iOS14

【iPhone7機種変更】iOS14アップデートする?しない?使えない新機能とデメリット

iOS14にアップデートしてもiPhone7や6sだとできないことが多くあります。せっかくなのでこの機会にiPhone7以下を利用しているなら機種変更がおすすめです。

iPhone7やiPhone6sだと、ホームボタンがあるタイプの端末が操作方法が大きく変わらないので、おすすめのiPhoneを紹介しています。

[広告 PRリンク]
綾fit
iPhone活用&iPad大好き、綾fitです。iPhone好きで、設定やカスタマイズをしたりしてます。iPhone13買うならこちらCheck(広告Page)してね!
おすすめカテゴリiPhoneでお金管理iPhone買い時

ドコモのiPhoneページ

ソフトバンクのiPhoneページ

auのiPhoneページ

要約ポイント

  • iOS14でiPhone7を使うメリット・デメリット
  • iOS14にしてもiPhone7以下は背面タップが使えない
  • iPhone7はこの機会に機種変更をおすすめ

iOS14の対応機種iPhone

iPhone 6s以降は「iOS14」にアップデート対応がOKです。だがデメリットも多いんですよね。

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS、iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8、iPhone 8 Plus
  • iPhone 7、iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s、iPhone 6s Plus
  • iPhone SE(第1世代)、iPhone SE(第2世代)

iOS14アップデートメリット

iOSアップデートはOSという基本機能のアップデートなので、時代に合わせた新しい機能が使えるようになったり、新しい技術で開発されたものを使うことができます。また、常日頃高度化するスパム・不具合・脆弱性に対するセキュリティ性が向上します。

  • 新しいバージョンのiOS14 にすると新機能が使える
  • 不具合や脆弱性などのセキュリティが向上する

たとえば、iOS14のアップデートで話題になったのが「背面タップ」や「ホーム画面のおしゃれカスタマイズ」ですね。

 

  • 背面タップ:背面を2回、もしくは3回タップしたときにアプリを起動したりいろいろな動作を与えることができる
  • ホーム画面のおしゃれカスタマイズ:おしゃれなウィジェットにしたり、アイコン画像をオリジナルのものにしたりカスタマイズ性が向上した

この2つはSNSツイッターやピンタレストなどでも話題になり、それぞれのカスタマイズをUPして見せあっている人がとても多いです。

 

背面タップが使えないiPhone7・6s

ただ、この「背面タップ」は、センサーの関係でiPhone8以上の端末ではないとつかうことができません。

背面タップ」で画面スクリーンショットなどを設定するととても楽だ!ということが話題になりましたが、せっかくの新機能でもiOS14 にしたiPhone7・iPhoneSE(旧)だと使えないのです。

\iPhoneSE・iPhone8を買う/

iPhone13シリーズおすすめ(2023年1月)

  1. iPhone13mini:新型・軽い!手のひらにフィット!小型・高性能・iPhoneでは廉価
  2. iPhone13Pro新型iPhoneでカメラ性能がお化け!クリエイターやYoutubeなどSNS重要視するなら
  3. iPhoneSE2(第2世代)ホームボタンがあるタイプ/iPhoneSE3(第3世代)の発売さらに投げ売りがある可能性!

ドコモのiPhoneページ

ソフトバンクのiPhoneページ

auのiPhoneページ

  • iPhone 7、iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s、iPhone 6s Plus
  • iPhone SE(第1世代)

iOS14アップデートのデメリット

また、AppleのiOS14アップデートにはデメリットとして毎回バグがあるということが挙げられます。

今回、最新モデルにも不具合が出ており、iPhone7などでもインスタグラムなどカメラを使うアプリに「カメラが使えなくなる」というバグが生じていました。

旧来モデルであるiPhone7や6sへの修正対応はもちろん優先順位として後回しになりがちです。

この機会にiPhoneを機種変更しよう

iOS14のように「わかりやすくおしゃれなことができる」アップデートは久しぶりですね。

ただ、この新機能を求めてiOS14 にiPhone7をアップデートしてもできないので、iPhone7以下をiOS14にアップデートする必要性はあるのでしょうか?

少し悩んでしまいますね。

iOS14で使えるようになる新機能は魅力的

他にもAPPライブラリやウィジェットアプリなど、使えるようになる新しい機能はありますし、セキュリティに詳しくないのであればアップデートするだけで対応できるのは魅力的です。

しかし、せっかくの新機能をすべて使えないこと、旧来iPhoneだと新機能にメモリ(コンピュータの体力のようなもの)が弱くてついていかず、動作がカクカクしてしまったりするケースがあります。

ゲームなどがスムーズにできなくなるのはそのためですね。つねに新しい端末が基準になってアプリは開発されがちなので、せっかくだからこの機会に、iPhoneを機種変更してみませんか。

iPhone7から機種変更するならSE2020

Apple Pay搭載の新型iPhoneSE

Apple Pay搭載の新型iPhoneSE

iPhone7から機種変更する人のおすすめiPhoneは、iPhoneSE 2020か、iPhone8です。

いずれもホームボタンがあるタイプで、iPhoneSE2020 は2020年の春に発売されたばかりの最新ですが、高いイメージのあるXやXS、iPhone11・12に比べて半額近い57000円台(10・8現在)になっています。(ドコモで新品・64GBの場合)

iPhoneSE 2020

色は赤・白・黒が選べます。最新のチップ(コンピュータを処理する脳みそ部分)なのでアプリ起動はサクサクです。

画面もレティーナHDディスプレイというとてもきれいなものを利用しています。

iPhoneSEとiPhone7の比較

iPhoneSEとiPhone7の比較

画面サイズはほぼ変わらないので同じ感覚で使えますね。

あまり自分のスタイルを変えたくない人におすすめです。画面が旧に重くなったり大きくなったりすると戸惑うことも多いですもんね。

また、Apple Payに関してはPASMOカードの追加はiPhone8以上ではないとできないのでiPhone7ではできないですね。PASMOを使うならこの機会に機種変更する候補としてiPhone8以上にする必要はあります。

iPhone8・iPhone8Plus

iPhone8シリーズはiPhone7の次に発売されたモデルです。現役でまだ使えますし、当時はホームボタンのある最後のモデルでした。

iPhone8は終売しているところもあるので、注意です。

まとめ

  • iOS14でiPhone7を使うメリット・デメリット
  • iOS14にしてもiPhone7以下は背面タップが使えない
  • iPhone7はこの機会に機種変更をおすすめ
※当サイトの掲載記事は規定の方法で調べてまとめた内容です。公式を元にした情報の他、未発表部分は過去データからの類推・iPhoneの仕様など古くなっている情報が含まれるケースもあります。必ず免責事項にご了承頂いた上でご覧ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

綾fit@iPhone使い方解説好き

今はAglet(アグレット)にハマってるアラサーのiPhone・ガジェット大好き人。iPhoneはファンタジーの世界でいうと「最強の武器」iPhoneの使い方を解説していくよ。兄弟サイトとして、「クロームブック使い方2022」「PC・スマホの使い方とガジェットライフ:ガジェヒト」など複数ウェブサイトを運営しています。

注目されている記事

1

iPhoneのフリーボードアプリはみんなで編集できるホワイトボードです。ですが、現在の状態だと少し共 ...

フリーボード使い方・iPhone/iPad対応ホワイトボードアプリ 2

フリーボードは、 iOS 16.2/iPadOS 16.2以降のOSにアップデート・インストールされ ...

3

新しいiOSバージョンの配信があったり 16.2「アップデートを要求しました」から進まないことがあり ...

-iOS14