キーボード

【手書き入力】iPhoneキーボードで読みのわからない難しい漢字を手書き入力する方法

投稿日:

iPhoneで最も使う機会の多いキーボード操作。たまになんて入力したら出てくるかわからない漢字ってありませんか?

特に人名に使われる似たような文字、旧字体などですね。

例えば、斉藤さんの「サイ」だけでも「斎藤」「斉藤」「齋藤」「齊藤」たくさんあります。

実はこの漢字入力を一発で出せる方法がありますので、今回は「iPhoneキーボードで読みのわからない難しい漢字を手書き入力する方法」をご紹介します。

要約ポイント

  • iPhoneキーボードで手書き入力ができるようになる
  • やり方は設定から「中国簡体字」の手書きキーボードを追加
  • キーボード切り替えで手書きモードが利用可能に

iPhoneキーボードの設定

iPhoneキーボードで「手書き入力で漢字を出力」することができます。

iPhoneキーボードの設定に「カスタマイズ」を加えると簡単にすぐできますので、おすすめです。

手書き入力で「表」

手書き入力で「表」

手書き入力に必要なiPhoneキーボードのカスタマイズを行います。

設定アプリの一般「キーボード」

設定アプリの一般「キーボード」

キーボードの設定ページを開きましょう。

iPhone設定アプリ
設定アプリ
設定アプリ→「一般」→「キーボード」
登録されているキーボード数を増やす

登録されているキーボード数を増やす

キーボードのなかの「キーボード」を選択すると、「登録されているキーボード数を増やす」ことができます。

右矢印の横にある数字は「登録されているキーボードの数」です。

通常は「日本語-かな」「絵文字」「英語(日本)」の3つが入ってると思います。

新しいキーボードを追加

新しいキーボードを追加

新しいキーボードを追加を選択し、「中国簡体字」の手書きを追加します。

中国簡体字の手書き

中国簡体字の手書き

手書き入力を可能にする中国簡体字

日本と同じ漢字圏である中国語の「中国簡体字(ちゅうごくかんたいじ)」のキーボードの種類のなかに、「手書きで漢字を入力するモード」があります。

この「手書きで漢字を入力するモード」を登録することで、キーボードの切り替えを行えるようになります。

手書き入力で「表」

手書き入力で「表」

手書きのエリアは広く、入力次第テキストとして入力されます。

スペースボタンを長押しすると入力部分がリセットされるので引き続き入力が可能。

変換辞書に登録がおすすめ

何度も使用する単語は変換辞書に登録してしまうことをおすすめします。

簡単に変換ですぐ出せるようにしておけば、その都度手書きをする必要がありません。

まとめ

  • iPhoneキーボードで手書き入力ができるようになる
  • やり方は設定から「中国簡体字」の手書きキーボードを追加
  • キーボード切り替えで手書きモードが利用可能に
※当サイトの掲載記事は規定の方法で調べてまとめた内容です。公式を元にした情報の他、未発表部分は過去データからの類推・iPhoneの仕様など古くなっている情報が含まれるケースもあります。必ず免責事項にご了承頂いた上でご覧ください。
この記事のURLとタイトルをコピーする

このサイトのおすすめ記事

iPhone11は6色 1

iPhoneXRの後継機として発表された多色展開のある「iPhone11(イレブン)」は6色とのこと …

「iPhone11Pro(11プロ)」・「iPhone11ProMax(11プロマックス)」 2

2019年9月10日(日本時間11日)に発表された「iPhone11Pro(11プロ)」・「iPho …

-キーボード

Copyright© iPhone使いの星🌟 , 2019 All Rights Reserved.