ApplePay(アップルペイ)

ApplePay(アップルペイ)使えない・支払い決済できない

iPhoneのタッチ決済機能「ApplePay(アップルペイ)」を使っている人はとても増えましたね。

2018年ごろからキャッシュレス・ブームがきて、関門だったnanacoとWAONが電子マネーとしてApple Payに対応し、残高管理も楽ちんという2021年の状況。

Apple Payでクレジットカード決済(iDなど)やSuica、Pasmoなどの交通系IC決済ができない状況になりましたのでその対処法とやったことです。

綾fit
iPhone活用やiPad大好きな綾fitです。仕事でiPhoneをいくつも持っていて、いろいろ設定やカスタマイズをしたりしてます。iPhone13買うならこちらCheckしてね!

要約ポイント

  • 「ApplePay(アップルペイ)」が使えない・支払い決済できない場合すること
  • iPhoneの再起動・アップデートなどを試す
  • もし突然使えなくなる状況下でもお金が支払えるよう現金を持ち歩くことも大事

再起動(一度電源を落として再度ONにする操作でもOK)

iPhone本体の電源を落とし、再度起動する操作です。再起動コマンドでも、普通に電源を切ってつける操作でもどちらでもOKです。

再起動する理由

iPhoneは多くのセンサーやコンピュータの集積でできているので長い時間ONになっていると、不要なデータや不具合が溜まったり、オンライン・オフラインの場所を繰り返したりすると位置情報のキャッシュをとりすぎて異常がでることもあります。

そのため、いつもと違う動作・画面が出たときは、「万能薬」として一旦再起動をするというのを心がけましょう。

iPhoneの再起動は、ホームボタンのある端末とない端末で異なります。

iPhone X、11、12、13の再起動方法はサイドボタン、と音量どっちかを長押し、スライダで電源オフ、切れたら、サイドボタンを長押し

 

iPhone SE (第 2 世代)、8、7、6 の再起動方法はサイドボタンを長押し、スライダで電源オフ、切れたら、サイドボタンを長押し

ウォレットアプリでエラーが出てないか確認

Apple Payのことは「ウォレットアプリ」で管理しているので、「ウォレット」をひらきましょう。

あまり普段使い慣れない人は、「Apple Pay」というアプリを探してしまいがちですよね。

Spotlight検索で「Apple Pay」と入力しても「ウォレット」がでてきますので安心してください。

スポットライト検索でアップルペイでウォレットアプリ出る

スポットライト検索でアップルペイで検索してもウォレットアプリが出る

今回筆者が直面したものに関しては、どのカードでもエラーが表示されるということがわかりました。

どのカードもエラー表示

どのカードもエラー表示

どのカードもエラー表示

PASMOがエラーしているので、バスなどで使うのは怖いですよね。

iOSのアップデートにApple Payに必要になる要素があるのではないか、と予想がつくことがわかります。

ウォレットアプリ
アップルペイで問題が起きてるカードを表示するとエラーが出てくることがあるんだね

iOSのアップデート

セキュリティや法務対応など、多くのソフトは常にアップデートされて最新に保たれることが望ましいですが、通信制限になっていたり、Wifi環境が手元になかったりとすぐにアップデートできないこともおおいですよね。

筆者の環境ではエラー文言がiOSのアップデートをしてください、という表記だったのでアップデートするとエラーが消えました。

Siriに確認する

Siriでは自己解決してくれませんでした。

リスク回避

もし、Suicaやクレジットカードが使えない状況が生まれると、交通機関が使えなくなったりします。

必要最低限で問題ないので、現金を使えるように備えておくこともうまくキャッシュレスを使う生活をする際にリスク回避として役立ちますね。

まとめ

  • 「ApplePay(アップルペイ)」が使えない・支払い決済できない場合すること
  • iPhoneの再起動・アップデートなどを試す
  • もし突然使えなくなる状況下でもお金が支払えるよう現金を持ち歩くことも大事

要注目:機種変更・iPhone端末買うなら今:2022年に得なのは?

2022年にかけての状況ですが、21年3月から各キャリアが方針を転換して、ネット通信20GBという大容量かつ3000円前後の料金プランを出してきています。

が、その時はまだ、通信量は少なくしてもっと安く提供しているといった格安SIMサービスとは直接ライバルにはなっていませんでした。

ところが秋・冬と経て各大手キャリアは「あまり使わないからその分安くしたい」ユーザー向けの低容量格安プランになるものもカバーする動きに入っており、格安SIM各社はいろいろとしのぎを削っています。

特に2台持ちして使い分ける人の増加が顕著ですね!メインに昔から使っている電話番号を使い、ゲームや動画の閲覧はネット放題のプランの大画面スマホ、SNSはカウントフリーの格安SIMで3台か2台目をデュアルSIMで使う人も一般に増えてきました。

一昔前はマニアックな使い方でしたが、節約の情報がバズったりして普通のひとでも手軽に使い分けの知識を得られるというのが大きいですね。

安くなったぶん最新iPhone13が欲しい

そうして携帯にかかるお金を安くしていくことで、iPhone13シリーズや来年発売が予測される新作・新型iPhone14シリーズの購入費用に充てることも検討できます。安くなる情報はたくさんあふれているので、あとはうまく活用すること!が大事になってきます。

iPhone端末買うならどんな方法がいいのか?たとえば手数料が安く済み、しかも新しいものの好きな色が選べるからキャリアのオンラインショップにしたらいいのか?大手からMNPでキャッシュバックを受けて端末を購入して数カ月後に戻りたいとか。いろいろありますね。

おすすめ
早い話、速いです。
2022年5月がiPhone機種変更タイミングとしておすすめ買い時・お得

iPhoneの買い時は、機種変更のタイミングをどこに持ってくるかです。何月かというと…

機種変更タイミングを見る

iPhone13シリーズおすすめ(2022年5月)

  1. iPhone13mini:新型・軽い!手のひらにフィット!小型・高性能・iPhoneでは廉価
  2. iPhone13Pro新型iPhoneでカメラ性能がお化け!クリエイターやYoutubeなどSNS重要視するなら
  3. iPhoneSE2(第2世代)ホームボタンがあるタイプ/iPhoneSE3(第3世代)の発売さらに投げ売りがある可能性!

ドコモのiPhoneページ

ソフトバンクのiPhoneページ

auのiPhoneページ

※当サイトの掲載記事は規定の方法で調べてまとめた内容です。公式を元にした情報の他、未発表部分は過去データからの類推・iPhoneの仕様など古くなっている情報が含まれるケースもあります。必ず免責事項にご了承頂いた上でご覧ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

綾fit@iPhone使い方解説好き

アラサーのiPhone・ガジェット大好き人。iPhoneはファンタジーの世界でいうと「最強の武器」iPhoneの使い方を解説していくよ。兄弟サイトとして、「クロームブック使い方2022」「PC・スマホの使い方とガジェットライフ:ガジェヒト」など複数ウェブサイトを運営しています。

注目されている記事

Aglet(アグレット)で歩いてAglet貯める時の注意点まとめ 1

Aglet(アグレット)の注意点まとめました。 実際にAglet(アグレット)をプレーしてみて、いろ …

2

【AppleEvent】アップルイベントで発表されたものby Apple Park 3月8日3時(日 …

iPhone 13 miniのAmazon価格 3

AmazonでiPhoneは販売しているのでしょうか?実は意外なことに2021年12月10日からSI …

4

2022年のiPhoneの買い時は、結論をいうと2022年5月~が機種変更のタイミングです。もうiP …

-ApplePay(アップルペイ)