iPhone8 Liveカメラ カメラ

【iPhone8/7】iPhoneカメラのliveフォトの編集機能まとめ

iPhoneの標準カメラに搭載されているLive Photos、みなさんは使ったことありますか?

iOS11で新機能が追加され、さらに楽しめるようになったLive Photosをご紹介していきます。

綾fit
iPhone活用やiPad大好きな綾fitです。iPhone13買うならこちらCheckしてね!

iPhone13シリーズおすすめ(2021年9月)

  1. iPhone13mini:新型・軽い!手のひらにフィット!小型・高性能・iPhoneでは廉価
  2. iPhone13Pro新型iPhoneでカメラ性能がお化け!クリエイターやYoutubeなどSNS重要視するなら
  3. iPhoneSE2020ホームボタンがあるので古い機種から変更するひとにも操作感変わらず特に安い!

ドコモのiPhoneページ

ソフトバンクのiPhoneページ

auのiPhoneページ

Live Photosって編集できるの?編集できる内容は?

シャッターを押した瞬間の写真と、その前後1.5秒ずつの動画が撮れるLive Photos。

iOS10アップデートから編集が可能になっています。

以下でLive Photosの編集機能について詳しく説明していきます。

Live Photosってどこで編集するの?

撮影したLive Photosの編集はカメラアプリではなく、保存先の写真アプリから行います。

写真アプリ内で編集したいLive Photosを表示させ、右上の編集をタップすると編集が可能になります。

編集できる内容は?

Live Photosの編集できる項目は次の通りです。

  1. Live Photos機能のオンオフ
  2. 音声のオンオフ(Live Photos時のみ)
  3. 自動補正
  4. 画像の回転や縦横の大きさ変更
  5. カラーフィルター
  6. 明るさや色合いの調整

以下で編集内容について詳しくご紹介します。

Live Photos機能のオンオフ

Live Photos機能のオンオフは編集画面中央上部の「LIVE」の文字をタップし切り替えます。

オレンジ色の「LIVE」の文字をタップすると、白文字の「オフ」に表示が変わります。

オフ時はLive Photos機能はなくなり、静止画となります。

音声のオンオフ

編集画面左上の音声マークで音声のオンオフを切り替えすることができます。

音声のオンオフを切り替えられるのはLive Photos時のみで、静止画時は常にオフとなります。

自動補正

編集画面右上のマークをタップすると、明るさやコントラストを自動で補正してくれる自動補正をかけることができます。

マークがオレンジ色になれば自動補正がかかっている状態です。

画像の回転や縦横の大きさ変更

編集メニューの矢印が二つ回転しているようなマークをタップすると、画像を回転させたり、縦横の大きさを変更することができます。

お好みのサイズにも規定のサイズにも変更可能です。

カラーフィルター

回転マークの隣、丸が三つ重なっているマークがカラーフィルターの編集部分です。

モノクロを含む9種類のフィルターから選択できます。

明るさや色合いの調整

カラーフィルターの右隣にある太陽のようなマークで明るさや色合いを調整できます。

調整できるのはライト、カラー、白黒の3項目です。

それぞれ、右端に出てくる下矢印をタップすると細かい調整画面が展開されます。

編集を保存するには?

編集がすべて完了したら右下のチェックマークをタップしましょう。

編集内容が反映された状態で保存されます。

もう試した?iOS11で追加されたLive Photosの新機能!

iOS11アップデートでLive Photosにエフェクト機能が加わりました。

写真アプリでLive Photosを表示させ、写真を指で下から上にスワイプさせるとエフェクト画面が現れます。

エフェクトは全3種類です。

お好きなエフェクトを選択すると、エフェクトが反映された状態で保存されます。

以下、各エフェクトの詳細です。

Live Photosのエフェクト、ループとは?

一つ目のエフェクトはループです。

ループとはその名の通り繰り返しのことですね。

3秒の動画が繰り返されます。

Live Photosのエフェクト、バウンスとは?

二つ目のエフェクトはバウンスです。

バウンスを選択すると、動画が再生と逆再生を繰り返します。

Live Photosのエフェクト、長時間露光とは?

三つ目のエフェクトは長時間露光です。

長時間露光とは、シャッターを開く時間を長くして通常のシャッタースピードでは捉えられない光の軌道やものの動きを写す技法です。

例えば夜に撮られた車のライトの軌道。

一眼レフ等で長時間露光を使用して撮影されています。

これと同じ機能がLive Photosのエフェクトに加わっているんです。

iPhoneの進化はすごいですね。

まとめ

  • iOS10アップデートからLive Photosの編集が可能
  • iOS11アップデートから3種類のエフェクトが利用可能

エフェクト追加でさらに注目されているLive Photos。今まで以上に面白い”動く写真”を撮れそうです!みなさんもぜひ試してみてくださいね。

要注目:機種変更・iPhone端末買うなら今:通信量20GBで3000円程度のプランが登場

おすすめ
早い話、速いです。
2021年9月がiPhone機種変更タイミングとしておすすめ買い時・お得

iPhoneの買い時は、機種変更のタイミングをどこに持ってくるかです。何月かというと…

機種変更タイミングを見る

2021年3月、携帯業界に革新的なサービスが始まりましたね。

5G?格安SIM?いいえ、正式なキャリアが始めるサービスで、オンライン窓口専用のプラン(ブランド)です。何の話なのか?って想いますよね。それはドコモのアハモ、auのPOVO、ソフトバンクのLINEMO、楽天モバイルのアンリミットです。

今までのようにキャリアショップで契約やスマホの機種変更をしていた従来のやりかたを見直し、新時代の生活様式に則って非接触・接客などを行わないプランにして格安SIMなどより割安な値段でサービスを提供していこうというもの。

それもどこのキャリアも「1ヶ月の通信量が20GBで3000円程度のプラン」を登場させたというで話題になっているわけです。ぜひチェックしましょう!

iPhone13シリーズおすすめ(2021年9月)

  1. iPhone13mini:新型・軽い!手のひらにフィット!小型・高性能・iPhoneでは廉価
  2. iPhone13Pro新型iPhoneでカメラ性能がお化け!クリエイターやYoutubeなどSNS重要視するなら
  3. iPhoneSE2020ホームボタンがあるので古い機種から変更するひとにも操作感変わらず特に安い!

ドコモのiPhoneページ

ソフトバンクのiPhoneページ

auのiPhoneページ

※当サイトの掲載記事は規定の方法で調べてまとめた内容です。公式を元にした情報の他、未発表部分は過去データからの類推・iPhoneの仕様など古くなっている情報が含まれるケースもあります。必ず免責事項にご了承頂いた上でご覧ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

綾fit@iPhone使い方解説好き

アラサーのiPhone・ガジェット大好き人。iPhoneはファンタジーの世界でいうと「最強の武器」iPhoneの使い方を解説していくよ。兄弟サイトとして、「クロームブック使い方2021」「PC・スマホの使い方とガジェットライフ:ガジェヒト」など複数ウェブサイトを運営しています。

アクセスの多い記事

1

iPhone13が発売に向けて9/15早朝に発表されました。目を奪われるような大きなアップデートはあ …

早い話、速いです。 2

2021年のiPhoneの買い時は、結論をいうと 2021年9月~が機種変更のタイミングです。 はや …

型落ちiPhone夏に安く買うならSE(2020)かiPhone8がチャンス【どこで買う?】 3

「型落ちiPhone」を買うならSE(2020)かiPhone8をおすすめしています。それは「型落ち …

-iPhone8, Liveカメラ, カメラ