iPhone8 Plus Liveカメラ カメラ ポートレートモード

【iPhoneX/8/7】iPhoneカメラを起動するたび設定戻るのにイライラしない方法

更新日:

普段持ち歩いて「撮りたいな!」って思ったらすぐにiPhoneカメラを起動できるのがiPhoneのいいところ。

ですがそのたび「Live」がONになっていたり、「フラッシュ」がOFFになっていたり、いちいち起動するたびに設定が標準に戻るのってイライラしますよね。

撮影シーン

撮影シーン

この記事ではそんな「iPhoneカメラの動作設定を保持する方法」を調べてまとめました。

対象になるポートレートモードがあるiPhoneは、iPhoneX、iPhone8Plus、iPhone 7 Plus です。

結論:設定アプリから「動作保持」にする

iPhone設定アプリ
設定アプリ
設定アプリをひらいて、「カメラ」の項目をひらき、「設定を保持」をひらいてください。
設定アプリの設定を保存ページ

設定アプリの設定を保存ページ

こちらの項目でONONOFFを切り替えることで、設定を変えることができます。

1:カメラモードの選択をそのまま記憶

ONONにすることで、iPhoneカメラで使用した最後のカメラモードを、アプリを閉じても記憶しておいてくれます。

カメラモードというのは、

カメラモード

カメラモード

撮影ボタンのすぐ上の「撮影スタイル」のことですね。

iOS11のiPhoneシリーズだと

  • タイムラプス
  • スロー
  • ビデオ
  • 写真
  • スクエア
  • パノラマ

2:フィルタと照明の設定

iPhoneカメラの標準でついている撮影フィルタの設定を保持してくれます。

撮影フィルタっていうのは、円が重なっているようなアイコンで呼び出せる「ビビッド」や「シルバートーン」などの空気感・質感を変えて撮影できるモードのことですね。

iPhoneカメラの撮影フィルタ

iPhoneカメラの撮影フィルタ

このほか、iPhone7Plus/8Plusだと、ポートレートモードも同様に記憶しておいてくれます。

  • 自然光
  • スタジオ照明
  • 輪郭強調照明
  • ステージ照明
  • ステージ照明(モノクロ)
iPhonePlusのポートレートモード

iPhonePlusのポートレートモード

こちらも記憶しておいてくれます。

iPhone8Plus
iPhone8 Plus
Plus系を撮影用のカメラとして多用している人には嬉しい機能だよね。

でも結局はシェアするときTwitterやFacebook、Instagramのアプリ内で加工しちゃうんですよね。

3:Liveフォト機能

iOSにしかないLiveフォト。良く言えば思い出をオシャレに保存できてとてもいいんですが、データ容量を圧迫したり、自動でONになっていると不要と感じることも多いです。

標準ではこの設定アプリからOFFにしておいて、動きのある「子どもを撮る時」とか「動物を撮る時」とかにLiveフォト機能をONにするといいとおもいます。

 まとめ

  • iPhoneカメラの設定をそのまま使いたいときは設定アプリから「保持する」設定を
  • 保持できるのは「カメラモード、フィルタ、Liveフォト」の3タイプ
  • iPhoneX、iPhonePlusではポートレートモードも保持できる

これでいちいちLiveフォトをOFFにしたり、手間がかかるのを防げますよね。

Liveフォトはあとから写真アプリで見返したときは前後の数秒が動画になって思い出として眺めるときにはとても楽しいんですが、容量圧迫だったり、そもそも静止画を撮影しているときなんかは不要ですもんね。

 

※当サイトの掲載記事は規定の方法で調べてまとめた内容です。公式を元にした情報の他、未発表部分は過去データからの類推・iPhoneの仕様など古くなっている情報が含まれるケースもあります。必ず免責事項にご了承頂いた上でご覧ください。
この記事のURLとタイトルをコピーする

このサイトのおすすめ記事

iPhone11は6色 1

iPhoneXRの後継機として発表された多色展開のある「iPhone11(イレブン)」は6色とのこと …

「iPhone11Pro(11プロ)」・「iPhone11ProMax(11プロマックス)」 2

2019年9月10日(日本時間11日)に発表された「iPhone11Pro(11プロ)」・「iPho …

-iPhone8 Plus, Liveカメラ, カメラ, ポートレートモード

Copyright© iPhone使いの星🌟 , 2019 All Rights Reserved.