カメラ

iPhoneカメラ画面が真っ暗の場合の問題点と対処法

iPhoneカメラを起動したときに「画面が真っ暗」で何も撮影できないときってありませんか?

対処法・どうなっているのか?をチェックしてみてください。

綾fit
Aglet(アグレット)にハマり中!iPhone活用&iPad大好き、綾fitです。仕事でiPhoneをいくつも持っていて、いろいろ設定やカスタマイズをしたりしてます。iPhone13買うならこちらCheck(広告Page)してね!

要約ポイント

  • 「画面が真っ暗」の場合に最初にするチェック
  • ストレージやメモリが問題になっている場合
  • iPhoneはコンピュータなので一度再起動を

症状:iPhoneカメラ画面が真っ暗

iPhoneカメラ画面が真っ暗だったときに、まず真っ先にチェックしたいことがあります。

カメラが真っ黒

カメラが真っ黒

  • 物理的に塞いでいないか(指・ケースを逆側につけている・シールなどがくっついていないか)
  • 気温が極端に冷えていないか(あまりにも寒い場所だと正常に動かない)
まずはカメラ部分を塞いでないか確認

まずはカメラ部分を塞いでないか確認

指やケースの入れ間違いで塞いでいることはよくあること。

物理的に塞いでいるなら、まずはチェックしましょう。

また、iPhoneもセンサーがたくさんついたコンピュータであるため、とても寒い場所にあると動作がおかしいことがあります。

寒い冬に外で使用していたらバッテリーが早く消耗することなどいちどは経験があるのではないでしょうか。

次にチェック:前面カメラ・背面カメラの切り替え

画面がコンピュータの動作が停まり、フリーズしているのか、カメラ自体は動いているのか問題の切り分けを行っていきます。

インカメラが動作するなら問題ない

インカメラが動作するなら問題ない

前面(画面上部についているカメラ)カメラへの切り替えはカメラ画面の右下にある「矢印のついたカメラアイコン」をタップするとできます。

ここも動かないようでしたら、コンピュータ自体がフリーズしている可能性がありますので、電源を切って、再起動してみましょう。

電源を切る操作も受け付けないくらいフリーズしている場合は端末を強制再起動します。

再起動のかけかたはホームボタンの無いX、XS、XSMAXはこちら。

iPhoneX再起動
【強制終了・再起動】iPhone11Pro・X・XS・XRの強制終了・再起動する方法

初めてiPhone(11・11Pro・XS・XR・Xなど)を持った人にとって、iPhoneは未知のコ …

ホームボタンのあるTypeはこちら。

【初めてiPhone8/8Plus】iPhone本体の電源を強制終了・再起動する方法

ホームボタンのあるiPhoneの電源を強制終了・再起動する方法です。 機種変更で「iPhone8」も …

問題点

iPhoneカメラ画面が真っ暗だったときに、iPhone自体のメモリやストレージが問題になっている場合があります。

一般的にスマートフォンやコンピュータの動作処理は「メモリ」がキャパシティを決めています。

メモリ(RAM)

そして、同時にたくさんのアプリを立ち上げていたり、音楽を再生していたりするとそれだけ「メモリ」を消費しているので、iPhoneカメラを正常に動作させる「メモリ」が不足した可能性があるということです。

iPhone6/6 Plusのメモリ容量は1GB、6Sは2GB、iPhone7、iPhone8は2GB、iPhone7Plus、iPhone8Plusは3GB、iPhoneXは3GB、XSとXS Maxは4GBとのことです。

アプリをすべて終了してカメラ起動

このメモリ(RAM)を解放してからまたiPhoneカメラを起動してみましょう。

アプリをすべて終了してカメラ起動

アプリをすべて終了してカメラ起動

メールアプリや電卓、ブラウザやLINEなど、よくつかうアプリはそのまま動かしたままになっていることが多いです。

いちど動かしているアプリ一覧画面(アプリスイッチャー)を出して、アプリを消していきましょう。

ストレージ(ROM)

また、保存できるデータ容量が満杯になっている場合も、処理が重く、iPhoneカメラが正常に動作しない原因になることがあります。

iPhone設定アプリ
設定アプリ
「設定アプリ」→「一般」→「iPhoneストレージ」を確認しましょう。

保存できるデータ容量(ストレージ領域といいます)がいっぱいですと、これ以上カメラで写真を撮影できません。

撮影した写真を保存できないくらいデータがいっぱいになっている可能性がある、ということです。

iPhoneストレージの画面で、使用済みストレージが限界に近い場合は、過去の不要な写真を削除するか、データの多いアプリなどを端末から削除してみるとストレージに空きができて、正常に動作していなかったiPhoneカメラなども動くように鳴るかも知れません。

まとめ

  • 「画面が真っ暗」の場合に最初にするチェック
  • ストレージやメモリが問題になっている場合
  • iPhoneはコンピュータなので一度再起動を

要注目:機種変更・iPhone端末買うなら今:2022年に得なのは?

2022年にかけての状況ですが、21年3月から各キャリアが方針を転換して、ネット通信20GBという大容量かつ3000円前後の料金プランを出してきています。

が、その時はまだ、通信量は少なくしてもっと安く提供しているといった格安SIMサービスとは直接ライバルにはなっていませんでした。

ところが秋・冬と経て各大手キャリアは「あまり使わないからその分安くしたい」ユーザー向けの低容量格安プランになるものもカバーする動きに入っており、格安SIM各社はいろいろとしのぎを削っています。

特に2台持ちして使い分ける人の増加が顕著ですね!メインに昔から使っている電話番号を使い、ゲームや動画の閲覧はネット放題のプランの大画面スマホ、SNSはカウントフリーの格安SIMで3台か2台目をデュアルSIMで使う人も一般に増えてきました。

一昔前はマニアックな使い方でしたが、節約の情報がバズったりして普通のひとでも手軽に使い分けの知識を得られるというのが大きいですね。

安くなったぶん最新iPhone13が欲しい

そうして携帯にかかるお金を安くしていくことで、iPhone13シリーズや来年発売が予測される新作・新型iPhone14シリーズの購入費用に充てることも検討できます。安くなる情報はたくさんあふれているので、あとはうまく活用すること!が大事になってきます。

iPhone端末買うならどんな方法がいいのか?たとえば手数料が安く済み、しかも新しいものの好きな色が選べるからキャリアのオンラインショップにしたらいいのか?大手からMNPでキャッシュバックを受けて端末を購入して数カ月後に戻りたいとか。いろいろありますね。

おすすめ
早い話、速いです。
2022年7月・6月がiPhone機種変更タイミングとしておすすめ買い時・お得

iPhoneの買い時は、機種変更のタイミングをどこに持ってくるかです。何月かというと…

機種変更タイミングを見る

iPhone13シリーズおすすめ(2022年6月)

  1. iPhone13mini:新型・軽い!手のひらにフィット!小型・高性能・iPhoneでは廉価
  2. iPhone13Pro新型iPhoneでカメラ性能がお化け!クリエイターやYoutubeなどSNS重要視するなら
  3. iPhoneSE2(第2世代)ホームボタンがあるタイプ/iPhoneSE3(第3世代)の発売さらに投げ売りがある可能性!

ドコモのiPhoneページ

ソフトバンクのiPhoneページ

auのiPhoneページ

※当サイトの掲載記事は規定の方法で調べてまとめた内容です。公式を元にした情報の他、未発表部分は過去データからの類推・iPhoneの仕様など古くなっている情報が含まれるケースもあります。必ず免責事項にご了承頂いた上でご覧ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

綾fit@iPhone使い方解説好き

今はAglet(アグレット)にハマってるアラサーのiPhone・ガジェット大好き人。iPhoneはファンタジーの世界でいうと「最強の武器」iPhoneの使い方を解説していくよ。兄弟サイトとして、「クロームブック使い方2022」「PC・スマホの使い方とガジェットライフ:ガジェヒト」など複数ウェブサイトを運営しています。

注目されている記事

1

日本時間WWDC2022の6月7日朝2時に行われたAppleの開発者イベント。 今回はiOS16の話 …

Aglet(アグレット)で歩いてAglet貯める時の注意点まとめ 2

Aglet(アグレット)の注意点まとめました。 実際にAglet(アグレット)をプレーしてみて、いろ …

3

【AppleEvent】アップルイベントで発表されたものby Apple Park 3月8日3時(日 …

-カメラ