iPhone8 Plus iPhoneX カメラ ポートレートモード

【iPhoneX/8/7】iPhoneカメラのタイマー撮影・3秒・10秒

投稿日:

iPhoneカメラで撮影をする時に、タイマー機能って利用していますか?

iPhoneカメラのタイマー撮影というのは、シャッターボタンを押して数秒後に撮影を行うという時間差撮影機能です。

秒数が「3秒」「10秒」が選べるようになっています。

iPhoneカメラタイマー撮影のポイント

  • iPhoneタイマー撮影は3秒・10秒が選べる
  • タイマーなら手ブレの心配がいらない
  • 被写体とiPhoneが離れた撮影の時に使える

タイマー撮影機能は、シャッターを押してから実際に撮影が入るまでに一定時間(iPhoneは3秒、10秒)停めておくことで、その時間で撮影準備やより良い写真構図を用意することができるという画期的な機能です。

バーストになるとうるさい時の対処法

セルフタイマーシャッター機能で撮影した場合、「バースト」といって何枚も連写で撮影します。

目の瞬きなどで撮影しなおしになるのを防ぐためです。

ただ、バースト連写が入るとうるさい!という人もいるので、セルフタイマー撮影でバーストにならない方法を別記事でまとめました。

iPhoneカメラのバースト撮影タイマー解除の方法
【iPhoneX/8/7】iPhoneカメラのバースト撮影タイマー解除の方法

iPhoneカメラでもiOS8からセルフタイマー機能が導入されました。 セルフタイマーとは大人数で写 …

続きを見る

タイマー3秒撮影が適しているもの

3秒のタイマーというのはとても短いですが、その3秒でなにができるか考えてみました。

  • 人の撮影・・・なら、3秒で表情を作る、ポーズを作る、モノを用意するなど。
  • モノの撮影・・・被写体が細かいときにブレないようにiPhoneを固定する撮影。

基本的にタイマーを使う人はiPhoneを固定したままで、自分でシャッターボタンを押した時の手ブレが嫌だという人が多いでしょう。

たしかにボタンを押す時にiPhone本体が少しでも動いてしまうと(iPhoneカメラは一眼などに比べるとレンズが小さいという端末の特長もありますが)ちょっとのブレでも大きく写真の出来に影響します。

この「ブレない写真が撮れる」というのはメリットです。

たとえば、目の前を横切ったちょうちょの撮影や、子供の一瞬の素敵な表情を撮りたい!というような撮り直しができない状況だとタイマー撮影が難しく、もったいないですよね。

タイマー10秒撮影が適しているもの

次に10秒タイマーが適している被写体というのを考えてみました。

  • 撮影距離がある・・・iPhoneと撮影したいものの間に距離があるとき
  • 固定位置で撮影・・・自分でiPhone本体を持たないで撮影するとき

10秒って短いように思えますが、意外とフル活用ができます。

3秒タイマーよりもタイマースタートから、できることが増えるという点がメリットですね。

iPhoneから離れた距離に移動して、ポーズ(ジャンプや、無理な体勢など)することなどです。

タイマー撮影が適していないもの

  • 動きのある被写体を撮影しようとするとき
  • 音を出したくない交通機関の中

逆にタイマー撮影の適していないシチュエーションは、「タイマーでiPhoneを固定して撮影してもブレてしまう被写体」の時です。

犬が走っていたり、子供の運動会だったりですね。

また、大きな音が出てしまう(バースト連写)ので、交通機関マナーとして電車やバスのなかでは使いたくありませんね。

連続写真は、時として思いもかけない一瞬が撮影されていることもあるので、とてもおもしろいです。iPhoneでせっかく写真を撮影しやすい状況にあるのに、まったく使わないのは損かもしれません。

ぜひ、セルフタイマー撮影も、状況によって使い分けをしていきましょう。

iPhoneXやiPhone 8 Plusのポートレートモードやスクエア撮影にタイマー機能はあるの?

結論としては、iPhoneXやiPhone 8 Plusのポートレートモードやスクエア撮影にもセルフタイマー機能はあります

ポートレート撮影画面の右下に秒数カウンター(あと何秒だよ!と教えてくれる数字)が表示され、カウントダウン後に撮影されます。

スクエア撮影って何?

スクエア撮影とは、iPhoneカメラの撮影モードのひとつで、正方形(縦横比1:1)の写真を撮影することができます。Instagramを使っている人は投稿するイメージに近い写真が撮影できますね。

カメラから離れてシャッターを切る方法

ちなみにセルフタイマーを使わなくてもiPhoneカメラから離れてシャッターを切る方法があります。別記事でご紹介します。

まとめ

  • 撮影タイマーの秒数は「3秒」「10秒」が選べる
  • 撮影時に手ブレしたくないときにタイマーを使う
  • 撮影時に被写体とiPhoneに距離があるときにタイマーを使う
  • バーストにしたくないときはOFFにできる
  • ポートレートモードやスクエア撮影にタイマー機能がある

せっかくiPhoneカメラにはものすごい量の使い勝手を良くする機能が満載なのに、いろいろと使わないのはもったいないですよね。

ぜひ、いろいろな機能を使いこなしていきましょう。

iPhoneカメラが本格的なカメラで撮影するという敷居を下げてくれたおかげで、写真を撮影するということが気軽なことになりました。

PR 好きなiPhoneXR・XS・MaxをSoftBankで【買う】
注目 【iPhone XS】iPhone XSはゴールドモデル・大容量512GB
有用 iPhoneでブルートゥースイヤフォンを検討する時のポイント
こちらのコンテンツは当ウェブサイトが調べてまとめた内容のため、新しいiPhoneの仕様などアップデートにより古くなっている可能性がありますのでご了承ください。
この記事のURLとタイトルをコピーする

このサイトのおすすめ記事

iPhoneXRの人気色はどれ? 1

2018年の新しいiPhoneの発表も終わり、いよいよ発売にむけてdocomoもauもSoftBan …

iPhoneXSゴールドモデル 2

iPhone XS(アイフォーンテンエス)のカラーバリエーションに「ゴールドモデル」があること、スト …

3

Amazonプライムデーも近づき、ここでiPhoneで使う、ブルートゥースイヤフォンを検討する時のポ …

Anker 4

Anker(アンカー)というブランドをご存知でしょうか。 バッテリー・充電器まわりの技術に特化したブ …

ホーム画面のDockエリア 5

iPhoneのホーム画面やDockエリア、そのまま適当に放置していませんか。 毎日使うiPhoneだ …

【AUKEY】iPhoneに使えるワイヤレス充電器やスマホカメラレンズのメーカーはAUKEY(オーキー) 6

AUKEY(オーキー)というAmazonでも人気なブランドがあります。 「Anker(アンカー)」と …

-iPhone8 Plus, iPhoneX, カメラ, ポートレートモード

Copyright© iPhone使い方カイセツ , 2018 All Rights Reserved.