同士で簡単に写真を送ることができる「AirDrop(エアドロップ) …

まとめ

  • Bluetoothは無線で多様な機器同士をつなぐ技術
  • Bluetoothを接続できる家電は増えている
  • iPhoneでBluetooth接続する方法は簡単

要注目:通信量20GBで3000円程度のプランが登場

おすすめ
早い話、速いです。
2021年2月がiPhone機種変更タイミングで買い時【iPhone12でiPhone11Pro・iPhoneXRなど新機種・旧機種安くなる】

iPhoneの買い時は、結論をいうと 2021年2月~が機種変更のタイミングです。それは3月は機種変 …

続きを見る

2021年3月、携帯業界に革新的なサービスが始まります。

5G?格安SIM?いいえ、正式なキャリアが始めるサービスで、オンライン窓口専用のプラン(ブランド)です。何の話なのか?って想いますよね。

今までのようにキャリアショップで契約やスマホの機種変更をしていた従来のやりかたを見直し、新時代の生活様式に則って非接触・接客などを行わないプランにして格安SIMなどより割安な値段でサービスを提供していこうというもの。

それもどこのキャリアも「1ヶ月の通信量が20GBで3000円程度のプラン」を登場させたというで話題になっているわけです。

※当サイトの掲載記事は規定の方法で調べてまとめた内容です。公式を元にした情報の他、未発表部分は過去データからの類推・iPhoneの仕様など古くなっている情報が含まれるケースもあります。必ず免責事項にご了承頂いた上でご覧ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

綾fit@iPhone使い方解説好き

アラサーのiPhone・ガジェット大好き人。iPhoneはファンタジーの世界でいうと「最強の武器」iPhoneの使い方を解説していくよ。

アクセスの多い記事

1

「クラブハウス(Clubhouse)」で友達を連絡先から招待する方法です。 テレビや報道で人気さが特 …

早い話、速いです。 2

iPhoneの買い時は、結論をいうと 2021年2月~が機種変更のタイミングです。それは3月は機種変 …

手軽でカンタンにVPNを構築するアプリ 3

iPhoneで「クラブハウス(Clubhouse)」をしているときに、夜重くなって聞けなくなった!と …

4

iPhoneはどうしても高額になっていきがちですが、最近のAndroidスマートフォンは性能とコスパ …

コメントしたい場合は手を上げる 5

音声SNS「クラブハウス(Clubhouse)」にはDM(ダイレクトメッセージ)やチャット機能・コメ …

-Bluetooth