広告 バッテリー

iPhoneバッテリー節電モードのやり方・方法についてまとめ

一日中なにかしら使用しているiPhone。画面を開いていないときも、GPSなどの位置情報の通信を行うアプリや、バックグラウンドで音楽再生、自動アップデートなどを動かしていると、それだけでガンガン電池は消費していきます。

ちょっと考え直してください。
電池バッテリーの消費」って早くなっていませんか。

今回は「iPhoneの節電モードにする方法」と、できるだけ省電力でエコにiPhoneを使う方法をご紹介しています。

山本ブレンド
当サイトのコンテンツには広告が含まれます。iPhoneの話題とChatGPTが大好きなアラフォーの山本ブレンドです。NPO法人 日本シニアデジタルサポート協会のスマホ教室認定講師として「札幌で高齢者向けアイフォン使い方・相談教室」「スマホ教室・スマホ相談」やってます。iPhone2台持ちの使い道やナントカPay・ガジェット・Chromebookの話題まで

電池消費を抑える低電力モードのポイント

  • 低電力モードをONにすると消費電力が減る
  • 機能が制限されるものもあるが困るレベルではない
  • バッテリーが20%以下になったときにアナウンスがある
  • Siriからも低電力モードを起動できる

バッテリー(電池残量)が命ともいうべきiPhoneには、電池の消費を軽減してくれる「低電力モード」という機能があります。

いわゆる節電モード、長持ちモードと言われますが、iPhone端末自体でGPS通信や更新をかけたり、「電力消費をする動作を控える」ために使います。

低電力モードを使う場面とは

iPhoneの低電力モードを使う場面は主に

充電をすることのできない場所だが、電池が切れてしまうと困る状態

Suicaを帰りも使わないと改札通れないから電池を長持ちさせたい時

などが考えられますね。

低電力モードをONにする方法

低電力モードをONにする方法は

  1. 設定アプリ」を開く
  2. 設定アプリメニュー「バッテリー」を開く
  3. 低電力モード」をONONにする

この手順の他に、iPhoneの電池が20%を切ったら「バッテリー残量がすくなくなっています。バッテリー残量はあと20%です。」というアナウンスが表示されます。

「バッテリー残量がすくなくなっています。バッテリー残量はあと20%です。」というアナウンス

「バッテリー残量がすくなくなっています。バッテリー残量はあと20%です。」というアナウンス

このタイミングで「低電力モード」を選択することで、わざわざ設定アプリを開かなくても低電力モードをONにすることができます。

低電力モードのメリット

iPhoneを低電力モードにするメリットは、本体の電池の減りを抑えられる点ですね。

充電する場所がないのに、電池の残りが少ないときはなにか急な連絡などが来たときに困るので、電池の減りを抑制しますよね。

できるだけ減りを遅くしたいときはいろんなシーンが想定できます。

電話連絡を待っているのに、電池がなくなりそうなので電話の用事が済むまでは低電力モードでおいておきたい

充電をすることのできない場所だが、電池が切れてしまうと困る状態

「iPhoneのSuicaを帰りも使わないと改札を通れないから、帰りまでは電池を長持ちさせたい時

などなど。

低電力モードのデメリット

では低電力モードのデメリットをまとめていきます。

メールアプリでの「メール受信」通知をしない、App のバックグラウンド更新、アプリの自動ダウンロード、iPhoneの操作中に起こる一部のビジュアルエフェクトの省略があります。

また、節電のために放置状態になったら自動ロック (デフォルトは 30 秒後)がかかるようになります。iCloud フォトライブラリ (一時的に停止)に影響があるなど、iPhoneの動作ができるだけ電力を消費しない方向に制限がかかります。

わかりやすい例を出すと、カメラロールの写真バックアップが楽ちんな「Dropbox」だと、撮影写真を自動でバックアップしてくれますが、低電力モードだと「カメラアップロード」が行われません。

このようにアプリをバックグラウンドで動かすようなもの、通信をたくさん行うものについては「低電力モード」では制限されます。

省電力でiPhoneを動かす設定なので当然ですよね。

低電力モードはSiriで起動も可能

この「低電力モードの起動」ですが、Siriによる音声起動でもONにすることができます。

Siri:低電力モードにして

Siriに直接「Hey,Siri、低電力モードにして」という指示を出します。

低電力モードをオンの状態にしてくれます。

画面に表示される「ON 」を「」にすることで、この画面のまま「低電力モードをオフ」にすることもできます。

Siri:節電モードにして

「節電モード」でも通じるSiri

「節電モード」でも通じるSiri

Siriは「節電モード」という表現でも受け付けてもらえます。

Siri:節電モードオンにして

もちろん直接的に「オンにして」という指示を出してもONONにしてくれます。

電池の劣化を抑えるには60%前後キープ

バッテリーの劣化を抑えるにはiPhoneの残り電池を「60%」前後に抑えながら使用しましょう。

0%まで使い切ったりすると、逆に電池そのものの劣化を招いてしまいます。

iPhoneXは14万円するなどとても高価な「家電」なので、できるだけ長持ちさせたいですよね。

iPhoneの電池劣化を抑えるポイント5つ

  • 0%まで放電を繰り返す
  • 100%まで充電を繰り返す
  • 充電したままiPhoneを使用しない
  • 正規品の充電器でできるだけ充電する

こちらは別の記事でもまとめていきます。

まとめ

  • 低電力モードをONにすると消費電力が減る
  • 機能が制限されるものもある
  • バッテリーが20%以下になったときにアナウンスがある
  • Siriからも低電力モードを起動できる
※当サイトの掲載記事は規定の方法で調べてまとめた内容です。公式を元にした情報の他、未発表部分は過去データからの類推・iPhoneの仕様など古くなっている情報が含まれるケースもあります。必ず免責事項にご了承頂いた上でご覧ください。
機種変更
iPhone機種変更タイミング・2024年買い時は2月3月?【投げ売り・型落ち狙い?セール】

2024年のiPhoneの買い時は、結論をいうと機種変更のタイミングは3月前のキャンペーンなどです。 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

山本ブレンド@iPhone使い方解説好き

アラサーのiPhone・ガジェット大好き人。iPhoneはファンタジーの世界でいうと「最強の武器」iPhoneの使い方を解説していくよ。NPO法人 日本シニアデジタルサポート協会のスマホ教室認定講師として「札幌で高齢者向けスマホ教室・スマホ相談」やってます。兄弟サイトとして、「クロームブック使い方2023」「PC・スマホの使い方とガジェットライフ:ガジェヒト」など複数ウェブサイトを運営しています。

注目されている記事

1

X(旧Twitter)が出会い系アプリ化するという報道で議論がでている。さあ2024年のSNSはどう ...

2

ChatGPT(チャットGPT)のiPhoneアプリ(iOS版)がついに登場するとの報道がありました ...

3

iPhoneをいざ使い始めました!iPhone15・iPhone14・iPhone13・iPhone ...

4

「1台のiPhoneではもう物足りない!」そんなあなたにおすすめしたいのが「iPhone2台持ち」で ...

-バッテリー