Liveカメラ カメラ

【ライブフォト】iPhoneカメラのLive撮影機能まとめ※動画と音声付きの写真オプション

iPhoneのカメラについている最新写真データ「ライブフォト(Live photos)」ってご存知ですか?

カメラを開いたときにLiveの文字が表示されているけど、どんな機能なの?と思っている方は多いと思います。

今回は「ライブフォト(Live photos)」がどんな機能なのかをご紹介します。

綾fit
iPhone活用やiPad大好きな綾fitです。iPhone13買うならこちらCheckしてね!

iPhone13シリーズおすすめ(2021年9月)

  1. iPhone13mini:新型・軽い!手のひらにフィット!小型・高性能・iPhoneでは廉価
  2. iPhone13Pro新型iPhoneでカメラ性能がお化け!クリエイターやYoutubeなどSNS重要視するなら
  3. iPhoneSE2020ホームボタンがあるので古い機種から変更するひとにも操作感変わらず特に安い!

ドコモのiPhoneページ

ソフトバンクのiPhoneページ

auのiPhoneページ

ライブフォトのポイント

  • ライブフォト(Live photos)は動画データのついた写真
  • シャッターの前後3秒を切り取っているので修正可能
  • ON・OFFはカメラのアイコンで簡単に切替可能

 

iPhoneカメラのLiveとはどういうもの?

iPhoneのLive(正式名称:Live photos)とは動画と音声付きの写真を撮れるカメラ機能です。

今まで、iPhoneカメラで撮影した写真は静止画が基本でしたが、このLive機能を使えば、写真が動き出す不思議な写真が撮影可能になります。

対応機種はiPhone6S以降の機種ということで、まだLive機能を知らない方も大勢いそうですね。

どんな機能?何ができるの?

Live機能を使うと、シャッターを押す前後1.5秒間の動画と音声が静止画の写真と共に保存され、合計3秒間の動き・音声のある写真が撮れます。

この機能はiPhone6S以降の機種にデフォルトで設定されているため、購入して初めて写真を撮ったとき、今までと違う仕様に驚く方が多いかもしれません。(通常モードへ切り替え可能ですので以下の設定方法をご覧ください。)

また、撮ったLive写真は壁紙にも使用できます。

以下、Live photosの設定・利用方法となります。

設定はどうやるの?

Live photosはiPhone6S以降の機種でデフォルトで設定されています。そのため、購入して最初に使うときは特に設定しなくともLiveカメラを使うことができます。

Liveをやめたいときはどう設定する?

通常のカメラを使いたい場合は、Live撮影設定をオフにします。

カメラを開き、上部中央にある三重丸を再タップすると切り替えが可能です。

Live撮影時に表示される「Live」の文字も消えますのでご確認ください。

再度、Liveカメラをオンにしたい場合は同じように「カメラを起動」「撮影画面の上部中央にある三重丸をタップ」これでLiveカメラがオンになります。

Liveで撮った写真を見るには?

Live撮影した写真も通常の写真同様、カメラロールに保存されます。

そのため、撮影したLive写真を見たい場合は写真アプリから確認ができます。

写真アプリを開き、撮影した写真を選択します。画面を長押しすると、写真が動き始めます。

実際に見てみるとわかりますが、動画というよりはパラパラと静止画が切り替わるような動きの動画となっています。

Liveで撮った写真を壁紙に設定するには?

Liveで撮った写真はホーム画面やロック画面に設定することができます。(ただし、動きが出るのはロック画面に設定時のみで、ホーム画面に設定しても静止画となってしまいます。)

設定方法は次の通りです。

始めに設定アプリの壁紙から「壁紙を選択」を選択します。

次にカメラロールから撮影したLive写真を選択します。

選択するとプレビューが表示され、ここで画面を長押しすると壁紙が動き始めます。

選択した写真で良ければ設定をタップし、壁紙を設定する箇所を選びます。

ロック中の画面・ホーム画面・両方の3通りに設定が可能ですが、Live写真の動きが楽しめるのはロック中の画面のみとなりますので、ロック中の画面か、両方のどちらかを選択してください。

ロック画面でLive photosを楽しむためには、画面を長押ししましょう。

Liveカメラはどういう時に使う?

Live撮影が適しているのは小さな子供や動物など、動きのある被写体を撮る場合です。

通常の写真撮影では素早い動きがぶれてしまいますが、Liveではその素早い動きが臨場感となって現れます。

子供や動物は動きがあったほうが可愛らしさも伝わりますよね。

また、スポーツの決定的瞬間を捉えるのも面白そうです。

三秒間の間に収めるのは難しいかもしれませんが、上手く撮影できれば自慢できるLive写真になること間違いなしです。

iPhone カメラ Liveとは まとめ

  • Live photosは動画と音声付きの写真を撮れるカメラ機能
  • iPhone6S以降の機種が対応可能
  • 写真撮影時に上部中央にある三重丸をタップするとLive撮影が可能に
  • 動きのある被写体を撮るのがおすすめ

Live撮影で注意が必要なのは通常の写真よりも容量が大きいという点です。
すべての撮影をLiveにするのではなく、ここぞというときにLive撮影をするのが良いかもしれませんね。

要注目:機種変更・iPhone端末買うなら今:通信量20GBで3000円程度のプランが登場

おすすめ
早い話、速いです。
2021年9月がiPhone機種変更タイミングとしておすすめ買い時・お得

iPhoneの買い時は、機種変更のタイミングをどこに持ってくるかです。何月かというと…

機種変更タイミングを見る

2021年3月、携帯業界に革新的なサービスが始まりましたね。

5G?格安SIM?いいえ、正式なキャリアが始めるサービスで、オンライン窓口専用のプラン(ブランド)です。何の話なのか?って想いますよね。それはドコモのアハモ、auのPOVO、ソフトバンクのLINEMO、楽天モバイルのアンリミットです。

今までのようにキャリアショップで契約やスマホの機種変更をしていた従来のやりかたを見直し、新時代の生活様式に則って非接触・接客などを行わないプランにして格安SIMなどより割安な値段でサービスを提供していこうというもの。

それもどこのキャリアも「1ヶ月の通信量が20GBで3000円程度のプラン」を登場させたというで話題になっているわけです。ぜひチェックしましょう!

iPhone13シリーズおすすめ(2021年9月)

  1. iPhone13mini:新型・軽い!手のひらにフィット!小型・高性能・iPhoneでは廉価
  2. iPhone13Pro新型iPhoneでカメラ性能がお化け!クリエイターやYoutubeなどSNS重要視するなら
  3. iPhoneSE2020ホームボタンがあるので古い機種から変更するひとにも操作感変わらず特に安い!

ドコモのiPhoneページ

ソフトバンクのiPhoneページ

auのiPhoneページ

※当サイトの掲載記事は規定の方法で調べてまとめた内容です。公式を元にした情報の他、未発表部分は過去データからの類推・iPhoneの仕様など古くなっている情報が含まれるケースもあります。必ず免責事項にご了承頂いた上でご覧ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

綾fit@iPhone使い方解説好き

アラサーのiPhone・ガジェット大好き人。iPhoneはファンタジーの世界でいうと「最強の武器」iPhoneの使い方を解説していくよ。兄弟サイトとして、「クロームブック使い方2021」「PC・スマホの使い方とガジェットライフ:ガジェヒト」など複数ウェブサイトを運営しています。

アクセスの多い記事

1

iPhone13が発売に向けて9/15早朝に発表されました。目を奪われるような大きなアップデートはあ …

早い話、速いです。 2

2021年のiPhoneの買い時は、結論をいうと 2021年9月~が機種変更のタイミングです。 はや …

型落ちiPhone夏に安く買うならSE(2020)かiPhone8がチャンス【どこで買う?】 3

「型落ちiPhone」を買うならSE(2020)かiPhone8をおすすめしています。それは「型落ち …

-Liveカメラ, カメラ