アプリ カメラ

iPhoneカメラの画素数の変更や小さな画素の写真を撮るには

iPhoneの機種によってiPhoneカメラの画素数は変わってきます。

意外と知られていませんが、iPhoneカメラの表と、裏にあるカメラにも性能の差がありますので、綺麗な写真を保存したい場合はキチンと使い分けを考えましょう。

[広告 PRリンク]
綾fit
iPhone活用&iPad大好き、綾fitです。iPhone好きで、設定やカスタマイズをしたりしてます。iPhone13買うならこちらCheck(広告Page)してね!
おすすめカテゴリiPhoneでお金管理iPhone買い時

ドコモのiPhoneページ

ソフトバンクのiPhoneページ

auのiPhoneページ

iPhoneでいう画素数って?iPhoneカメラの画素数の調べ方

iPhoneやカメラを選ぶときに「画素数」という言葉をよく目にしますよね。

「画素数」とは何かご存知ですか?

「画素数」とは写真の色を構成している1つ1つの点の数を表す言葉です。

テレビや写真データなど、モニターに近づいて見ると、四角い点(ピクセル)がたくさん集まって色を表現していることがわかりますよね。

「画素数」は、iPhoneの機種ごとに固定されており、カメラロールに保存した写真から画素数を読み取ることはできません。

お使いのiPhone機種の画素数を知りたい方は以下の表を参考にしてください。

iPhoneカメラ(背面・前面)の画素一覧

iSight カメラ裏側カメラ(インサイトカメラ)

前面カメラ前面カメラ

機種 裏側にあるカメラ タッチパネル側の前カメラ
(iSight カメラ) (FaceTime/TrueDepth カメラ)
iPhone X 1,200万画素 700万画素
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone 6s 500万画素
iPhone 6s Plus
iPhone SE 120万画素
iPhone 6 800万画素
iPhone 6 Plus
iPhone 5s
iPhone 5c
iPhone 5
iPhone 4s 30万画素
iPhone 4 500万画素

こうして表にするとiPhone4のころからiPhoneXやiPhone8を比べると、二倍以上の進化を遂げているということがわかりますね。

また基本的に裏側にあるカメラ(インサイトカメラ)のほうが、画素数が多いです。

自撮りなんかで使うFacetimeカメラはカメラの性能が少し劣っています。

iPhoneの標準カメラで画素数は変更できる?そのやり方は?

画素数はカメラそのものについている性能なので、iPhone本体の機能では画素数を変更することはできません

方法があるとしたら、画素数の変更ができるアプリを利用することで、お好みの画素数にすることが可能です。

また、iPhoneの容量がいっぱいでアプリをダウンロードできないという方向けに、アプリ以外で画素数を変更する方法もご紹介していきます。

画素数が変更できるおすすめのカメラアプリ

画素数が変更できるおすすめのカメラアプリをご紹介します。

ImageResize(イメージリサイズ)

一つ目は「ImageResize(イメージリサイズ)」です。

画素数を変更しつつ、画質も最低画質・標準画質・最高画質の三種類から選ぶことができます。

選択した画素数と画質がすぐに写真に反映されますので、とても分かりやすいです。

ImageResizeで変更できる画素

  • 1600万画素(4608ピクセル)
  • 1400万画素(4288ピクセル)
  • 1200万画素(3968ピクセル)
  • 1000万画素(3648ピクセル)
  • 800万画素(3264ピクセル)
  • 600万画素(2816ピクセル)
  • 500万画素(2560ピクセル)
  • 400万画素(2304ピクセル)
  • 300万画素(2048ピクセル)
  • 200万画素(1600ピクセル)
  • 130万画素(1280ピクセル)
  • 80万画素(1024ピクセル)
  • 48万画素(800ピクセル)
  • 38万画素(640ピクセル)
  • 8万画素(320ピクセル)

となります。

SimpleResize(シンプルリサイズ)

二つ目は「SimpleResize」です。

スライドバーでお好みの画素数にすることができます。

アプリ自体のカメラで新たに撮った写真でも、過去に撮っていてカメラロールに入っている写真でも、どちらでも画素数を変更することができます。

この二つのカメラアプリは名前も似ていますが、機能もさほど変わりはありません。(2017/9現在:iOS11未対応)

どちらも無料かつ使い勝手の良いカメラアプリですので、試しにどちらかダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

iPhone写真の解像度の変更

iPhone写真の解像度の変更ならこちらに調べてまとめました。

iPhoneカメラの解像度を変更する方法

「SNSに写真を投稿したいのに、写真が大きすぎてうまく投稿できない・・・」 「iPhoneの容量がい ...

アプリ以外で画素数を変更する方法

アプリ以外で画素数を小さくするには、最初からインカメラを利用します。

先ほど載せた表をみるとわかりますが、メインカメラよりもインカメラで撮った方が画素数が小さくなります。

自撮り以外でインカメラのシャッターを押すのは少々コツがいりますが、手っ取り早く画素数の小さな写真を撮りたいときには最適な方法です。

誰だってデータ容量が大きくなるのをうまく抑えてiPhoneを使っていきたいと思いますもんね。

こういうところでも節約の意識を持っているといいと思います

まとめ

  • 「画素数」とは写真を構成している1つ1つの点の総数
  • iPhoneの機種ごとに画素数は固定されている
  • iPhone本体では画素数の変更はできない
  • 画素数を変更するにはアプリを利用する
  • 画素数の小さな写真を撮るにはインカメラを利用する

要注目:機種変更・iPhone端末買うなら今:2022年に得なのは?

2022年にかけての状況ですが、21年3月から各キャリアが方針を転換して、ネット通信20GBという大容量かつ3000円前後の料金プランを出してきています。

が、その時はまだ、通信量は少なくしてもっと安く提供しているといった格安SIMサービスとは直接ライバルにはなっていませんでした。

ところが秋・冬と経て各大手キャリアは「あまり使わないからその分安くしたい」ユーザー向けの低容量格安プランになるものもカバーする動きに入っており、格安SIM各社はいろいろとしのぎを削っています。

特に2台持ちして使い分ける人の増加が顕著ですね!メインに昔から使っている電話番号を使い、ゲームや動画の閲覧はネット放題のプランの大画面スマホ、SNSはカウントフリーの格安SIMで3台か2台目をデュアルSIMで使う人も一般に増えてきました。

一昔前はマニアックな使い方でしたが、節約の情報がバズったりして普通のひとでも手軽に使い分けの知識を得られるというのが大きいですね。

安くなったぶん最新iPhone13が欲しい

そうして携帯にかかるお金を安くしていくことで、iPhone13シリーズや来年発売が予測される新作・新型iPhone14シリーズの購入費用に充てることも検討できます。安くなる情報はたくさんあふれているので、あとはうまく活用すること!が大事になってきます。

iPhone端末買うならどんな方法がいいのか?たとえば手数料が安く済み、しかも新しいものの好きな色が選べるからキャリアのオンラインショップにしたらいいのか?大手からMNPでキャッシュバックを受けて端末を購入して数カ月後に戻りたいとか。いろいろありますね。

おすすめ
早い話、速いです。
2022年10月がiPhone機種変更タイミングとしておすすめ買い時・お得

iPhoneの買い時は、機種変更のタイミングをどこに持ってくるかです。何月かというと…

機種変更タイミングを見る

iPhone13シリーズおすすめ(2022年9月)

  1. iPhone13mini:新型・軽い!手のひらにフィット!小型・高性能・iPhoneでは廉価
  2. iPhone13Pro新型iPhoneでカメラ性能がお化け!クリエイターやYoutubeなどSNS重要視するなら
  3. iPhoneSE2(第2世代)ホームボタンがあるタイプ/iPhoneSE3(第3世代)の発売さらに投げ売りがある可能性!

ドコモのiPhoneページ

ソフトバンクのiPhoneページ

auのiPhoneページ

iPhone分割購入・アレが0円になる方法

分割購入
iPhone14購入を分割にして手数料0円で安くできる方法

いよいよ新しいiPhoneやAppleWatchが発表・発売されると期待が膨らんでいますね。クールな ...

続きを見る

※当サイトの掲載記事は規定の方法で調べてまとめた内容です。公式を元にした情報の他、未発表部分は過去データからの類推・iPhoneの仕様など古くなっている情報が含まれるケースもあります。必ず免責事項にご了承頂いた上でご覧ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

綾fit@iPhone使い方解説好き

今はAglet(アグレット)にハマってるアラサーのiPhone・ガジェット大好き人。iPhoneはファンタジーの世界でいうと「最強の武器」iPhoneの使い方を解説していくよ。兄弟サイトとして、「クロームブック使い方2022」「PC・スマホの使い方とガジェットライフ:ガジェヒト」など複数ウェブサイトを運営しています。

注目されている記事

1

Apple新製品発表イベント「Far Out.」で起きたことをまとめていきます。 素敵なドローン映像 ...

2

昔からiPhone使っているひとたちからすると、気になるのが「iPhone14シリーズ」に、ホームボ ...

3

いよいよ新しいiPhoneやAppleWatchが発表・発売されると期待が膨らんでいますね。クールな ...

4

2022年も秋がはじまろうとしていますが、秋のビッグイベントといえば「iPhone14発売」ですよね ...

5

iPhoneのiOS16で、写真アプリ(標準)にカンタン切り抜き機能が搭載されます。深度センサーやA ...

6

「ながらポイ活」まだ知らないのですか?2018・2019年はナントカペイをフル活用してのポイ活が流行 ...

-アプリ, カメラ