機種変更

iPhoneの寿命年数は発売から5年・バッテリーは劣化するので3年?

iPhoneは近年とても高く、高級品と言われることも多いですが、それは製品の寿命の長さでもあります。

実際にApple製品はどれも寿命が長いことで知られ、型が落ちたiPhoneやiPadでも、まだいくつも前のモデルが店頭に並んでいたり、売れていたりします。

iPhoneの寿命はどのくらいなのでしょうか?

この「iPhone寿命」を知ることで、最新版のiPhoneではなくてもコスパが良い機種変更・買い替えを行うことができますよね。

綾fit
iPhone活用やiPad大好きな綾fitです。仕事でiPhoneをいくつも持っていて、いろいろ設定やカスタマイズをしたりしてます。iPhone13買うならこちらCheckしてね!
おすすめカテゴリiPhoneでお金管理iPhoneの買い時

要約ポイント

  • iPhoneそれぞれの寿命」は何年なの?発売から5年・バッテリーは3年
  • 最大5年なら2020年にはiPhone6SやSE、iPhone7は買い替えタイミング
  • 機種変更の方法は格安SIM・MNP・オンラインショップなど複数ある

結論:それぞれのiPhoneの寿命は

iPhoneの寿命はOSの視点だと発売から5年、バッテリーなど消耗品の観点から見ると利用開始から約3年となります。

この年数はアップルが公式に公表しているものですが、参考にする数字として適切だと思います。

  • iPhone6s 6s Plus:2015年発売→5年後は2020年で今年?
  • iPhoneSE:2016年発売→5年後は2021年?
  • iPhone7 7 Plus:2016年発売→5年後は2021年?
  • iPhone8 8 Plus:2017年発売→5年後は2022年?
  • iPhoneX:2017年発売→5年後は2022年?
  • iPhoneXR:2018年発売→5年後は2023年?
  • iPhoneXS XS Max: 2018年発売→5年後は2023年?
  • iPhone11 11 Pro 11 Pro Max:2019年発売→5年後は2024年?

こちらの図でもわかるように、もし買い替えをするなら今iPhone6以前を利用している人、iPhone6SやSE、iPhone7ですね。

※あくまでも目安としての年数です

iPhoneの寿命って何?

「iPhone寿命」を考えるポイントは3つあります。アップル公式は「3年間」がひとつの区切りとしていますが、実際に製品としてまったく使えなくなるわけではありません。

  • iPhone本体のOSサポート
  • よく使うアプリの対応状況
  • バッテリーの劣化

視点としては3つですね。

OS、アプリ、バッテリー。

iPhoneのOSサポート

この1つ目のOSというのは、iPhoneのコンピュータ自体のシステムです。

iPhoneのシステムは「iOS(アイオーエス)」といい、新しいバージョンになるほど機能やデザインが刷新されていきます。

同時に最新のセキュリティにも対応していくので、古いOSを使っているのはリスクになるというわけです。

2020年1月の最新OSは「iOS13」です。この13になったのは2019年10月3日でした。

この「iOS13」に対応したのはiPhone6S以降になり、iPhone6以前のものは対応していません。

最新のiOSに対応しなくなることを「寿命」と表現することもできますので、iPhone6の発売が2014年というところを見ると、iPhone6の寿命は発売から5年だったということになります。

最新のOSに対応していなくても電話としては使えますが、アプリなどがどんどん使えなくなっていくので買い替え時!ということになりますね。

よく比較されるGoogleのAndroidスマートフォンとは、寿命の点で違いがあります。Androidスマートフォンは割とシステムの寿命が短いので、5年も第一線で使えないのが現状で、それでiPhoneを選ぶ人が多いのです。AndroidからiPhoneに戻ってくる人も多いですね。

アプリのサポート

アプリのサポート

アプリのサポート

次にアプリです。アプリは誰でも出すことができるので、世界中で開発が行われています。

ですが最新のiOSにどんどん対応していかないといけないのでこれもシステム同様、古いものは切り捨てられていきます。

自分が使いたいアプリが使えないiPhoneを、ずっと使い続ける理由はありませんよね?

iOSのバージョンアップとアプリは連動しているのです。

バッテリー電源

バッテリー充電

バッテリー充電

次にバッテリー寿命です。iPhoneみたいに常にONになっている家電というのはなかなか類を見ませんよね。

電池は劣化するものなので、充電を繰り返すことで消耗していきます。

変な形に電池が膨らんでいるiPhoneを見たことがありませんか?

電気が通らなかったり、正常に通電しなければiPhoneとして使えませんし、電池の持つ熱が本体のコンピュータの寿命も縮めてしまいます。

バッテリーは大事に使いましょう。

挙動として急に電源が落ちたり、アプリがフリーズしたり、物理的に膨張してきたり、充電をつないでも充電されないという状態だと、電池自体の寿命がきている可能性が高いです。

充電機器の問題もありますね。iPhoneはどんどんコネクタが変わっていく端末で、前の機種のコネクタとは違うコネクタになったり、2020年に発売されるiPhoneはコネクタ自体もない!という噂があります。

新しいiPhoneにする意義

新しいiPhoneにする意義について解説します。

iPhoneはどんどん新しい機能が追加され、ゲームの新技術やApple Pay機能などが増えていきます。

たとえばApple PayはiPhone7以降(国内販売品限定)に使えるようになりました。

iPhone端末本体に機能がないと使えないですからね。そういう意味でいうと、iPhone11以降の「広角カメラ」や「ナイトモード」は、とても高評価されています。

ダイナミックな市電レール

広角で撮影したダイナミックな市電レール

超広角レンズ撮影すすきの
iPhone11Proカメラで札幌の夜景を超広角レンズ撮影してきたレビュー

「iPhone11Proカメラ」ですすきのをぶらり撮影してきました。 「iPhone11Proカメラ …

続きを見る

iPhone購入の選択肢

iPhoneからiPhoneに機種変更・買い替えを行う時には、いろいろと選択肢があります。

  1. 格安SIMにMNP
  2. 他キャリアにMNP
  3. オンラインショップで機種変更

2020年も話題豊富な格安SIM

まずは、格安SIMですね。2020年には通信キャリアがドコモ・au・ソフトバンクの3社しかいなかった状況に変化がうまれています。

楽天の参入や、格安SIM会社ですね。特に格安SIMにするとパフォーマンスは低下しますが、特に困らない形で節約につながります。(ざっくり考えて月の支払いが数千円下がる)

同じ番号のまま他会社に変更できるMNPの仕組みを使って機種変更するのがおすすめです。

他キャリアへのMNP

安定して使える通信キャリアということで、格安SIMよりもドコモ・au・ソフトバンクじゃないと嫌だという人も多いです。

サービスが手厚かったり、格安SIMよりも安定している点に「やっぱり高いお金を払う価値がある」と感じている人も多いということです。

ソフトバンクだとヤフー系が、ドコモだとAmazonで有益になるお得なサービスもありますし、2020年は既存のお客さんに対してどのようにサービスを展開していくか見ものかもしれません。

オンラインショップで機種変更

機種変更でおすすめなのが、キャリアのオンラインショップですね。

理由は「事務手数料が安くなる」ということです。iPhoneなんてどんな情報でもちょっと検索したら出てくること、実際の受け取りを店頭にしたらSIM入れ替えやってもらえるので、少しでも安くしたい場合は機種変更をオンラインショップで行うことをおすすめします。

iPhone13シリーズおすすめ(2021年12月・2022年1月)

  1. iPhone13mini:新型・軽い!手のひらにフィット!小型・高性能・iPhoneでは廉価
  2. iPhone13Pro新型iPhoneでカメラ性能がお化け!クリエイターやYoutubeなどSNS重要視するなら
  3. iPhoneSE2020ホームボタンがあるので古い機種から変更するひとにも操作感変わらず特に安い!

ドコモのiPhoneページ

ソフトバンクのiPhoneページ

auのiPhoneページ

iPhone買い替え情報

iPhone機種変更タイミング2021年12月・2022年1月が買い時【iPhone12 mini の投げ売り・iPhone13発売による型落ち狙い?秋冬セール】

2021年のiPhoneの買い時は、結論をいうと2021年12月・2022年1月~が機種変更のタイミ …

続きを見る

まとめ

  • iPhoneそれぞれの寿命」は何年なの?発売から5年・バッテリーは3年
  • 最大5年なら2020年にはiPhone6SやSE、iPhone7は買い替えタイミング
  • 機種変更の方法は格安SIM・MNP・オンラインショップなど複数ある

要注目:機種変更・iPhone端末買うなら今:通信量20GBで3000円程度のプランが登場

おすすめ
早い話、速いです。
2021年12月・1月がiPhone機種変更タイミングとしておすすめ買い時・お得

iPhoneの買い時は、機種変更のタイミングをどこに持ってくるかです。何月かというと…

機種変更タイミングを見る

2021年3月、携帯業界に革新的なサービスが始まりましたね。

5G?格安SIM?いいえ、正式なキャリアが始めるサービスで、オンライン窓口専用のプラン(ブランド)です。何の話なのか?って想いますよね。それはドコモのアハモ、auのPOVO、ソフトバンクのLINEMO、楽天モバイルのアンリミットです。

今までのようにキャリアショップで契約やスマホの機種変更をしていた従来のやりかたを見直し、新時代の生活様式に則って非接触・接客などを行わないプランにして格安SIMなどより割安な値段でサービスを提供していこうというもの。

それもどこのキャリアも「1ヶ月の通信量が20GBで3000円程度のプラン」を登場させたというで話題になっているわけです。ぜひチェックしましょう!

iPhone13シリーズおすすめ(2021年12月・2022年1月)

  1. iPhone13mini:新型・軽い!手のひらにフィット!小型・高性能・iPhoneでは廉価
  2. iPhone13Pro新型iPhoneでカメラ性能がお化け!クリエイターやYoutubeなどSNS重要視するなら
  3. iPhoneSE2020ホームボタンがあるので古い機種から変更するひとにも操作感変わらず特に安い!

ドコモのiPhoneページ

ソフトバンクのiPhoneページ

auのiPhoneページ

※当サイトの掲載記事は規定の方法で調べてまとめた内容です。公式を元にした情報の他、未発表部分は過去データからの類推・iPhoneの仕様など古くなっている情報が含まれるケースもあります。必ず免責事項にご了承頂いた上でご覧ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

綾fit@iPhone使い方解説好き

アラサーのiPhone・ガジェット大好き人。iPhoneはファンタジーの世界でいうと「最強の武器」iPhoneの使い方を解説していくよ。兄弟サイトとして、「クロームブック使い方2021」「PC・スマホの使い方とガジェットライフ:ガジェヒト」など複数ウェブサイトを運営しています。

アクセスの多い記事

格安iPhone・格安SIM狙い目セールはgoo Simsellerグーシムセラー 1

goo SimsellerグーシムセラーはNTTレゾナントが運営している通販サイトです。格安SIMサ …

2

iPhone13が発売に向けて9/15早朝に発表されました。目を奪われるような大きなアップデートはあ …

3

2021年のiPhoneの買い時は、結論をいうと2021年12月・2022年1月~が機種変更のタイミ …

型落ちiPhone夏に安く買うならSE(2020)かiPhone8がチャンス【どこで買う?】 4

「型落ちiPhone」を買うならSE(2020)かiPhone8をおすすめしています。それは「型落ち …

-機種変更