LINEグループ

LINEグループから抜けた・退会した人に情報を見せないようにする方法

友達や同じ趣味同士が集まってやりとりをする「LINEグループ」。

この「LINEグループ」から自主的に抜けたり、退会した人・退会させた人は「なにかしら問題を起こした人」が多かったりしますよね。

事情があって「LINEグループを強制退会(辞めさせる)」という措置をとることもあります。

そして、困るのがその後のこと。

実は「LINEグループから抜けた・退会した人にそのままLINEグループの情報を見せない」ことができます。この「LINEグループ」の裏ワザをまとめました。

綾fit
iPhone活用やiPad大好きな綾fitです。仕事でiPhoneをいくつも持っていて、いろいろ設定やカスタマイズをしたりしてます。iPhone13買うならこちらCheckしてね!

要約ポイント

  • LINEグループ」を抜けた人にそのままの情報を見せないようにする方法・裏ワザがある
  • グループ退会・削除をしたメンバーは書き込めなくなるだけでトーク履歴は残る
  • 履歴が原因でトラブルや問題が発生する可能性があるので、履歴も見せないように「LINEグループ」の裏ワザを使って対処する

LINEグループで発生するトラブル

LINEグループで発生するトラブル

LINEグループで発生するトラブル

LINEグループ」は気軽に複数人でチャットや通話(グループ通話)ができる便利な機能です。

グループチャット、グルチャ、など、いろいろな呼ばれ方もしています。

時に「LINEグループ」で同じクラスのメンバーの講義情報の共有や、趣味の合う友人が集まったり、地域で仲間を作ったりする目的で使うこともありますね。

しかし、人が集まる場所というのは少なからずトラブルも発生するものです。

LINEグループ」のようなコミュニティでは、メンバーがトラブルを起こしたり、他人に迷惑をかける問題児みたいな人って必ず出てくるためです。

そんな時、そういう人をトラブルの解決策として「退会=グループチャットを抜けさせること)」しますよね。

グルチャ退会者の問題点とは

LINEグループ」の仕様として、現時点(2019年3月)ではメンバーを「退会」させたあとでも、その退会させられたメンバーは「LINEグループ」の過去の履歴やメンバーの情報にアクセスができちゃうのです。

退会になるまでのトーク履歴は見れる(悪用できる)ということですね。

簡単にまとめると以下の情報にアクセスができます。

  • LINEグループで共有したメンバーの住所や本名などの文字情報
  • 共有した顔写真、住んでいる家の写真などプライベート情報
  • LINEグループのメンバー一覧や過去のトーク履歴からメンバーに連絡がとれる状態

削除された人(=問題があって退会させた人)は、削除されたあと「このチャットはありません」という表示になりますが、トークの履歴は自分が削除される時点の情報まで見ることができるのです。

これはとても怖い話ですよね。

既存のメンバーにとって怖い情報

もしかしたらその「退会させた人」が勝手にインターネット上に書き込むかもしれません。

プロフィールの顔写真や、本名の情報をコピーやスクリーンショットで撮影して、別のLINEグループに流したり、ツイッターなど公開された場所に転載するかもしれません。

既存のメンバーにとって流出されると怖いと感じる情報も、いつのまにか「LINEグループ」でシェアしてしまっていませんか?

どれだけ気をつけても「安心なトーク場所」だと思っている「LINEグループ」で外で流出されたくない情報もチャットに書いてしまうものですよね。

この「LINEグループ」を抜けた人にそのままグループの情報や過去の履歴を見せないようにする方法・裏ワザがあります。

LINEグループの履歴や情報を見せなくする方法

LINEグループ」の履歴や情報を見せなくする方法は、退会させた人を再度、同じ「LINEグループ」に招待をして、招待解除を行うことです。

この記事の方法は、この方法を使う人の友達リストに「問題がある人」がいないとできません

詳しく解説します。

対処の手順

  1. 問題がある退会者(仮にTさんとします)をグループから削除
  2. 問題がある退会者Tさんを再度グループに招待
  3. 招待メンバー一覧画面からTさんの招待を解除
  4. 完了

対処の手順を詳しく解説します。

問題がある退会者をグループから削除

問題がある退会者を「LINEグループ」から削除します。

画面上部にある「グループ名をタップ」→「メンバーのアイコンが表示されるので右端の矢印をタップ」→「メンバー一覧画面」→退会させるメンバーをスライドする→「削除」ボタンが表示されます。

問題がある退会者をグループから削除

問題がある退会者をグループから削除

退会させたいメンバーを「メンバー一覧画面」でスライドすると、削除ボタンが表示されます。

この削除を押すと、相手には「このチャットは存在しません」と表示されるようになります。

この時点ではまだ「抜けた人もLINEグループの過去内容・写真・メンバーなど」にアクセスできる状態です。

問題がある退会者を再度グループに招待

続いて「問題がある退会者を再度グループに招待」します。

招待は「LINEグループ」の右上のメニューボタンからできます。

LINEグループに人を招待するパネル

LINEグループに人を招待するパネル

「招待」を選んで「友達リスト」から「問題がある退会者」を再度招待します。

「問題がある退会者」を再度招待

「問題がある退会者」を再度招待

「友達」にいないとこの記事の方法で相手の履歴を消すことはできません。

強制退会した人が、友達リストにいることがこの方法のキモなのです。

招待メンバー一覧画面から招待を解除

「招待」をするとすぐに、メンバー一覧画面に「招待中の人」のリストとして表示されます。

招待しているメンバーから削除

招待しているメンバーから削除

招待しているメンバーから再度削除します。

これで完了です。

該当の人の「LINE画面から、LINEグループ(グルチャ)の履歴」が再度なにもない情報が上書きされ(招待時は一旦クリアされるため)、なにも見えない状態になります。

これで既存の「LINEグループ」のプライバシーが守られるのです。

まとめ

  • LINEグループ」を抜けた人にそのままの情報を見せないようにする方法・裏ワザがある
  • グループ退会・削除をしたメンバーは書き込めなくなるだけでトーク履歴は残る
  • 履歴が原因でトラブルや問題が発生する可能性があるので、履歴も見せないように「LINEグループ」の裏ワザを使って対処する

要注目:機種変更・iPhone端末買うなら今:2022年に得なのは?

2022年にかけての状況ですが、21年3月から各キャリアが方針を転換して、ネット通信20GBという大容量かつ3000円前後の料金プランを出してきています。

が、その時はまだ、通信量は少なくしてもっと安く提供しているといった格安SIMサービスとは直接ライバルにはなっていませんでした。

ところが秋・冬と経て各大手キャリアは「あまり使わないからその分安くしたい」ユーザー向けの低容量格安プランになるものもカバーする動きに入っており、格安SIM各社はいろいろとしのぎを削っています。

特に2台持ちして使い分ける人の増加が顕著ですね!メインに昔から使っている電話番号を使い、ゲームや動画の閲覧はネット放題のプランの大画面スマホ、SNSはカウントフリーの格安SIMで3台か2台目をデュアルSIMで使う人も一般に増えてきました。

一昔前はマニアックな使い方でしたが、節約の情報がバズったりして普通のひとでも手軽に使い分けの知識を得られるというのが大きいですね。

安くなったぶん最新iPhone13が欲しい

そうして携帯にかかるお金を安くしていくことで、iPhone13シリーズや来年発売が予測される新作・新型iPhone14シリーズの購入費用に充てることも検討できます。安くなる情報はたくさんあふれているので、あとはうまく活用すること!が大事になってきます。

iPhone端末買うならどんな方法がいいのか?たとえば手数料が安く済み、しかも新しいものの好きな色が選べるからキャリアのオンラインショップにしたらいいのか?大手からMNPでキャッシュバックを受けて端末を購入して数カ月後に戻りたいとか。いろいろありますね。

おすすめ
早い話、速いです。
2022年5月がiPhone機種変更タイミングとしておすすめ買い時・お得

iPhoneの買い時は、機種変更のタイミングをどこに持ってくるかです。何月かというと…

機種変更タイミングを見る

iPhone13シリーズおすすめ(2022年5月)

  1. iPhone13mini:新型・軽い!手のひらにフィット!小型・高性能・iPhoneでは廉価
  2. iPhone13Pro新型iPhoneでカメラ性能がお化け!クリエイターやYoutubeなどSNS重要視するなら
  3. iPhoneSE2(第2世代)ホームボタンがあるタイプ/iPhoneSE3(第3世代)の発売さらに投げ売りがある可能性!

ドコモのiPhoneページ

ソフトバンクのiPhoneページ

auのiPhoneページ

※当サイトの掲載記事は規定の方法で調べてまとめた内容です。公式を元にした情報の他、未発表部分は過去データからの類推・iPhoneの仕様など古くなっている情報が含まれるケースもあります。必ず免責事項にご了承頂いた上でご覧ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

綾fit@iPhone使い方解説好き

アラサーのiPhone・ガジェット大好き人。iPhoneはファンタジーの世界でいうと「最強の武器」iPhoneの使い方を解説していくよ。兄弟サイトとして、「クロームブック使い方2022」「PC・スマホの使い方とガジェットライフ:ガジェヒト」など複数ウェブサイトを運営しています。

注目されている記事

Aglet(アグレット)で歩いてAglet貯める時の注意点まとめ 1

Aglet(アグレット)の注意点まとめました。 実際にAglet(アグレット)をプレーしてみて、いろ …

2

【AppleEvent】アップルイベントで発表されたものby Apple Park 3月8日3時(日 …

iPhone 13 miniのAmazon価格 3

AmazonでiPhoneは販売しているのでしょうか?実は意外なことに2021年12月10日からSI …

4

2022年のiPhoneの買い時は、結論をいうと2022年5月~が機種変更のタイミングです。もうiP …

-LINEグループ