iPhone9

iPhone 9(2018)の発表会・発売日はいつ?スペックなど最新情報まとめ

名称が含まれた画像がフランスで流出したり、リークがあり「ほぼ確実?」になった次期の名称「iPhone9」。

名称に関しては「iPhone9」説・「iPhone(2018)」説など複数あります。今回はこの「iPhone 9(2018)に焦点をあてて、iPhoneの発表会・発売日やスペックなどを掘り下げ」ていきましょう。

この記事にはAppleの発表前の不確かな情報も含まれているので情報元で真偽を確認してください。

iPhone 9のポイント

  • iPhone 9のストレージやスペック展開予想
  • iPhone 9はどのくらいまで廉価版なのか
  • iPhoneX、iPhoneXS、XSPlusとの違い

まず、基礎情報として、名称は確定ではありません。現在各国で流出している非確定の情報をまとめると「たぶん6.1インチで発売される2018年の次期iPhoneはiPhone9になる」ということです。

iPhone9の発表会・発売日予想

新作iPhoneの情報が解禁になる発表会は、例年どおりだと「9月のAppleスペシャルイベント」で発表されることになります。

過去の日付から予測できるとすれば、9月8日か9月15日の土曜日に発表会があり、翌週の金曜日9月21日に発売されるというのがセオリー通りな見通しになります

iPhone 9ストレージ予想

ストレージは端末の保存容量です。アプリやダウンロードしたコンテンツ、写真などがいっぱい保存できる容量です。

予想としては「64GB、256GB」の2タイプ展開です。

端末そのものに保存するのではなく、クラウドやPCなど別のHDDへの保存をメインに使うタイプが64GBで済みますし、端末だけでずっと使いたいという人は256GBタイプを使います。

昨今とても流行しているネットフリックスなどの動画配信サイトも、端末にデータをダウンロードしてオフラインでゆっくり見るというひとも増えてきました。

ストレージが大きくないとそういった「ダウンロードしてあとで見る」ということができなくなります。

2017年に発売されたiPhoneXやiPhone8、iPhone8Plusも同じく64GB・256GBの展開になっています。

Galaxy Note9との比較

唯一ストレージの面でライバルになることを考えるなら、8月に発表されたサムスンの「Galaxy Note9」のスペックです。

こちらは「128GB・512GB」という、ほぼiPhoneの二倍になる大幅なストレージを発表しており、もしかしたら対抗して同程度のストレージラインナップをおこなってくるかもしれません。

Galaxy Note9」はAndroidのスマートフォンなので、microSDカードを追加することができます。それも前作の「Galaxy Note8」とは違い、「512GBのmicroSDカード」を追加ができるということで「合計1テラバイトあるスマホ」が誕生すると話題になっています。

端末に依存しないで保存先はクラウド、という流れもありますが、ストレージがそれだけ大きいとやれることも増えてきますので、次期iPhone9のストレージはどうなるか期待されます。

廉価版iPhone9という前情報

前情報として、iPhone9は廉価版という情報があります。

同時に発売されると予想されている「XS」や「XS Plus」は高額になる有機EL(OLED)での実装になるのに比べ、iPhone9は、液晶ディスプレイ(LCD)で作られるということです。

一時期「Appleは今後すべてのモデルを有機ELで製造する」というニュースが流れていましたが、日本の部品工場に依頼があったりしてどうやらまだ液晶ディスプレイのラインナップは続くと考えられています。

価格予想:iPhone9の気になるお値段

iPhone XS、iPhone XS Plusと比較するとお安くなると言われていますが、そういった高額パーツの部分なので、実際には「すごい安い!」と感じるレベルでの価格にはならなそうです。

iPhone5sが発売され、廉価版のような立ち位置で、カラーバリエーションを増やした異色モデル「iPhone5c」のときは(下記の表は発売直後のアップルストア価格)「iPhone5s」との値段の差は1万円程度でした。

iPhone 5s iPhone 5c
16GB 71,800円 60,800円
32GB 81,800円 71800円
64GB 91,800円

また、2017年のモデルも、Xと8の差は数万円になっています。下記の表は発売直後のアップルストア価格)

iPhone X iPhone8 iPhone8Plus
64GB 112,800円 78,800円 89,800円
256GB 129,800円 95,800円 106,800円

2017年のモデルに今回のラインナップも近いと考えると、当サイトではiPhone9は6万円から9万円のモデルになるのではないか?と予想されます。

iPhoneX、iPhoneXS、XSPlusとの違い

  • カラーバリエーション展開があるかも!?
  • ブルー・イエロー・オレンジ・ホワイト・グレー
  • 想定より濃いカラーリング

Apple関連ニュースを取り扱うAppleHubで、コンセプトデザインとしてカラーバリエーションの画像を掲載していました。

ブルー・イエロー・オレンジ・ホワイト・グレーの5色展開と予想されています。はっきりとした原色のカラーリングですね。

iPhoneは基本的に大型のフルカバーケースをかぶせて使う人が大半なので、カラーバリエーションはどう動くか見ものです。

まとめ

  • iPhone 9のストレージやスペック展開予想
  • iPhone 9はXSなどと比べると安いだけで廉価版という立ち位置ではないかも
  • iPhoneX、iPhoneXS、XSPlusとの違いはブルー・イエロー・オレンジ・ホワイト・グレーのカラーバリエーションがある!?

いろいろと情報が出揃ってきたiPhone9ですが、Appleのことなのでまだまだ最新の機能が搭載されるようになるかもしれませんね。

Apple関連ニュースから目が離せません。

要注目:通信量20GBで3000円程度のプランが登場

おすすめ
早い話、速いです。
2021年2月がiPhone機種変更タイミングで買い時【iPhone12でiPhone11Pro・iPhoneXRなど新機種・旧機種安くなる】

iPhoneの買い時は、結論をいうと 2021年2月~が機種変更のタイミングです。それは3月は機種変 …

続きを見る

2021年3月、携帯業界に革新的なサービスが始まります。

5G?格安SIM?いいえ、正式なキャリアが始めるサービスで、オンライン窓口専用のプラン(ブランド)です。何の話なのか?って想いますよね。

今までのようにキャリアショップで契約やスマホの機種変更をしていた従来のやりかたを見直し、新時代の生活様式に則って非接触・接客などを行わないプランにして格安SIMなどより割安な値段でサービスを提供していこうというもの。

それもどこのキャリアも「1ヶ月の通信量が20GBで3000円程度のプラン」を登場させたというで話題になっているわけです。

※当サイトの掲載記事は規定の方法で調べてまとめた内容です。公式を元にした情報の他、未発表部分は過去データからの類推・iPhoneの仕様など古くなっている情報が含まれるケースもあります。必ず免責事項にご了承頂いた上でご覧ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

綾fit@iPhone使い方解説好き

アラサーのiPhone・ガジェット大好き人。iPhoneはファンタジーの世界でいうと「最強の武器」iPhoneの使い方を解説していくよ。

アクセスの多い記事

1

「クラブハウス(Clubhouse)」で友達を連絡先から招待する方法です。 テレビや報道で人気さが特 …

早い話、速いです。 2

iPhoneの買い時は、結論をいうと 2021年2月~が機種変更のタイミングです。それは3月は機種変 …

手軽でカンタンにVPNを構築するアプリ 3

iPhoneで「クラブハウス(Clubhouse)」をしているときに、夜重くなって聞けなくなった!と …

4

iPhoneはどうしても高額になっていきがちですが、最近のAndroidスマートフォンは性能とコスパ …

コメントしたい場合は手を上げる 5

音声SNS「クラブハウス(Clubhouse)」にはDM(ダイレクトメッセージ)やチャット機能・コメ …

-iPhone9