iPhone8 iPhoneX カメラ

【iPhoneX/8/7】iPhoneカメラのフラッシュライトの消す方法

投稿日:

暗いところや、逆光時の撮影に役立つフラッシュ機能。

便利な機能ですが、必要ないときに誤って光らせてしまい、申し訳ないやら恥ずかしいやら・・・という経験がある方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、改めてフラッシュ機能の基本操作をおさらいしていきましょう。

また、フラッシュと同じ箇所が光るLEDライトについてもご紹介していきます。

iPhoneカメラのフラッシュオンオフのやり方

フラッシュの使い方はとても簡単です。

まず、iPhoneカメラを起動し画面左上にある雷マークをタップします。

ここで、『オン』『オフ』『自動』の3つから選択します。

フラッシュを使いたいという場合には『オン』を、使わない場合には『オフ』を選択しましょう。

『自動』を選択すると、周囲の暗さをiPhoneが自動で判断し、必要に応じフラッシュをつけてくれます。

フラッシュをつけるべきかどうか悩んだときは自動にしておくと便利ですね。

iPhoneカメラのフラッシュを常にオフにできる?

iPhoneカメラのフラッシュ機能は常にオフにすることが可能です。

しかし、そのためにはちょっとした手間が必要になります。

それは、カメラアプリを閉じる前に必ずフラッシュをオフの状態にすること。

実はiPhoneカメラのフラッシュ機能は、最後に設定されていたモードが保持される仕組みになっているんです。

つまり、一度アプリを終了させても、また次回開いたときに前回同様のフラッシュ設定になっているということです。

これで常にフラッシュオフの状態を保つことができますね。(逆を言えば常にオン設定にもできるということですね!)

終了時にオフにするのを忘れると、フラッシュ禁止の所なのに光らせてしまった・・・!なんてことが起きてしまうのでご注意ください!

撮り終わったら必ずフラッシュ設定を見直してアプリ終了!これが大事ですね。

LEDライトのオンオフのやり方

つけっぱなしにすることができないフラッシュの代わりにあるのが、iPhoneのLEDライトです。

同じところが光っているの、みなさんはご存知でしたか?

LEDライトはつけっぱなしにできるので懐中電灯としても使用できます。

こちらもオンオフの方法はいたって簡単です。

まず、iPhoneの画面を下から上にスワイプさせ、コントロールセンターを表示させます。

左下に懐中電灯のマークがありますね。

ここをタップすると、LEDライトが点灯します。

もう一度タップすると消すことができます。

暗い所で探し物をするときや、深夜に家の鍵を開けるときなど、重宝する場面がたくさんあります。

ぜひ使い方を覚えておきましょうね!

まとめ

  • iPhoneカメラのフラッシュはカメラ起動画面左上にある雷マークでオンオフできる
  • フラッシュ機能は前回使ったときの設定が保持される
  • LEDライトはコントロールセンターの左下にある懐中電灯マークでオンオフできる

今回はiPhoneのライトに関する基本操作をご紹介しました!
フラッシュ・LEDライトどちらも簡単に操作できますので、どんどん使いこなしていきましょう!

※当サイトの掲載記事は規定の方法で調べてまとめた内容です。公式を元にした情報の他、未発表部分は過去データからの類推・iPhoneの仕様など古くなっている情報が含まれるケースもあります。必ず免責事項にご了承頂いた上でご覧ください。
この記事のURLとタイトルをコピーする

このサイトのおすすめ記事

iPhone11は6色 1

iPhoneXRの後継機として発表された多色展開のある「iPhone11(イレブン)」は6色とのこと …

「iPhone11Pro(11プロ)」・「iPhone11ProMax(11プロマックス)」 2

2019年9月10日(日本時間11日)に発表された「iPhone11Pro(11プロ)」・「iPho …

-iPhone8, iPhoneX, カメラ

Copyright© iPhone使いの星🌟 , 2019 All Rights Reserved.