こどもの初iPhone

こどもの初iPhone・iPad 育児におけるデジタル教育ことはじめ

ガラケーだった親がiPhoneを初めて購入して色々学んだという話をまとめていますが、同時に「こどもがiPhoneやiPadに触れる年齢になってきた」という段階になってきました。

親に教える方法と、こどもに教える方法ってやっぱりちょっと変わってきますので、こちらも特集していこうと思います。

綾fit
Aglet(アグレット)にハマり中!iPhone活用&iPad大好き、綾fitです。仕事でiPhoneをいくつも持っていて、いろいろ設定やカスタマイズをしたりしてます。iPhone13買うならこちらCheck(広告Page)してね!

要約ポイント

  • 13歳未満の子どもはAppleIDを作ることができない
  • そのため親アカウントのファミリー共有のなかでIDを作成しよう
  • 13歳未満のアカウントでアプリなどインストールするには親アカウントの許可が必要

アプリのインストールにはAppleIDが必要

新しいiPhone、iPadを購入していざ子供に使わせよう!

って思ったらアプリをインストールすることができません。どうしてだろうと調べてみたら、AppleIDを作らないと、iPhoneやiPadにアプリをインストールすることができない模様です。

じゃあ「AppleID」とやらを作成しなくては・・・と、また壁にぶつかります。

13歳未満の子どもはAppleIDを作ることができないんです。

こどものアカウントの作り方はファミリー共有から

こどものAppleIDを作成するには、親のAppleID(つまりiPhone)から「こどものアカウント」を作成します。

「設定アプリ」から自分のプロフ画面を出して、「ファミリー共有」ページを出して下さい。

こどものアカウントの作り方はファミリー共有から

こどものアカウントの作り方はファミリー共有から

こどものアカウントの作り方はファミリー共有から作ります。

ファミリー登録画面

ファミリー登録画面

ファミリー共有

「ファミリー共有」という機能が家族アカウントコントロール機能ですね。

ファミリー共有への登録を依頼する

ファミリー共有への登録を依頼する

「登録を依頼」か「お子様用アカウントを作成」という形で表示されます。子供が13歳(満)になるまではAppleIDは親のアカウント影響下で使用しなければいけません。

アプリのインストールなどが自由にできないので、危険なウェブサイトの閲覧なども制限できますね。

保護者の同意を得る画面

保護者の同意を得る画面

保護者の同意を得る画面では、親のiPhoneに登録してあるクレジットカードのセキュリティコードを入力しないと進めないことになっています。簡単に偽装できないようになっているということですね。

次の画面では名前と生年月日を入力します。

調べてみたところ、今年(2021年なら2021年産まれ)の誕生日だと登録できないようです。2020年の12/31産まれだと登録できました。

次の画面ではIDとなるメールアドレスを入力しますが、こどものメールアドレスがない場合はアイクラウドメールを使うことも出来ます。・・・があまり使い勝手がよくないので、事前に「Gmail」かなにかでアドレスを作成してあげるのをおすすめします。

このメールアドレスに6桁の確認コードが送られてくるので、認証しましょう。

認証したらパスワードを設定します。パスワードは8文字以上の半角文字列で、アルファベットの大文字小文字、数字が入っているのが条件になります。

登録したら親のSMSに認証コードが送られてもいいかの確認がでます。このこどものアカウントでログインがあるたびにこのSMSが送られるので不正使用を防げるということです。もちろん他の電話番号にSMSすることも可能です。

次にアプリのインストールなどにリクエストが必要にする話と、位置情報の共有を確認があります。手動で設定にすると選択が可能です。

 

認証が終われば無事にファミリー共有アカウント完了です。

子供に使わせたいiPadやiPhoneから親のIDをサインアウトして、こどものメールアドレスとパスワードでログインしましょう。

誕生日を間違えていた

誕生日を間違えていた場合、変えることができないので一度作り直して下さい。

まとめ

  • 13歳未満の子どもはAppleIDを作ることができない
  • そのため親アカウントのファミリー共有のなかでIDを作成しよう
  • 13歳未満のアカウントでアプリなどインストールするには親アカウントの許可が必要

要注目:機種変更・iPhone端末買うなら今:2022年に得なのは?

2022年にかけての状況ですが、21年3月から各キャリアが方針を転換して、ネット通信20GBという大容量かつ3000円前後の料金プランを出してきています。

が、その時はまだ、通信量は少なくしてもっと安く提供しているといった格安SIMサービスとは直接ライバルにはなっていませんでした。

ところが秋・冬と経て各大手キャリアは「あまり使わないからその分安くしたい」ユーザー向けの低容量格安プランになるものもカバーする動きに入っており、格安SIM各社はいろいろとしのぎを削っています。

特に2台持ちして使い分ける人の増加が顕著ですね!メインに昔から使っている電話番号を使い、ゲームや動画の閲覧はネット放題のプランの大画面スマホ、SNSはカウントフリーの格安SIMで3台か2台目をデュアルSIMで使う人も一般に増えてきました。

一昔前はマニアックな使い方でしたが、節約の情報がバズったりして普通のひとでも手軽に使い分けの知識を得られるというのが大きいですね。

安くなったぶん最新iPhone13が欲しい

そうして携帯にかかるお金を安くしていくことで、iPhone13シリーズや来年発売が予測される新作・新型iPhone14シリーズの購入費用に充てることも検討できます。安くなる情報はたくさんあふれているので、あとはうまく活用すること!が大事になってきます。

iPhone端末買うならどんな方法がいいのか?たとえば手数料が安く済み、しかも新しいものの好きな色が選べるからキャリアのオンラインショップにしたらいいのか?大手からMNPでキャッシュバックを受けて端末を購入して数カ月後に戻りたいとか。いろいろありますね。

おすすめ
早い話、速いです。
2022年7月・6月がiPhone機種変更タイミングとしておすすめ買い時・お得

iPhoneの買い時は、機種変更のタイミングをどこに持ってくるかです。何月かというと…

機種変更タイミングを見る

iPhone13シリーズおすすめ(2022年6月)

  1. iPhone13mini:新型・軽い!手のひらにフィット!小型・高性能・iPhoneでは廉価
  2. iPhone13Pro新型iPhoneでカメラ性能がお化け!クリエイターやYoutubeなどSNS重要視するなら
  3. iPhoneSE2(第2世代)ホームボタンがあるタイプ/iPhoneSE3(第3世代)の発売さらに投げ売りがある可能性!

ドコモのiPhoneページ

ソフトバンクのiPhoneページ

auのiPhoneページ

※当サイトの掲載記事は規定の方法で調べてまとめた内容です。公式を元にした情報の他、未発表部分は過去データからの類推・iPhoneの仕様など古くなっている情報が含まれるケースもあります。必ず免責事項にご了承頂いた上でご覧ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

綾fit@iPhone使い方解説好き

今はAglet(アグレット)にハマってるアラサーのiPhone・ガジェット大好き人。iPhoneはファンタジーの世界でいうと「最強の武器」iPhoneの使い方を解説していくよ。兄弟サイトとして、「クロームブック使い方2022」「PC・スマホの使い方とガジェットライフ:ガジェヒト」など複数ウェブサイトを運営しています。

注目されている記事

1

日本時間WWDC2022の6月7日朝2時に行われたAppleの開発者イベント。 今回はiOS16の話 …

Aglet(アグレット)で歩いてAglet貯める時の注意点まとめ 2

Aglet(アグレット)の注意点まとめました。 実際にAglet(アグレット)をプレーしてみて、いろ …

3

【AppleEvent】アップルイベントで発表されたものby Apple Park 3月8日3時(日 …

-こどもの初iPhone