LINE

【LINE引き継ぎ】iPhoneからiPhoneに機種変更した時にしたトークデータバックアップ

LINEのトークデータの引き継ぎに、iPhone8PlusからiPhoneXRに機種変更した時に行った「トークデータ」のバックアップと復元方法をご紹介します。

LINEのトークデータはなくなるととても寂しいですよね。

途中でいちど失敗しているのですが、手遅れになる前に気づいたのでその内容もまとめています。

綾fit
iPhone活用やiPad大好きな綾fitです。仕事でiPhoneをいくつも持っていて、いろいろ設定やカスタマイズをしたりしてます。iPhone13買うならこちらCheckしてね!

要約ポイント

  • iPhone機種変更時にLINEで設定するもの
  • LINEのトーク情報をバックアップして復元できるようにする
  • 失敗か!と気づいたら削除してやり直そう

機種変更時トラブルで多いLINE

スマートフォン、iPhone、携帯電話。今やひとり二台もっていてもおかしくないくらい普及しましたね。

同じくらい普及しているのが「LINE」です。

このLINE、実は機種変更を行う際にデータが消えてしまって、やっておかないと復元できないものがあります。

そのためせっかく大好きな恋人や家族からもらった嬉しいメッセージが読めなくなってしまうというトラブルが多くあります。

注意点:引き継ぎ設定を確実にしよう

LINEには機種変更をする人がいることを前提に、引き継ぎメニューというものを用意しています。

LINE引き継ぎの全体の流れ

  1. LINEのアカウント自体にメールアドレスもしくは電話番号、パスワードの設定をする
  2. 設定メニューからトークのバックアップを作成
  3. iCloud共有でLINEをオンONにしておく
  4. 新しいiPhoneでLINEをインストールしたらログイン画面で電話番号を入力
  5. 年齢認証が入るので認証
  6. 「トーク履歴を復元」メニューのときに「復元」
  7. 確実に復元が終わるように「画面の自動ロックをなし」に
  8. 完了

という流れになります。

こちらは「iCloud」というAppleのアカウントサービスに接続して「バックアップファイル」を受け渡すことができるため、Androidスマートフォンではできません。

あくまでiPhoneからiPhoneに機種変更を行った場合の方法になります。

LINEアカウントに情報登録

まずはLINEのアカウント情報にパスワードを設定します。

LINEアカウントに情報登録

LINEアカウントに情報登録

メインメニューの「友だち」→左上の歯車アイコンから「設定メニュー」→「アカウント」と進みます。

ここではLINEのアカウント自体にメールアドレスもしくは電話番号、パスワードの設定をします。

電話番号、メールアドレス、パスワード、それぞれ確実にわかるものを入力しましょう。

この情報を紛失するとアカウントが復旧できなくなる可能性もあります。

設定メニュー「トークのバックアップ」を作成

続いて、LINE設定メニュー「トーク」→「トークのバックアップ」というところで復元するためのバックアップデータを作成します。

設定メニュー「トークのバックアップ」を作成

設定メニュー「トークのバックアップ」を作成

ここでトークのバックアップを作成すると、このバックアップは「iCloud」に送られます。

これで「新しいiPhone」で「同じAppleIDでiPhoneにログイン」することで受け渡しが可能になります。

LINEアプリのトークデータをバックアップ(圧縮)している画面

LINEアプリのトークデータをバックアップ(圧縮)している画面

LINEのトークデータを圧縮する際は少し時間がかかることもあります。

モバイルデータではとまってしまうこともあるのでWifi環境でおこなうのがベターかもしれません。

LINEアカウントの引き継ぎモード

LINEアプリのトークデータをバックアップしたあとは、次に「LINE設定メニュー」→「アカウントの引き継ぎ」から、アカウントの引き継ぎモードをオンにします。

アカウントの引き継ぎモードをオンに

アカウントの引き継ぎモードをオンに

ここの引き継ぎモードに入れると、36時間の間だけ他の端末(iPhone)にLINEアカウントを引き継げる状態になります。

ここのアカウント引き継ぎモードにしていないと、正しい情報だとしてもデータを引き継ぐことはできません。

引き継ぎモードにした時のみ引き継げる

引き継ぎモードにした時のみ引き継げる

引き継ぎモードにすると、下記のように「残り時間」が表示され、他の端末でログインができるようになります。

「残り時間」が表示され、他の端末でログインができるようになる

「残り時間」が表示され、他の端末でログインができるようになる

※引き継ぎを行わない場合はこの設定をオンにしない(緑ではない状態)ようにしましょう。

アカウント情報・パスワードが流出していた場合に、他の人にログインされてしまい、のっとられる可能性もあります。

機種変更後のiPhoneでLINEを準備

ここまでは旧iPhoneでの作業になります。続いて、機種変更を行った新しいiPhone端末の話になります。

新しいiPhoneで、同じAppleIDでログインした状態にしておいてください。

LINEアプリをインストールしたらログイン画面で電話番号を入力しましょう。SMSによる6桁の数字で認証番号が飛んできます。

認証番号をメッセージアプリで確認して入力しましょう。

また、年齢認証が入るので認証が必要になります。

ドコモの人はMyドコモのアカウント、auの人はauIDへログインし、認証することになります。

トーク履歴を復元

AppleIDに紐付いた「iCloud」に保存されている「バックアップデータ(トーク履歴)」がここで呼び出されます。

LINEでトーク履歴をiCloudバックアップから復元できるのは、この新しいiPhoneでLINEに入った最初のときだけになります。

メモ

このタイミングでしかトーク履歴を復元できませんが、うっかり「トーク履歴を復元せずに続行」や「復元をしてみたけど通信状況が悪くて一部しか復元されなかった」場合もあります。

手遅れになる前にiPhoneでLINEのアプリを削除して、再度AppStoreからLINEをインストールし、やりなおしてください。

トーク履歴復元エラー

通信状況が悪かったりするとトーク履歴の復元ができずに、一部だけしか復元されなかったり、中途半端になったりします。

確実に復元してもらうために、復元中は画面をそのままにしましょう。

復元中に電話がかかってきたり、電池が切れたり、中途半端に画面がロックになったりすると通信が途切れたりする恐れがありますよね。

iPhoneの「設定アプリ」から「画面の自動ロック」を「なし」にしてから行うと確実です。

iPhone設定アプリ
設定アプリ
「設定アプリ」→「画面表示と明るさ」→「自動ロック」→「なし」

大切なトーク履歴は確実に、復元しましょう。

まとめ

  • iPhone機種変更時にLINEで設定するもの
  • LINEのトーク情報をバックアップして復元できるようにする
  • 失敗か!と気づいたら削除してやり直そう

LINEのトーク履歴を復元しても、細い設定は解除されていることもあります。

サジェスト機能や、プライバシー設定などは一度見直しておきましょう。

要注目:機種変更・iPhone端末買うなら今:2022年に得なのは?

2022年にかけての状況ですが、21年3月から各キャリアが方針を転換して、ネット通信20GBという大容量かつ3000円前後の料金プランを出してきています。

が、その時はまだ、通信量は少なくしてもっと安く提供しているといった格安SIMサービスとは直接ライバルにはなっていませんでした。

ところが秋・冬と経て各大手キャリアは「あまり使わないからその分安くしたい」ユーザー向けの低容量格安プランになるものもカバーする動きに入っており、格安SIM各社はいろいろとしのぎを削っています。

特に2台持ちして使い分ける人の増加が顕著ですね!メインに昔から使っている電話番号を使い、ゲームや動画の閲覧はネット放題のプランの大画面スマホ、SNSはカウントフリーの格安SIMで3台か2台目をデュアルSIMで使う人も一般に増えてきました。

一昔前はマニアックな使い方でしたが、節約の情報がバズったりして普通のひとでも手軽に使い分けの知識を得られるというのが大きいですね。

安くなったぶん最新iPhone13が欲しい

そうして携帯にかかるお金を安くしていくことで、iPhone13シリーズや来年発売が予測される新作・新型iPhone14シリーズの購入費用に充てることも検討できます。安くなる情報はたくさんあふれているので、あとはうまく活用すること!が大事になってきます。

iPhone端末買うならどんな方法がいいのか?たとえば手数料が安く済み、しかも新しいものの好きな色が選べるからキャリアのオンラインショップにしたらいいのか?大手からMNPでキャッシュバックを受けて端末を購入して数カ月後に戻りたいとか。いろいろありますね。

おすすめ
早い話、速いです。
2021年12月・1月がiPhone機種変更タイミングとしておすすめ買い時・お得

iPhoneの買い時は、機種変更のタイミングをどこに持ってくるかです。何月かというと…

機種変更タイミングを見る

iPhone13シリーズおすすめ(2021年12月・2022年1月)

  1. iPhone13mini:新型・軽い!手のひらにフィット!小型・高性能・iPhoneでは廉価
  2. iPhone13Pro新型iPhoneでカメラ性能がお化け!クリエイターやYoutubeなどSNS重要視するなら
  3. iPhoneSE2020ホームボタンがあるので古い機種から変更するひとにも操作感変わらず特に安い!

ドコモのiPhoneページ

ソフトバンクのiPhoneページ

auのiPhoneページ

※当サイトの掲載記事は規定の方法で調べてまとめた内容です。公式を元にした情報の他、未発表部分は過去データからの類推・iPhoneの仕様など古くなっている情報が含まれるケースもあります。必ず免責事項にご了承頂いた上でご覧ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

綾fit@iPhone使い方解説好き

アラサーのiPhone・ガジェット大好き人。iPhoneはファンタジーの世界でいうと「最強の武器」iPhoneの使い方を解説していくよ。兄弟サイトとして、「クロームブック使い方2021」「PC・スマホの使い方とガジェットライフ:ガジェヒト」など複数ウェブサイトを運営しています。

アクセスの多い記事

iPhone 13 miniのAmazon価格 1

AmazonでiPhoneは販売しているのでしょうか?実は意外なことに2021年12月10日からSI …

格安iPhone・格安SIM狙い目セールはgoo Simsellerグーシムセラー 2

goo SimsellerグーシムセラーはNTTレゾナントが運営している通販サイトです。格安SIMサ …

3

iPhone13が発売に向けて9/15早朝に発表されました。目を奪われるような大きなアップデートはあ …

4

2022年のiPhoneの買い時は、結論をいうと2021年12月・2022年1月~が機種変更のタイミ …

型落ちiPhone夏に安く買うならSE(2020)かiPhone8がチャンス【どこで買う?】 5

「型落ちiPhone」を買うならSE(2020)かiPhone8をおすすめしています。それは「型落ち …

-LINE