iOS14

Appライブラリ(iOS14)をフル活用する使い方テクニック情報まとめ

「iOS14」でホーム画面に新しく追加された「Appライブラリ」。この「Appライブラリ」は動作を覚えるととてもフル活用することができます。

特に動作やテクニックを覚えると、目的のアプリを起動するのが早くなるのでおすすめです。

綾fit
Aglet(アグレット)にハマり中!iPhone活用&iPad大好き、綾fitです。仕事でiPhoneをいくつも持っていて、いろいろ設定やカスタマイズをしたりしてます。iPhone13買うならこちらCheck(広告Page)してね!

要約ポイント

  • Appライブラリ」はiOS14からの分類機能
  • Appライブラリ」の動作を覚えると超高速で目的のアプリを起動できます
  • 編集や削除・Appライブラリ機能を消すことはできるの?

Appライブラリの目的

Appライブラリの目的

Appライブラリの目的

Appライブラリ」は全アプリをiPhoneの基準でフォルダ分けしたものです。

そのため手持ちのアプリがすべて「なんらかのフォルダに分けられ」ていきます。

Appライブラリ」の機能で綺麗にまとめられているので、目的としていかに早く目的のアプリを呼び出すか?というところが早くなりますね。

  • Appライブラリ」は全アプリをiPhoneの基準でフォルダ分けしたもの
  • Appライブラリ」は使う頻度などが高いものやよく使うものが自動で分類されている
  • ホーム画面の一番右側へスワイプすると「Appライブラリ」表示できる

上段には最近追加したアプリ、使用頻度からの提案

一番上のふたつは固定

一番上のふたつは固定

Appライブラリ」を開いて一番上の段には上段には最近追加したアプリが「最近追加した項目」というフォルダにはいっています。

また、使用頻度からiPhoneが考えて「提案」するフォルダには今の状況などを加味して求めてるであろうアプリを提案してくるかたちですね。

分類フォルダ3つと小さい分類に

分類されたフォルダのなかで特に利用頻度が高いものは3つ大きなアイコンで表示されます。そのほかに含まれるアプリは小さいアイコンサイズの部分をタップすると全画面で一覧になります。

小さいアイコン部分をタップ

小さいアイコン部分をタップ

エンターテイメントのフォルダ内が全部開きます

エンターテイメントのフォルダ内が全部開きます

2段め以降には高頻度のものが並ぶ

Appライブラリ」での2段め以降では高頻度のものが分類されて並びます。筆者の場合は利用頻度の高いSNSのフォルダ、ユーティリティのフォルダがまとめられています。

AppライブラリのSNSに含まれるもの
電話・メッセージ・LINE・Instagram・Facebook・ツイッター・Discordなど
Appライブラリのユーティリティに含まれるもの
設定アプリ・iPhoneを探す・計算機・計測・時計・AppStore・Chrome・Firefoxなどネットブラウザ

3段目以降は直感的にわかりやすいジャンル分け

Appライブラリ」の2段目以降はわかりやすいフォルダ名でジャンルわけされていっています。

  • ショッピングと食べ物
  • 仕事効率化とファイナンス
  • クリエイティビティ
  • 情報と読書
  • その他
  • 健康とフィットネス
  • 旅行
  • エンターテインメント
  • 教育
  • ゲーム
  • Arcade

といった形です。インストールしているアプリによって、このジャンルは増減します。

Appライブラリのショッピングと食べ物に含まれるもの
31アイスクリーム、アリエクスプレス、Amazon、dポイント、HOTPEPPER、IKEA、MUJIPASSPORT、PayPayフリマ

「ショッピングと食べ物」には飲食店のアプリやネットショップのアプリが含まれています。

Appライブラリの仕事効率化とファイナンスに含まれるもの
チャットワーク、アナリティクス、auPay、auじぶん銀行、CPU-X、dカード、Dropbox、Googleカレンダー

仕事効率化とファイナンスにはお仕事で利用するだろうというアプリの他に、クレジットカード、銀行のネット口座アプリなどが含まれます。

Appライブラリのクリエイティビティに含まれるもの
AdobeXD、Canvaカメラ、写真アプリ
Appライブラリのゲームに含まれるもの
ゲームカテゴリのアプリ:ドラゴンクエストウォークやポケモンGoなどです。
ゲームとAppleアーケードのゲームは別にされる

ゲームとAppleアーケードのゲームは別にされる

AppleのサブスクリプションAppleOneで使える「Arcade(アップルアーケード)」のアプリは別フォルダに分けられ差別化されています。

アップルワン(Apple One)サブスクリプションの中身は?いくらお得?新規キャンペーンについて
アップルワン(Apple One)サブスクリプションの中身は?いくらお得?

日本でもサービスがスタート(10/31)したAppleのサブスク詰め合わせ「アップルワン(Apple …

続きを見る

次は「情報と読書」です。これもiPhoneでよく使う項目でしょう。マンガや電子書籍、ニュースアプリ・防災情報などがここに含まれます。

Appライブラリの情報と読書に含まれるもの
ジャンププラス、Kindle、楽天ニュース、マンガBANG、マチイロ、マンガ放題、楽天マガジン、翻訳、NewsDigest、NERV防災、Googleニュース

次は少し困っていますが、その他というふわっとした分類です。まだAppleが分類しきれていないのがわかるフォルダになっています。

Appライブラリのその他に含まれるもの
AlfredCamera、majica、ECナビアンケート、note、SEIMS、ココカラファイン、モスバーガー、ファーストキッチン、Pontaカード、Mamorio

というふうに、他のカテゴリに本来入るべきものも入っているので今後精度が高くなるとここの項目は減っていくでしょう。

Appライブラリの旅行に含まれるもの
Google Maps、一休.com、楽天トラベル、AR地形模型、JapanTaxi

次に旅行のカテゴリですが、移動に関したもの、地図に関したものが含まれるようです。タクシー配車やホテル予約アプリなどですね。

Appライブラリのエンターテイメントに含まれるもの
Amazonミュージック、Amazonプライム・ビデオ、Podcast、TipStar、ツイキャス、Youtube、ABRMA TV、Radiko、SHOWROOM、効果音アプリ

エンターテイメントの欄は、マンガとゲームに分類されるもの以外の娯楽要素がまとめられています。音楽、加工カメラ、動画、ラジオ、配信、効果音アプリなどですね。

Appライブラリの教育に含まれるもの
コドモン、CosmosCreate、StarWalk、FP資格、MonsterPark、dキッズ

教育のカテゴリには子供に関するアプリがまとめられています。ARで恐竜を出したり、プラネタリウムをつくったりするものや、資格取得・学習に関するアプリもここに入ります。

Appライブラリの健康とフィットネスに含まれるもの
dヘルスケア、GoalsFitness、HealthPlanet、RenoBody、ぴよログ、サツドラウォーク、あるくと、adidasランニング、接触確認アプリCOCOA、NikeRunクラブ、ヘルスケア

健康とフィットネスのカテゴリは、主にヘルスケアや運動に関するアプリが含まれます。例えば「歩いてポイ活ができるアプリ」なんかはここに含まれています。また、コロナの接触確認ができるココアもここに含まれています。

よく使うアプリがどこに分類されているかを把握しておくと、アプリを呼び出すのがより楽になるでしょう。おそらくほとんど自動で「よく使うもの」は呼び出しやすい位置に配置してくれるはずです。

Appライブラリ画面での目次と検索

Appライブラリ画面での目次と検索

Appライブラリ画面での目次と検索

Appライブラリ」の画面では他に2つの機能があります。上部に表示されてる検索ボックス機能と、目次インデックス機能です。

  • キーワード検索ボックス
  • 目次インデックス

Appライブラリ」画面でキーワード検索ボックスの起動方法は、検索ボックスをタップするか、もしくは下にスワイプすると起動します。

Appライブラリ」でアイコンを探すのが文字入力よりも手間だと思う人にとってはキーワード検索が楽ですよね。

また、検索ボックスを表示すると「Appライブラリ」画面がアプリの「アルファベット~50音あいうえお順~記号」の順に並びます。

目次インデックスを超高速で飛ぶ

目次インデックスを超高速で飛ぶ

右端のインデックスを撫でるようにスワイプすると超高速で目的の見出しまで飛べるのでぜひ利用してみてください。

メモ

「Appライブラリ」画面でもアプリの長押しサブメニューが使えます。

Appライブラリでもサブメニューが使える

Appライブラリでもサブメニューが使える

 

Appライブラリの編集性

こんなに便利な「Appライブラリ」ですが、人によっては無機質なこの「Appライブラリ」画面ではなく、自分でオリジナルのホーム画面にしたいから必要ない!という人も多いでしょう。

また、Appleの算定基準によるフォルダ分けなので、なんだか機械的すぎてうっかり関係ないディレクトリ(名前)のところに分類されたアプリもありますよね。

なんで君ここにいるの?というような感じのアプリ。

Appライブラリをオフ・消す方法は?

この「ちょっと違和感」を編集して、お好みのフォルダに移動しようと思い方法を探すと・・・実は現在のiOS14では「Appライブラリ」の編集・非表示にはできないんです。

特に「その他」フォルダにたくさんのアプリが入っていると違和感がありますよね。

そのためお気に入りのアプリを自由に移動できないからやっぱり通常のホーム画面で使いたい!という人も多いです。まあ編集できたら「Appライブラリ」も「ホーム画面」も大差がないものになってしまいますが・・・

次期アップデートでぜひこのあたりの編集性を高めてもらえると嬉しいですよね。

まとめ

  • Appライブラリ」はiOS14からの分類機能
  • Appライブラリ」の動作を覚えると超高速で目的のアプリを起動できます
  • 編集や削除・Appライブラリ機能を消すことはできない

要注目:機種変更・iPhone端末買うなら今:2022年に得なのは?

2022年にかけての状況ですが、21年3月から各キャリアが方針を転換して、ネット通信20GBという大容量かつ3000円前後の料金プランを出してきています。

が、その時はまだ、通信量は少なくしてもっと安く提供しているといった格安SIMサービスとは直接ライバルにはなっていませんでした。

ところが秋・冬と経て各大手キャリアは「あまり使わないからその分安くしたい」ユーザー向けの低容量格安プランになるものもカバーする動きに入っており、格安SIM各社はいろいろとしのぎを削っています。

特に2台持ちして使い分ける人の増加が顕著ですね!メインに昔から使っている電話番号を使い、ゲームや動画の閲覧はネット放題のプランの大画面スマホ、SNSはカウントフリーの格安SIMで3台か2台目をデュアルSIMで使う人も一般に増えてきました。

一昔前はマニアックな使い方でしたが、節約の情報がバズったりして普通のひとでも手軽に使い分けの知識を得られるというのが大きいですね。

安くなったぶん最新iPhone13が欲しい

そうして携帯にかかるお金を安くしていくことで、iPhone13シリーズや来年発売が予測される新作・新型iPhone14シリーズの購入費用に充てることも検討できます。安くなる情報はたくさんあふれているので、あとはうまく活用すること!が大事になってきます。

iPhone端末買うならどんな方法がいいのか?たとえば手数料が安く済み、しかも新しいものの好きな色が選べるからキャリアのオンラインショップにしたらいいのか?大手からMNPでキャッシュバックを受けて端末を購入して数カ月後に戻りたいとか。いろいろありますね。

おすすめ
早い話、速いです。
2022年7月・6月がiPhone機種変更タイミングとしておすすめ買い時・お得

iPhoneの買い時は、機種変更のタイミングをどこに持ってくるかです。何月かというと…

機種変更タイミングを見る

iPhone13シリーズおすすめ(2022年6月)

  1. iPhone13mini:新型・軽い!手のひらにフィット!小型・高性能・iPhoneでは廉価
  2. iPhone13Pro新型iPhoneでカメラ性能がお化け!クリエイターやYoutubeなどSNS重要視するなら
  3. iPhoneSE2(第2世代)ホームボタンがあるタイプ/iPhoneSE3(第3世代)の発売さらに投げ売りがある可能性!

ドコモのiPhoneページ

ソフトバンクのiPhoneページ

auのiPhoneページ

※当サイトの掲載記事は規定の方法で調べてまとめた内容です。公式を元にした情報の他、未発表部分は過去データからの類推・iPhoneの仕様など古くなっている情報が含まれるケースもあります。必ず免責事項にご了承頂いた上でご覧ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

綾fit@iPhone使い方解説好き

今はAglet(アグレット)にハマってるアラサーのiPhone・ガジェット大好き人。iPhoneはファンタジーの世界でいうと「最強の武器」iPhoneの使い方を解説していくよ。兄弟サイトとして、「クロームブック使い方2022」「PC・スマホの使い方とガジェットライフ:ガジェヒト」など複数ウェブサイトを運営しています。

注目されている記事

1

日本時間WWDC2022の6月7日朝2時に行われたAppleの開発者イベント。 今回はiOS16の話 …

Aglet(アグレット)で歩いてAglet貯める時の注意点まとめ 2

Aglet(アグレット)の注意点まとめました。 実際にAglet(アグレット)をプレーしてみて、いろ …

3

【AppleEvent】アップルイベントで発表されたものby Apple Park 3月8日3時(日 …

-iOS14