iPhone使い方 Liveカメラ カメラ

Live Photos(ライブフォト)の3つのおすすめの使い方

iPhoneのカメラで撮影した写真って数秒動きますよね。

これがLive Photos(ライブフォト)です。

この記事では「Live Photos(ライブフォト)の3つのおすすめの使い方」をご紹介していきます。

綾fit
Aglet(アグレット)にハマり中!iPhone活用&iPad大好き、綾fitです。仕事でiPhoneをいくつも持っていて、いろいろ設定やカスタマイズをしたりしてます。iPhone13買うならこちらCheck(広告Page)してね!

 Live Photosおすすめの使い方

  • 待受画面に動く写真を設定
  • 3種類の臨場感溢れるエフェクトを追加できる
  • お気に入りのライブフォトをビデオデータ化

使い方1:待受画面に動く写真を設定

Live Photos(ライブフォト)はiPhoneの待機画面である「ホーム画面」「ロック画面」の2つに設定することができます。

  • ホーム画面・・・アプリが並んでいる基本画面のことです。
  • ロック画面・・・ロック中の画面、待機画面のことです。指認証や顔認証する前の時計表示の画面です。
iPhone設定アプリ
設定アプリ
設定方法は、「設定アプリ」>「壁紙」>「壁紙を選択」>「ここで設定したいライブフォトを選択します」の流れで行えます。

ホーム画面に設定したライブフォトはあいにく動く動作はありません。

ロック画面では、ロック画面を1本指で長押しすることで、動画として動きます。

よくある使い方メモ

  • 子供や恋人の癒やしライブフォトをロック画面設定
  • 気に入った景色をライブフォトでロック画面設定

iPhoneのカメラって使いやすいから、気軽に何百枚も撮ってしまって、全然見てないものも多いはず。

カメラロールに眠らせておくよりもこうやって気分で「目につく所」で使いましょう。

使い方2:3種類の臨場感溢れるエフェクトを追加できる

Live Photos(ライブフォト)は、iPhoneカメラ・写真の設定で、編集することができます。この編集の時に次の「ループ」「バウンス」「長時間露光」の3つのエフェクトを加えることができます。

  • ループ・・・ライブフォト内の秒数をループ再生して繰り返すファイルにできます。
  • バウンス・・・最後までいくと逆再生して再生を繰り返します。
  • 長時間露光・・・ライブフォト内の秒数を露光します。長時間露光は、時の流れをそのまま線になるように撮影したものになります。

それぞれ変わった遊び方になるので、特徴をうまく捉えて撮影してみるのもおもしろいかも知れませんね。

ループは、最初と最後の映像をつなげるので、うまく連続するような動画になるように撮影すると終わりのない動画になります。

バウンスは同じ動画の逆再生で戻るので、普段は見られない水に物を落とすとか、高いところから飛び降りて→戻ってくるとか、動きのあるものが面白い映像になります。

長時間露光は、「光」を使うのがおもしろいでしょう。ペンライトや手持ち花火を振り回してみると、光の線が1枚の写真に収まって撮影できます。

使い方3:お気に入りのライブフォトをビデオデータ化

iPhone標準の機能だけではできないのですが、お気に入りのライブフォトがあるなら、ぜひ、ビデオデータ化して保存しましょう。

実は、パソコンなどに転送・保存してiPhone自体から消してしまうと、見られなくなります。

ライブフォトはiPhoneかGoogleフォトでしか見られないデータになっているのです。

そのためお気に入りのライブフォトは手間をかけてでも動画化して保存したほうがおすすめです。

メモ

ライブフォトを動画にする他に、動画をライブフォトにしたり、GIFアニメーションにしたりするアプリもあります。お気に入りのライブフォトを使える幅が広がりますね。

まとめ

  • ロック画面の壁紙に動く写真を設定
  • 3種類の臨場感溢れるエフェクトを追加できる
  • お気に入りのライブフォトを動画ファイル化

ライブフォトってなんだか容量を使う写真とだけ思っていた人も多いのではないでしょうか。

せっかくある機能なので、ぜひ使いこなしたいですね。

もう「スマホ写真」というのは、大昔のアナログカメラ・デジタルカメラのように「一瞬を切り取るもの」ではなく、「その瞬間の数秒を切り取るもの」に認識が変わってきてるんですね。

これからもiPhoneカメラは進化するのでしょうか。楽しみです。

要注目:機種変更・iPhone端末買うなら今:2022年に得なのは?

2022年にかけての状況ですが、21年3月から各キャリアが方針を転換して、ネット通信20GBという大容量かつ3000円前後の料金プランを出してきています。

が、その時はまだ、通信量は少なくしてもっと安く提供しているといった格安SIMサービスとは直接ライバルにはなっていませんでした。

ところが秋・冬と経て各大手キャリアは「あまり使わないからその分安くしたい」ユーザー向けの低容量格安プランになるものもカバーする動きに入っており、格安SIM各社はいろいろとしのぎを削っています。

特に2台持ちして使い分ける人の増加が顕著ですね!メインに昔から使っている電話番号を使い、ゲームや動画の閲覧はネット放題のプランの大画面スマホ、SNSはカウントフリーの格安SIMで3台か2台目をデュアルSIMで使う人も一般に増えてきました。

一昔前はマニアックな使い方でしたが、節約の情報がバズったりして普通のひとでも手軽に使い分けの知識を得られるというのが大きいですね。

安くなったぶん最新iPhone13が欲しい

そうして携帯にかかるお金を安くしていくことで、iPhone13シリーズや来年発売が予測される新作・新型iPhone14シリーズの購入費用に充てることも検討できます。安くなる情報はたくさんあふれているので、あとはうまく活用すること!が大事になってきます。

iPhone端末買うならどんな方法がいいのか?たとえば手数料が安く済み、しかも新しいものの好きな色が選べるからキャリアのオンラインショップにしたらいいのか?大手からMNPでキャッシュバックを受けて端末を購入して数カ月後に戻りたいとか。いろいろありますね。

おすすめ
早い話、速いです。
2022年7月・6月がiPhone機種変更タイミングとしておすすめ買い時・お得

iPhoneの買い時は、機種変更のタイミングをどこに持ってくるかです。何月かというと…

機種変更タイミングを見る

iPhone13シリーズおすすめ(2022年6月)

  1. iPhone13mini:新型・軽い!手のひらにフィット!小型・高性能・iPhoneでは廉価
  2. iPhone13Pro新型iPhoneでカメラ性能がお化け!クリエイターやYoutubeなどSNS重要視するなら
  3. iPhoneSE2(第2世代)ホームボタンがあるタイプ/iPhoneSE3(第3世代)の発売さらに投げ売りがある可能性!

ドコモのiPhoneページ

ソフトバンクのiPhoneページ

auのiPhoneページ

※当サイトの掲載記事は規定の方法で調べてまとめた内容です。公式を元にした情報の他、未発表部分は過去データからの類推・iPhoneの仕様など古くなっている情報が含まれるケースもあります。必ず免責事項にご了承頂いた上でご覧ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

綾fit@iPhone使い方解説好き

今はAglet(アグレット)にハマってるアラサーのiPhone・ガジェット大好き人。iPhoneはファンタジーの世界でいうと「最強の武器」iPhoneの使い方を解説していくよ。兄弟サイトとして、「クロームブック使い方2022」「PC・スマホの使い方とガジェットライフ:ガジェヒト」など複数ウェブサイトを運営しています。

注目されている記事

1

日本時間WWDC2022の6月7日朝2時に行われたAppleの開発者イベント。 今回はiOS16の話 …

Aglet(アグレット)で歩いてAglet貯める時の注意点まとめ 2

Aglet(アグレット)の注意点まとめました。 実際にAglet(アグレット)をプレーしてみて、いろ …

3

【AppleEvent】アップルイベントで発表されたものby Apple Park 3月8日3時(日 …

-iPhone使い方, Liveカメラ, カメラ