iPhone8 Plus iPhoneX 機種変更

【違い比較】iPhoneX vs iPhone8Plusなら買うべき機種を検討調査

2018年、はるか海外ニュースではもうAppleの新しいiPhoneの話題や予想が始まっています。

ですが、そもそもなかなか高価なiPhoneシリーズなので、今買うべきなのは「iPhoneX」と「iPhone 8 Plus」ならどちらがオススメなのか?どちらを買うべきか迷いますよね。

違いを比較して、買うべき機種を「iPhone使い方カイセツ」ウェブサイトが検討調査しました。

綾fit
Aglet(アグレット)にハマり中!iPhone活用&iPad大好き、綾fitです。仕事でiPhoneをいくつも持っていて、いろいろ設定やカスタマイズをしたりしてます。iPhone13買うならこちらCheck(広告Page)してね!

iPhoneXとiPhone8Plusの比較ポイント

iPhone比較

iPhone比較

「iPhoneXとiPhone8Plus」実際にどっちを買うべきか?

ということを考えた時に、わかりやすく比較するならこの5つのポイントでしょう。

  1. 端末スペック比較
  2. 操作感の比較
  3. 料金の比較
  4. 旧機種・2018年の新機種との比較
  5. 存在価値の比較

iPhoneは高度なコンピュータ・センサーの固まりです。

そのため「端末スペック比較」は重要になりますよね。

また、手になじむかどうかの「操作感の比較」。実際に日々毎日てのひらのなかで使っていくものですもんね。

そしてiPhoneXとiPhone8Plusの端末価格「料金の比較」。

iPhoneの「旧機種・2018年の新機種との比較」や、「存在価値の比較」も行っています。

iPhoneXとiPhone8Plusで差のない点

  • ワイヤレス充電Qi規格に対応
  • ストレージ容量モデルは2タイプ(64GB・256GB)
  • 防沫性能、耐水性能、防塵性能

比較1:iPhoneXとiPhone8Plusのスペックの違い

iPhoneXとiPhone8Plusのスペックの違いを調べていきましょう。

スペックは大きく分けて3つの視点で、違いを考えられます。

  • サイズや外装など表面的なもの
  • コンピュータの性能など基本能力的なもの
  • iPhoneカメラの望遠レンズ性能差

違い1:サイズや外装など表面的な比較

まず端末カラーですが、iPhoneXは「シルバー」「スペースグレイ」の2色で、iPhone8Plusは1色多い「シルバー」「スペースグレイ」「ゴールド」があります。

ですが実際に使うときはケースに入れてしまう人が大半なので、ケースで好きな色を選べばいいかもしれません。

ここではあまり差がでないですね。

大きさはiPhoneXが5.8インチ(Super Retina HDディスプレイ)、iPhone8Plusは5.5インチ(Retina HDディスプレイ
)になっています。

両方持ってみるとiPhone8Plusのほうが広い長方形になっている印象があります。

iPhoneXは細長いイメージですね。

違い2:FaceID vs 指紋認証

  • iPhone8Plusは指紋認証
  • iPhoneXはFaceID(顔認証)

指紋認証のメリット・デメリット

指紋認証のメリットは、ポケットのなかでも指先ひとつで手軽に認証OKという点ですね。

指紋認証のデメリットは認証が遅いときがあること、指がふやけていたら認証しづらいこと。

他にも下記のような使いづらさがあります。

  • 親指をきりおとすような怪我をした場合
  • 手袋をしたままだと認証されない
  • 寝ている間に誰かに手を当てて認証されるおそれ

顔認証(FaceID)のメリット・デメリット

顔認証のメリットは、携帯画面を見るだけで解除がされることですね。

しかも早いです。

センサーをジッとみつめるだけでも顔認証OKです。

顔認証のデメリットは、他人でも顔が精巧な同じさがあると認証解除されるおそれがあることです。

たとえば特長が似てしまう双子だったりですね。検証動画もたくさんあがっています。

  • 双子など顔がそっくりだと認証解除のおそれ
  • マスクをしていると顔認証できない

その他にも顔にマスクをしていると顔認証ができなかったりといったデメリットがあります。

違い3:iPhoneカメラ性能の望遠レンズ

iPhoneカメラのF値がiPhoneXの方が高いです。

F値は少ない方が暗い所で撮影するのが得意になります。

  • iPhoneXが「望遠:ƒ/2.4の開口部」
  • iPhone8Plusが「望遠:ƒ/2.8の開口部」

iPhoneカメラ性能だけでいうとiPhoneXが優勢になりますね。

F値とは

レンズの明るさレベルのこと。F値が小さいほどレンズは明るくなります。

望遠カメラはその文字の通り、遠くのものを撮影する能力ですね。遠くのものを撮影するときの不安のひとつは、手ブレがあります。

少しでもずれると大きくブレるためです。

撮影時の手ブレ補正

iPhoneXが「デュアル光学式手ぶれ補正」、iPhone8Plusが「光学式手ぶれ補正」を採用しています。

両方使用してみた感じは差はそこまでありません。

その他iPhoneカメラスペック

その他のスペックは同じです。

  • 広角:ƒ/1.8の開口部
  • 光学ズーム、最大10倍のデジタルズーム
  • 写真とLive Photosの広色域キャプチャ
  • クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
  • ポートレートモード
  • ポートレートライティング(ベータ版)

スペックの結論

カメラとして使用するならiPhoneXのほうがいいですね。

こどもの写真を撮影したい人や、旅行へよく行く人、デジカメを持たない人は、撮影に大いに使えるPlusシリーズでもじゅうぶんではないでしょうか。

比較2:iPhoneXとiPhone8Plusの操作感の違い

iPhoneXとiPhone8Plusの操作感の違いをまとめていきましょう。

  • iPhone8Plusはホームボタンがあるので従来型
  • iPhoneXは全面ディスプレイなので新型

iPhone8Plusの操作感

iPhone 8 Plusは従来型なので、今までiPhoneを使っていた人なら比較的カンタンに操作を覚えることができます。

iPhoneXの操作感

しかしiPhone Xはホームボタンが排除されているので操作がガラッと変わっています。

今後発売される予定のiPhoneシリーズも、Xのような操作感になることを踏まえるとXにしてしまったほうがいいかもしれません。

比較3:iPhoneXとiPhone8Plusの料金の違い

iPhoneXとiPhone8Plusの料金の違いをまとめていきましょう。

結論をいうとiPhoneXは高いです。

au・docomo・SoftBank各社主要キャリアの販売方法は、各月で通信費用のなかに本体代金を分割で含めるなどで、いろいろとわかりづらい形をとっていますよね。

基本料金やオプションまで比較しないと、本当の意味で比較にならないわけです。

Appleの公式サイトでの販売価格は、iPhone8Plusは¥89,800 、iPhoneXは¥112,800となっています。

比較4:旧機種・2018年の新機種との比較

ここでは2018年に発売されるとうわさされる、新型機種との比較をしていきましょう。

iPhoneSE2と予想されているもの

iPhoneSE2と予想されているものは約5万円で、ディスプレイサイズは4.0~4.2インチとされています。

iPhoneX2もしくはiPhone X plusと予想されているもの

また、iPhoneX2もしくはiPhone X plusと予想されているものは。いずれも6.4インチになるのではないか?と予想されています。

iPhoneXが5.8インチ、iPhone8Plusが5.5インチなので、ホームボタンがあるぶんiPhone8Plusが大きいのですが、全画面なのでiPhoneXのほうがインチ数が大きいんですね。

新規種も全画面のベゼルレスデザインだとすれば、端末自体の大きさはさらに大きくなる形です。

現在はサイズ感だけだと(単純にディスプレイサイズが5.5インチなだけで)確実にiPhone 8Plusが圧倒です。

大きい画面でゲームをしたり、ポートレートカメラで撮影したりと、思いっきりiPhoneライフを楽しみたい人は今後の機種も検討してもいいかもしれません。

比較5:iPhoneの存在価値の比較

1から4までの比較では数値化できるようなものに焦点を当ててきましたが、この「存在価値の比較」の項目では、このiPhone端末を使用すること自体の価値についてかんがえていきます。

いわば心の部分ですね。

iPhoneが市場に出回ってあっというまに人気機種になったのは、ここに理由があります。

当時ボタンがたくさんあるガラケーをみんなかっこいいと思って使っていた時代、なぜいきなりiPhoneは根付いたのでそう。

そうです。みんな携帯を買ったのではなく、「未来感のあるiPhoneをタッチしてクールに使っている姿」を購入したのです。

安いだけのハンバーガーや100均など、とりあえず安ければいい、とか、携帯各社がとにかく薄く軽く開発する勝負などをしていたころでした。

モノが十分溢れ返っている時代に、なににお金を出すのがいちばん素晴らしいのか?

そう考えた時に「Apple」は見事に人々の心を掴む端末を市場にリリースしたのです。

iPhoneXは、テン(=10作目)を表すiPhoneですが、10週年目の節目の意味もあります。そしてもうひとつこめられた意味が、「これからの10年のiPhone」のためのモデルだということです。

多くのメディアが予想しているとおり、2018年にリリースされるiPhoneはiPhoneXのようにホームボタンが無くなったモデルになると言われています。

今後のスタンダードになっていくiPhoneXを手にする意味はとても大きいのではないでしょうか。

まとめと結論

iPhoneXとiPhone8Plusに関して。

iPhone8Plusは女性だと重いので、スタンダードなサイズ・重さでも大画面が扱えるiPhoneXが適しているのではないでしょうか。

カメラ性能もポートレート機能などともに充実しており、そこまで大きな差がないため、操作感がホームボタンがありが好きならiPhone8Plus、ホームボタンがなくてもいいならiPhoneXという、操作感で選ぶのも一つの手になります。

iPhoneXはもちろん細部にこだわって未来を感じる動きが多く取り入れられているので、iOSアプリやプログラマー開発、ウェブデザインなどに携わっているのならばiPhoneXは1機所有してもいいかもしれません。

iPhoneXのデメリットは顔認証だと思います。

四季のある日本では、冬・雪国だと手袋があるせいで操作がしづらいこと、バッテリーの劣化もあります。

もちろんマフラーやマスクもすることもあるでしょう。そんな顔を隠しているときすばやくiPhoneのロック解除ができないのは現代人にとってタイムロスになります。

iPhoneは使う人によって適した機体を購入するのがいいでしょう。

 

 

要注目:機種変更・iPhone端末買うなら今:2022年に得なのは?

2022年にかけての状況ですが、21年3月から各キャリアが方針を転換して、ネット通信20GBという大容量かつ3000円前後の料金プランを出してきています。

が、その時はまだ、通信量は少なくしてもっと安く提供しているといった格安SIMサービスとは直接ライバルにはなっていませんでした。

ところが秋・冬と経て各大手キャリアは「あまり使わないからその分安くしたい」ユーザー向けの低容量格安プランになるものもカバーする動きに入っており、格安SIM各社はいろいろとしのぎを削っています。

特に2台持ちして使い分ける人の増加が顕著ですね!メインに昔から使っている電話番号を使い、ゲームや動画の閲覧はネット放題のプランの大画面スマホ、SNSはカウントフリーの格安SIMで3台か2台目をデュアルSIMで使う人も一般に増えてきました。

一昔前はマニアックな使い方でしたが、節約の情報がバズったりして普通のひとでも手軽に使い分けの知識を得られるというのが大きいですね。

安くなったぶん最新iPhone13が欲しい

そうして携帯にかかるお金を安くしていくことで、iPhone13シリーズや来年発売が予測される新作・新型iPhone14シリーズの購入費用に充てることも検討できます。安くなる情報はたくさんあふれているので、あとはうまく活用すること!が大事になってきます。

iPhone端末買うならどんな方法がいいのか?たとえば手数料が安く済み、しかも新しいものの好きな色が選べるからキャリアのオンラインショップにしたらいいのか?大手からMNPでキャッシュバックを受けて端末を購入して数カ月後に戻りたいとか。いろいろありますね。

おすすめ
早い話、速いです。
2022年8月がiPhone機種変更タイミングとしておすすめ買い時・お得

iPhoneの買い時は、機種変更のタイミングをどこに持ってくるかです。何月かというと…

機種変更タイミングを見る

iPhone13シリーズおすすめ(2022年8月)

  1. iPhone13mini:新型・軽い!手のひらにフィット!小型・高性能・iPhoneでは廉価
  2. iPhone13Pro新型iPhoneでカメラ性能がお化け!クリエイターやYoutubeなどSNS重要視するなら
  3. iPhoneSE2(第2世代)ホームボタンがあるタイプ/iPhoneSE3(第3世代)の発売さらに投げ売りがある可能性!

ドコモのiPhoneページ

ソフトバンクのiPhoneページ

auのiPhoneページ

※当サイトの掲載記事は規定の方法で調べてまとめた内容です。公式を元にした情報の他、未発表部分は過去データからの類推・iPhoneの仕様など古くなっている情報が含まれるケースもあります。必ず免責事項にご了承頂いた上でご覧ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

綾fit@iPhone使い方解説好き

今はAglet(アグレット)にハマってるアラサーのiPhone・ガジェット大好き人。iPhoneはファンタジーの世界でいうと「最強の武器」iPhoneの使い方を解説していくよ。兄弟サイトとして、「クロームブック使い方2022」「PC・スマホの使い方とガジェットライフ:ガジェヒト」など複数ウェブサイトを運営しています。

注目されている記事

1

2022年7月1日、いつくるかと思っていましたがついにiPhone値上げの波がきたようです。これによ …

Aglet(アグレット)で歩いてAglet貯める時の注意点まとめ 2

Aglet(アグレット)の注意点まとめました。 実際にAglet(アグレット)をプレーしてみて、いろ …

3

【AppleEvent】アップルイベントで発表されたものby Apple Park 3月8日3時(日 …

-iPhone8 Plus, iPhoneX, 機種変更