ApplePay(アップルペイ)

【ApplePay(アップルペイ)】2021年iPhoneのモバイル決済アップルペイの基礎知識

「ApplePay(アップルペイ)」ってよく聞くけれど、実際はどのようなものなのでしょうか?

お店でピッとすると支払いができます。

電子マネーSuicaにチャージができます。

インターネットやアプリでのサービスや購入の支払いができます。

タクシーやホテルの支払いがiPhoneだけでできます。

具体的な「ApplePay(アップルペイ)」の使い方・使われ方を学んでいきましょう。

【ApplePay(アップルペイ)】iPhoneのモバイル決済アップルペイの基礎知識

【ApplePay(アップルペイ)】iPhoneのモバイル決済アップルペイの基礎知識

要約ポイント

  • 「ApplePay(アップルペイ)」はお店でピッと支払うほかにネットやアプリの支払いもできる万能決済機能
  • Apple Payには「クレジットカード・プリペイドカード・ポイントカード」を登録して利用することができる
  • Apple Payで支払いできる電子マネーの種類はSuica(スイカ)・PASMO(パスモ)・iD(アイディー)・QUICPay(クイックペイ)・VISA(ビザ)の5種類

ApplePay(アップルペイ)とは

「ApplePay(アップルペイ)」はお店でピッと支払うほかにネットやアプリの支払いもできる万能決済機能です。

「ApplePay(アップルペイ)」は日本ではおなじみのSuicaなどの電子マネー決済を、モバイル端末で使えるようにするシステムのことです。

なにができるのか?

 

  • 【ApplePay(アップルペイ)】iPhoneのモバイル決済アップルペイの基礎知識

    お店で支払い

  • ネットやアプリで支払い

    ネットやアプリで支払い

  • チャージに使える

    チャージに使える

Apple Payはお店での支払いだけではなく、ECサイトなどのネットショップやフリーマーケットアプリなどの支払い、交通系IC電子マネーのチャージなどに使うことができます。

ApplePay(アップルペイ)の使い方

  • まずはWalletから利用START

    ApplePayはまずwalletアプリから設定しないと使えません。

  • 対応クレカ・Suicaを登録

    対応するカードを登録します

  • メインカードに設定

    メインカードに設定しましょう

iPhone設定アプリ
設定アプリ
コレでサイフをもたなくても出歩けるようになりましたね!

ApplePay(アップルペイ)に登録できるカードの種類

  • クレジットカード
  • プリペイドカード
  • ポイントカード

クレジットカード

クレジットカード会社で発行したクレカを、Apple Payに登録して利用することが出来ます。電子マネーのマークがついているので、それぞれiDかQUICPay、VISAでの支払いになります。

Apple Payで支払った分は合算されてクレジットカードの請求に合わせて引き落とされます。

楽に支払えるからと使いすぎには注意ですね。

プリペイドカード

プリペイドカードの一部のサービスもApple Payに登録することができます。

VISAなどが発行しているプラスチックのプリペイドカードのほかに、プリペイド式の支払いサービスとしてバーチャルになっているものもあります。

プリペイドカードに電子マネーのマークがついているので、それぞれiDかQUICPay、VISAで支払うことを伝えて決済になります。

クレジットカードと異なるのは残高チャージがないと支払いがエラーになるところですね。

プリペイドカードのサービスとしてはメルペイなどがありますね。

ポイントカード

ポイントカードの一部のサービスもApple Payに登録することができます。ドコモのdポイントカードやリクルートのPontaポイントなどですね。

また、VISAのVポイントもVISAでApple Payに登録することができるので、ポイント払いがApple Payで行うことができます。

ApplePay(アップルペイ)に登録できる電子マネーの種類

  • Suica(スイカ)
  • PASMO(パスモ)
  • iD(アイディー)
  • QUICPay(クイックペイ)
  • VISA(ビザ)

2021年現在、Apple Payに登録できる電子マネー手段はこの5つになります。

SuicaとPasmoは交通系電子マネーとしておなじみですね。

iD(アイディー)・QUICPay(クイックペイ)も街でロゴをみたことがあるでしょう。

VISAも2021年に対応開始してそれぞれレジで電子マネーを伝えて支払いをおこないます。

QUICPayやID、VISAは支払った分、クレカやプリペイドカードへ請求がいきます。SuicaやPASMOは残高チャージして使うタイプですね。

クイズ:Apple Payに登録できるのは対応したクレジットカードとポイントカードだけ

iPhoneクイズの答えをみるにはここをタップ・クリック

クイズの答え:プリペイドカードも登録できます

まとめ

  • 「ApplePay(アップルペイ)」はお店でピッと支払うほかにネットやアプリの支払いもできる万能決済機能
  • Apple Payには「クレジットカード・プリペイドカード・ポイントカード」を登録して利用することができる
  • Apple Payで支払いできる電子マネーの種類はSuica(スイカ)・PASMO(パスモ)・iD(アイディー)・QUICPay(クイックペイ)・VISA(ビザ)の5種類

要注目:機種変更・iPhone端末買うなら今:通信量20GBで3000円程度のプランが登場

おすすめ
早い話、速いです。
2021年6月・7月がiPhone機種変更タイミングとしておすすめ買い時・お得

iPhoneの買い時は、機種変更のタイミングをどこに持ってくるかです。何月かというと…

機種変更タイミングを見る

2021年3月、携帯業界に革新的なサービスが始まりましたね。

5G?格安SIM?いいえ、正式なキャリアが始めるサービスで、オンライン窓口専用のプラン(ブランド)です。何の話なのか?って想いますよね。それはドコモのアハモ、auのPOVO、ソフトバンクのLINEMO、楽天モバイルのアンリミットです。

今までのようにキャリアショップで契約やスマホの機種変更をしていた従来のやりかたを見直し、新時代の生活様式に則って非接触・接客などを行わないプランにして格安SIMなどより割安な値段でサービスを提供していこうというもの。

それもどこのキャリアも「1ヶ月の通信量が20GBで3000円程度のプラン」を登場させたというで話題になっているわけです。ぜひチェックしましょう!

※当サイトの掲載記事は規定の方法で調べてまとめた内容です。公式を元にした情報の他、未発表部分は過去データからの類推・iPhoneの仕様など古くなっている情報が含まれるケースもあります。必ず免責事項にご了承頂いた上でご覧ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

綾fit@iPhone使い方解説好き

アラサーのiPhone・ガジェット大好き人。iPhoneはファンタジーの世界でいうと「最強の武器」iPhoneの使い方を解説していくよ。兄弟サイトとして、「クロームブック使い方2021」「PC・スマホの使い方とガジェットライフ:ガジェヒト」など複数ウェブサイトを運営しています。

アクセスの多い記事

早い話、速いです。 1

2021年のiPhoneの買い時は、結論をいうと 2021年6月~が機種変更のタイミングです。6月 …

Amazon整備済み品のiPhone 2

「型落ちiPhone」を買うならSE(2020)かiPhone8をおすすめしています。それは「型落ち …

3

iPhoneはどうしても高額になっていきがちですが、最近のAndroidスマートフォンは性能とコスパ …

コメントしたい場合は手を上げる 4

音声SNS「クラブハウス(Clubhouse)」にはDM(ダイレクトメッセージ)やチャット機能・コメ …

-ApplePay(アップルペイ)