写真アプリ

【iOS16】iPhoneの写真アプリ(標準)でカンタン切り抜き

iPhoneのiOS16で、写真アプリ(標準)にカンタン切り抜き機能が搭載されます。深度センサーやAIが輪郭をなぞってくれているのでしょう。

iPhoneの純正の写真アプリなので、新たにアプリをインストールする必要はありません。

iOS16の機能の紹介です。A12 Bionicチップ以降のiPhoneが条件なのでiPhone XS、XR、11シリーズ、12シリーズ、13シリーズ、14シリーズ、SE2、SE3になります。

[広告 PRリンク]
綾fit
iPhone活用&iPad大好き、綾fitです。iPhone好きで、設定やカスタマイズをしたりしてます。iPhone13買うならこちらCheck(広告Page)してね!
おすすめカテゴリiPhoneでお金管理iPhone買い時

ドコモのiPhoneページ

ソフトバンクのiPhoneページ

auのiPhoneページ

要約ポイント

  • iOS16のiPhone写真アプリに加工機能追加
  • 写真を深押しして認識すると切り抜きコピー可能
  • メッセージやツイートなど使い道は多岐にわたります

やり方:通常のiPhoneカメラを起動

通常のiPhoneカメラを起動して、普通に被写体を撮影します。

できるだけ切り取りたいオブジェクトがわかりやすく撮影することがポイントです。

おそらく深度センサーが動いているでしょう。

iPhoneカメラで撮影

iPhoneカメラで撮影します。

背景と切り取りたいオブジェクト(もの)は別の色で分かれているような状態がiPhoneにとってはわかりやすいです。

撮影した写真を長押しかちょっと下にドラッグ

 

撮影した写真を長押しかちょっと上に持ち上げドラッグすることで、切り抜き機能が動きます。

写真アプリでの動作2つ

  • 被写体を0.5秒程度長押ししてから上に持ち上げる
  • 切り抜きたいオブジェクトを長押しする

動作を行うと、認識したオブジェクトの輪郭が光り、コピーができます。共有だとSNSとかメッセージに貼り付けることができます。LINEとかですね。

メモ帳に写真アプリから貼り付け

メモ帳アプリの「GoogleKeep」に写真アプリから貼り付けしたものです。そのまま保存が可能です。ぬいぐるみの毛の部分も細かく輪郭を切り取っていますね。

メッセージアプリで送信することもできますし、そのままTwitterツイートに貼り付けることもできます。

まとめ

  • iOS16のiPhone写真アプリに加工機能追加
  • 写真を深押しして認識すると切り抜きコピー可能
  • メッセージやツイートなど使い道は多岐にわたります
※当サイトの掲載記事は規定の方法で調べてまとめた内容です。公式を元にした情報の他、未発表部分は過去データからの類推・iPhoneの仕様など古くなっている情報が含まれるケースもあります。必ず免責事項にご了承頂いた上でご覧ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

綾fit@iPhone使い方解説好き

今はAglet(アグレット)にハマってるアラサーのiPhone・ガジェット大好き人。iPhoneはファンタジーの世界でいうと「最強の武器」iPhoneの使い方を解説していくよ。兄弟サイトとして、「クロームブック使い方2022」「PC・スマホの使い方とガジェットライフ:ガジェヒト」など複数ウェブサイトを運営しています。

注目されている記事

1

iPhoneのフリーボードアプリはみんなで編集できるホワイトボードです。ですが、現在の状態だと少し共 ...

フリーボード使い方・iPhone/iPad対応ホワイトボードアプリ 2

フリーボードは、 iOS 16.2/iPadOS 16.2以降のOSにアップデート・インストールされ ...

3

新しいiOSバージョンの配信があったり 16.2「アップデートを要求しました」から進まないことがあり ...

-写真アプリ
-