iPhone使い方

自分のiPhoneのモデル判別(7Plusなのか8Plusなのかとか)調べる方法・機種チェック

投稿日:

日本で初めてiPhoneが販売されてからすでに十年以上が経ち、多くのiPhoneモデルが発売されています。

自分の使っている機種って
iPhone6S?iPhone7 Plus?
iPhone8 Plus?だっけ・・・?
とごっちゃになってわからなくなることもあります。

そんなとき「自分のiPhoneのモデル(バージョンの判別)」を調べる方法をまとめました。

どうすればiPhoneの機種チェックができるのか解説していきます。

3つの機種チェック方法

  • AppleIDの「このiPhone」を調べる方法
  • モデル番号から判別する方法
  • 見た目から判別する方法

 iPhoneのモデル機種を調べる

すでに十種類以上の機種が販売されているiPhone。母親の使っているiPhoneはいくつだっけ?機種変更時に聞かれてとっさに思い出せない、など、困る場面はいくつもあります。

iPhoneの機種を判別するには、AppleIDから調べる方法、モデル番号から判別する方法、見た目から判別する方法の3通りの方法があります。

AppleIDの「このiPhone」で確認

iPhone設定アプリ
設定アプリ
設定アプリ>自分のプロフィールを押すと、AppleIDの画面になります。

最初にAppleIDにリンクしている機種から、判別する方法です。

設定アプリ内から、一番上の自分のプロフィールページに移動すると、自分のAppleIDでログインしているApple製品のリストが表示されます。

AppleIDの「このiPhone」

AppleIDの「このiPhone」

このiPhone」と書かれた機種が、お使いのiPhoneのバージョンになります。

上記の写真だと「iPhone 8 Plus」ですよね。

ここには同じAppleIDでログインされているiPhoneだけではなく、WindowsのパソコンやiPad、Macbookなども表示されます。

もし、もう使っていない物や他人に売ったりしたものがあったりした場合はリンクを切りましょう。

モデル番号から判別する方法

モデル番号から判別する方法です。

モデル番号はiPhoneの背面、「Designd by~」から始まる二行の文字列の中に含まれています。二行目にAから始まる数字がありますよね?

それがお使いのiPhoneのモデル番号です。

以下のページで当てはまる番号を確認してみましょう。

https://support.apple.com/ja-jp/HT201296

iPhoneX A1865
A1901
A1902
iPhone8 A1863
A1905
A1906
iPhone8Plus A1864
A1897
A1898
iPhone 7 A1660
A1778
A1779
iPhone 7 Plus A1661
A1784
A1785
iPhone 6s A1633
A1688
A1700
iPhone 6 A1549
A1586
A1589
iPhone 6 Plus A1522
A1524
A1593
iPhone SE A1723
A1662
A1724
iPhone 5s A1453
A1457
A1518
A1528
A1530
A1533
iPhone 5c A1456
A1507
A1516
A1529
A1532

iPhone8、iPhoneXは背面に記載がない

モデル番号を確認しようとして、背面を見てもモデル番号がない!という方いると思います。iPhone8以降の機種(iPhone8、iPhone8Plus、iPhoneX等)は背面の刻印が廃止されています。

そのためこれまでの機種のように背面でのモデル番号確認ができなくなっているのです。

背面に刻印がない方は「設定アプリ>一般>モデル」の技術仕様のページからモデル番号を確認できます。

「/」を含む8桁の部品番号が表示されていますので、その数字をタップして見てください。

アルファベットから始まる5桁の数字に表示が切り替わります。これがモデル番号になります。

部品番号から分かること

先ほどの8桁の部品番号からは、お使いのiPhoneの販売国と新品or整備済製品なのかどうかがわかります。

販売国は「/A」の前の1〜2文字で確認できます。

「J」の場合の製造国は日本。

この記事を読んでいるほとんどの方は「J」かと思います。また、部品番号の頭文字が「M」か「N」かでiPhoneの状態を確認できます。

「M」は新品、「N」は整備済製品となります。

「N」の方は、画面割れ等でリフレッシュ品と交換した覚えがないでしょうか?。

リフレッシュ品はリサイクル部品を使っている等の理由で完全なる新品とは言えないため、整備済製品の表記になります。

見た目で判別する方法

次に見た目で機種を判別する方法をご紹介します。

オークションで購入するときなど、モデル番号での判断がつかない場合には見た目での判断が重要となりますよね。

機種別の特徴で見分けてみましょう。

iPhoneXの特徴

iPhoneXの特徴はなんといってもホームボタンがないことです。

全面ディスプレイなので、すぐに見た目で判断できますね。

また、背面のカメラが縦に2つ並んでおり、その間にフラッシュライトがあります。

iPhone8/8Plusの特徴

iPhone8/8Plusは背面の素材がガラスになっています。

iPhone8以前の機種はアルミ素材が多かったため、高級感が違いますね。

背面がガラスで、背面のカメラが1つならiPhone8、横並びで2つならiPhone8Plusです。

iPhone7/7Plusの特徴

iPhone7/7Plusからイヤホンジャックが廃止されています。

iPhone7/7Plus以降の機種との見分けは、背面の素材、または背面のiPhoneの文字下に刻印があるかどうかで行いましょう。

iPhone7/7Plusは背面がアルミ、iPhoneの文字の下にモデル番号等の刻印があります。

カメラのレンズが2つあればiPhone7Plus、1つならiPhone7です。

iPhone6/6Plus、iPhone6S/6SPlusの特徴

背面のiPhoneの刻印の下にSの文字があれば、iPhone6SまたはiPhone6SPlusとなります。

Plusの方が本体サイズが大きいです。

iPhone5/5S/5Cの特徴

ホームボタンに四角がついていれば、iPhone5またはiPhone5Cです。
四角がなければiPhone5Sとなります。
iPhone5Cは背面がプラスチック素材となり、カラーも他にはないカラフルなものとなっていますので、5との見分けは簡単です。
また、全体的に丸みを帯びたデザインもiPhone5Cの特徴です。

まとめ

  • iPhoneのAppleIDで機種判別ができる
  • モデル番号を利用して調べることもできる
  • モデル番号はiPhone8以前の機種は本体背面にて確認可能
  • iPhone8以降の機種は設定→一般→情報→モデルからモデル番号を確認できる(iPhone8以前の機種も同様に確認可能)
  • 見た目でもiPhoneの機種を判別できる

iPhoneは似ているようで、それぞれ機種別に特徴があることがわかりますね。

イヤホンジャック、ホームボタン等が次々となくなり、とてもシンプルな見た目のiPhoneXが最新機種となっています。次はどんな機種が発表されるのか楽しみですね!

以上、iPhoneの機種判別方法でした。

※当サイトの掲載記事は規定の方法で調べてまとめた内容です。公式を元にした情報の他、未発表部分は過去データからの類推・iPhoneの仕様など古くなっている情報が含まれるケースもあります。必ず免責事項にご了承頂いた上でご覧ください。
この記事のURLとタイトルをコピーする

このサイトのおすすめ記事

iPhone11は6色 1

iPhoneXRの後継機として発表された多色展開のある「iPhone11(イレブン)」は6色とのこと …

「iPhone11Pro(11プロ)」・「iPhone11ProMax(11プロマックス)」 2

2019年9月10日(日本時間11日)に発表された「iPhone11Pro(11プロ)」・「iPho …

-iPhone使い方

Copyright© iPhone使いの星🌟 , 2019 All Rights Reserved.