電話

iPhoneのホームボタンを長押しで電話がかかってしまう仕組み

iPhoneを使っている時に、ホームボタンを使った自動機能かなにかで

「勝手に電話が発信されて困った」

「気づいたら友達に電話していて戸惑った」

という経験はありませんか?

その原因は、ホームボタンの長押しで起動する「iPhoneのSiri」が、電話を発信している可能性が高いです。

今回はこの内容をまとめました。

[広告 PRリンク]
綾fit
iPhone活用&iPad大好き、綾fitです。iPhone好きで、設定やカスタマイズをしたりしてます。iPhone13買うならこちらCheck(広告Page)してね!
おすすめカテゴリiPhoneでお金管理iPhone買い時

ドコモのiPhoneページ

ソフトバンクのiPhoneページ

auのiPhoneページ

要約ポイント

  • iPhoneのホームボタン長押し機能を無効化し、誤作動による電話発信を防ぐ
  • ios10.2からホームボタンの長押し機能が無効化ができるようになった
  • iPhone5以前の機種はロック中のSiri起動とHey Siriの機能をオフにし誤作動を防ぐ
iPhoneのホームボタンを長押しで電話がかかってしまう仕組み

iPhoneのホームボタンを長押しで電話がかかってしまう仕組み

iPhoneのホームボタン長押しでなぜ電話がかかってしまうの?

ホームボタン長押しで電話がかかってしまうのは、Siriまたは音声コントロールが起動しているのが原因です。

Siriや音声コントロールは音声認識により、指で操作せずとも電話の発信が可能となっています。

ポケットや鞄の中で何らかの拍子でホームボタンが長押しされてしまい、周囲の音声を拾うことで、誤って電話をかけてしまっているのです。

この意図しない電話発信はホームボタン長押しの機能を無効にすることで防ぐことができます。

iPhoneのホームボタン長押しの機能を無効にする方法

ホームボタン長押しの機能無効は全ての機種で可能という訳ではありません。

ios10.2にバージョンアップした機種のみが対応できます。

バージョンアップしていない方は実施しましょう。

ちなみにios10.2はiPhone5前の機種では対応しておりませんのでご注意ください。

以下、ホームボタンを無効にする方法です。

まず、設定アプリの『一般』をタップします。(アプリを開いて最初の画面の下のほうです)

次にアクセシビリティ(中央よりやや下)をタップし、ホームボタン(下にスクロールして2ページ目くらい)を選択します。

『押したままにして話す』の項目(画面中央)で『オフ』を選択すると、ホームボタン長押しの機能が無効になります。

この設定をすることで誤作動を防ぐことができます。

ios10.2に対応していない機種でホームボタンを無効にする方法

ios10.2に対応していない機種でホームボタンを無効にする方法

ios10.2に対応していない機種でホームボタンを無効にする方法

お使いの機種がiPhone5前の場合、ios10.2へのアップデートができないため、ホームボタンを完全に無効にすることができません。

完全に無効にはできませんが、誤作動による意図しない電話発信等を防ぐ方法があります。

方法は次の2つです。

  • ロック中のSiri起動をオフにする
  • 『Hey Siri』の機能をオフにする

以下、それぞれの設定方法となります。

ロック中のSiri起動をオフにする方法

ロック中のSiri起動をオフにするには、【設定】アプリの一般をタップし、アクセシビリティを選択します。
画面中央より少し下です。

次にホームボタンをタップし(スクロールして2ページ目の位置にあります。)『押したままにして話す』項目の『Siri』を選択します。

次に、一度設定アプリの最初の画面まで戻り、Touch IDとパスコードを選択します。スクロールして2ページ目の位置にあります。

パスコードを入力し、『ロック中にアクセスを許可』のSiriをオフにします。パスコードを設定していない場合、パスコードをオンにするから設定が可能です。

この設定を行うことでロック時のホームボタン長押し機能が無効になり、ios10.2に対応していない機種でも誤作動を防ぐことができます。

次に音声認識による誤作動を防ぐ、『Hey Siri』機能を無効化させる方法です。

Hey Siriの機能を無効化する方法

Hey Siriの機能を無効にするには設定アプリのSiriを開きます。【一般】の4つ下にあります。

ここで『”Hey Siriを許可”』をオフにします。

これで、音声認識によるSiri起動が停止するため、誤作動もなくなります。

電話アプリの話題

電話

2021/1/28

iPhoneで☎電話をかけようとすると警告がでる【サイト・アプリトラブル】

iPhoneでウェブサイトやアプリ内からボタンで「☎電話」をかけようとすると、警告がでるようになったことはありませんか? 文言は「このWebサイトから自動的に電話をかけることは禁止されています(Safari)」といった文言です。 結論をいうとこの文言は気にしないで「許可」を選択し、電話をかけてOKです。iPhoneの仕様のようですね。 このページの目次リンク要約ポイントiPhoneから電話をかけられないエラーiPhoneSafariのアラート通知グーグルクロームのアラート通知挙動と原因の解説 …

ReadMore

知らない番号の着信

電話

2019/10/27

【電話】iPhoneで知らない番号の着信があった時の対処法

iPhoneを使っていると、たまにある「知らない番号の着信」。これは誰なんだろう?どういう意図があるんだろう? 今回は知らない番号からの着信があった時の対処法をまとめました。 このページの目次リンク要約ポイント知らない番号の着信知っている人の場合4パターン知らない人の場合5パターン連絡先にない番号は着信拒否に設定着信履歴画面から着信拒否設定する方法設定アプリ画面から着信拒否設定する方法着信拒否設定:auの場合電話アプリの話題まとめ 要約ポイント iPhoneに「知らない番号」「アドレス帳にない人」からの着 …

ReadMore

電話

2019/10/27

不在着信の文字色:iPhoneの着信履歴画面に残っている赤文字と黒文字の違い

iPhoneで電話をすることが多い時、着信履歴画面からリダイレクトなどをすることが多いですよね。iPhoneの着信履歴画面をよく見ていると表示が「赤文字」「黒文字」になっていました。 その違いについて調べています。 このページの目次リンク要約ポイント着信履歴の「赤文字」は不在着信の履歴不在着信からすぐにかけ直すことが可能そもそも不在着信とは?タブで不在着信のみ表示できる電話がどこからの発信なのか身元の判別電話アプリの話題まとめ 要約ポイント 着信履歴の「赤文字」は不在着信の履歴 着信履歴の「黒文字」は通話 …

ReadMore

iPhoneの電話アプリ

電話

2019/10/27

基本操作:iPhoneの電話アプリで電話をかける・通話に出る方法

iPhoneはいろいろな機能がたくさんついている「コンピューター」です。※この記事は初めてiPhoneを持った人用の記事です。 そのため、「電話アプリ」も本来「ケータイ電話」として、電話をかける、電話に出る、通話する以外にも便利な機能がたくさんあります。 ごちゃまぜにならないように、いろいろな設定を複数の画面に分散させているため、一見するだけではよくわかりません。 海外の製品デザインなので、日本のなんでも見えるところに機能があるというわけにはいかないからでしょう。 今回の記事は、電話アプリまわりの動作をざ …

ReadMore

リダイヤル機能のあるボタン

電話

2019/10/27

【同じ人に電話】電話アプリでリダイヤル・前回かけた電話番号にスグかける方法

「iPhone電話を切ってしまったけどまだ伝えることがあった」 「iPhone電話帳に登録してないけどさっきかけたところにまた通話したい」 「手が濡れているのでワンタッチでリダイヤルしたい」 iPhoneで電話をかけられる状況というのは、必ずしも快適な状態ではありません。 手がふさがっていることもあります。 今回は「iPhoneでリダイヤル・前回かけた電話番号にスグかける方法」を紹介します。 このページの目次リンク結論:ダイヤル画面でのダイヤルボタン要約ポイントSiri:音声入力で「リダイヤル」Siri: …

ReadMore

まとめ

  • iPhoneのホームボタン長押し機能を無効化し、誤作動による電話発信を防ぐ
  • ios10.2からホームボタンの長押し機能が無効化ができるようになった
  • iPhone5以前の機種はロック中のSiri起動とHey Siriの機能をオフにし誤作動を防ぐ

Siriや音声コントロールは指で操作せずとも電話発信ができ、一見便利な機能に思えますが、誤作動で普段電話をしないような相手に電話をかけてしまうのは厄介ですよね。

誤作動を防ぐためにもホームボタンの長押し機能は停止させるのが良いでしょう。

要注目:機種変更・iPhone端末買うなら今:2022年に得なのは?

2022年にかけての状況ですが、21年3月から各キャリアが方針を転換して、ネット通信20GBという大容量かつ3000円前後の料金プランを出してきています。

が、その時はまだ、通信量は少なくしてもっと安く提供しているといった格安SIMサービスとは直接ライバルにはなっていませんでした。

ところが秋・冬と経て各大手キャリアは「あまり使わないからその分安くしたい」ユーザー向けの低容量格安プランになるものもカバーする動きに入っており、格安SIM各社はいろいろとしのぎを削っています。

特に2台持ちして使い分ける人の増加が顕著ですね!メインに昔から使っている電話番号を使い、ゲームや動画の閲覧はネット放題のプランの大画面スマホ、SNSはカウントフリーの格安SIMで3台か2台目をデュアルSIMで使う人も一般に増えてきました。

一昔前はマニアックな使い方でしたが、節約の情報がバズったりして普通のひとでも手軽に使い分けの知識を得られるというのが大きいですね。

安くなったぶん最新iPhone13が欲しい

そうして携帯にかかるお金を安くしていくことで、iPhone13シリーズや来年発売が予測される新作・新型iPhone14シリーズの購入費用に充てることも検討できます。安くなる情報はたくさんあふれているので、あとはうまく活用すること!が大事になってきます。

iPhone端末買うならどんな方法がいいのか?たとえば手数料が安く済み、しかも新しいものの好きな色が選べるからキャリアのオンラインショップにしたらいいのか?大手からMNPでキャッシュバックを受けて端末を購入して数カ月後に戻りたいとか。いろいろありますね。

おすすめ
早い話、速いです。
2022年9月がiPhone機種変更タイミングとしておすすめ買い時・お得

iPhoneの買い時は、機種変更のタイミングをどこに持ってくるかです。何月かというと…

機種変更タイミングを見る

iPhone13シリーズおすすめ(2022年9月)

  1. iPhone13mini:新型・軽い!手のひらにフィット!小型・高性能・iPhoneでは廉価
  2. iPhone13Pro新型iPhoneでカメラ性能がお化け!クリエイターやYoutubeなどSNS重要視するなら
  3. iPhoneSE2(第2世代)ホームボタンがあるタイプ/iPhoneSE3(第3世代)の発売さらに投げ売りがある可能性!

ドコモのiPhoneページ

ソフトバンクのiPhoneページ

auのiPhoneページ

iPhone分割購入・アレが0円になる方法

分割購入
iPhone14購入を分割にして手数料0円で安くできる方法

いよいよ新しいiPhoneやAppleWatchが発表・発売されると期待が膨らんでいますね。クールな …

続きを見る

※当サイトの掲載記事は規定の方法で調べてまとめた内容です。公式を元にした情報の他、未発表部分は過去データからの類推・iPhoneの仕様など古くなっている情報が含まれるケースもあります。必ず免責事項にご了承頂いた上でご覧ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

綾fit@iPhone使い方解説好き

今はAglet(アグレット)にハマってるアラサーのiPhone・ガジェット大好き人。iPhoneはファンタジーの世界でいうと「最強の武器」iPhoneの使い方を解説していくよ。兄弟サイトとして、「クロームブック使い方2022」「PC・スマホの使い方とガジェットライフ:ガジェヒト」など複数ウェブサイトを運営しています。

注目されている記事

1

Apple新製品発表イベント「Far Out.」で起きたことをまとめていきます。 素敵なドローン映像 …

2

昔からiPhone使っているひとたちからすると、気になるのが「iPhone14シリーズ」に、ホームボ …

3

いよいよ新しいiPhoneやAppleWatchが発表・発売されると期待が膨らんでいますね。クールな …

4

2022年も秋がはじまろうとしていますが、秋のビッグイベントといえば「iPhone14発売」ですよね …

5

iPhoneのiOS16で、写真アプリ(標準)にカンタン切り抜き機能が搭載されます。深度センサーやA …

6

「ながらポイ活」まだ知らないのですか?2018・2019年はナントカペイをフル活用してのポイ活が流行 …

-電話