iPhone使い方 iPhone基本操作

【iPhone 8/7】画面メモをiPhoneで撮る方法

iPhone8やiPhoneXなど、何年ぶりかに新しい最近技術のスマホに変えた!!という人けっこう多いのではないでしょうか。

昔ながらの携帯電話(ガラケー)からいきなりiPhoneに機種変更したときに、色々と操作方法が変わって戸惑うと思います。そんな経験はありませんか?

ガラケーのときに便利だった画面メモ機能もそのひとつ。

今回はアプリをインストールしないでカンタンにできる「画面メモをiPhoneで撮る方法」を紹介します。

綾fit
iPhone活用やiPad大好きな綾fitです。仕事でiPhoneをいくつも持っていて、いろいろ設定やカスタマイズをしたりしてます。iPhone13買うならこちらCheckしてね!

iPhone(8/7/Plus/6s)で画面メモを撮る方法

画面メモをiPhoneで撮る方法

  • 画面メモはiPhoneではスクリーンショットで撮ることができます
  • 画像での撮影なのでその画面から再度操作をすることはできません
  • 見えている表示領域の画面メモになります

画面メモを撮る最もカンタンな方法はスクショ

iPhoneの画面メモで最もカンタンなのは画面のスクリーンショットを撮る方法です。

iPhone5s・iPhone6・iPhone7などのホームボタンがある機種なら、電源ボタンとホームボタンを同時押しで、画面メモになります。

電源ボタンとホームボタンを同時押しでスクリーンショットが撮れる

電源ボタンとホームボタンを同時押しでスクリーンショットが撮れる

※iPhoneXはホームボタンがない機種のため、下記を確認してほしい。

iPhoneXでスクリーンショット撮影する方法
【初めてiPhoneX】iPhoneXでスクリーンショット撮影する方法

iPhoneを使っているとこの画面記録したいな、という時が意外と多いことに気付かされます。 モニター …

名称がバラバラで認識している画面キャプチャ

スマホやiPhoneでは、画面メモという言い方ではなく、スクリーンショット、略してスクショ、画面キャプチャー、などの名称で呼ばれる事が多いです。

撮ったスクショは、写真アプリの「スクリーンショットフォルダ」で確認することができます。

スクリーンショットは写真でメモを残す方法

この画面メモ方法(スクリーンショット)は、モニター画面で表示されている状態をそのまま写真にして残す方法のため、一部のガラケーでできた「画面メモからまた再度操作をやり直す」ということはできません

ガラケーのときは入力フォームで画面メモして、クレカの情報を確認してまた画面メモから戻って…ということができました。

ですが、iPhone(スマホでも)のスクショは操作の途中で「一時停止」しておく機能ではないということです。

あくまで写真でメモを撮る方法ということを理解しておきましょう。

ディスプレイ表示領域以外を写真にして残す

このスクリーンショットを撮るという方法だと、iPhoneのディスプレイモニターで映っている範囲のみのキャプチャなので、iPhone画面に表示されているものしかメモとして残すことができません。

そのため画面に表示されていない部分(スクロールしたら見えるけれど、画面では見えてない部分)もタテ長にメモしたい、というときは、「画面メモ・スクリーンショット用の専用アプリ」を新たにダウンロードすることが必要になります。

ギモン1:画面メモを撮るときに音はする?

iPhoneには機体システムのバージョンにiOSというものがあり、このバージョンによっては音が鳴るもの鳴らないもの、というのがあります。

まとめ

  • iPhoneで画面メモを撮るには電源ボタンとホームボタンの同時押し
  • あくまで表示されている情報のスクリーンショットになる
  • スクリーンショットした内容を見るときは写真アプリでフォルダを探す
  • スクロールしたらみえる領域もタテ長にスクショするなら専用のアプリが必要
  • 画面メモをスクショで撮るときは音はならない

ということですね。

写真アプリ上で、頻繁に使うものはお気に入りに登録しておくこともおすすめします。

要注目:機種変更・iPhone端末買うなら今:2022年に得なのは?

2022年にかけての状況ですが、21年3月から各キャリアが方針を転換して、ネット通信20GBという大容量かつ3000円前後の料金プランを出してきています。

が、その時はまだ、通信量は少なくしてもっと安く提供しているといった格安SIMサービスとは直接ライバルにはなっていませんでした。

ところが秋・冬と経て各大手キャリアは「あまり使わないからその分安くしたい」ユーザー向けの低容量格安プランになるものもカバーする動きに入っており、格安SIM各社はいろいろとしのぎを削っています。

特に2台持ちして使い分ける人の増加が顕著ですね!メインに昔から使っている電話番号を使い、ゲームや動画の閲覧はネット放題のプランの大画面スマホ、SNSはカウントフリーの格安SIMで3台か2台目をデュアルSIMで使う人も一般に増えてきました。

一昔前はマニアックな使い方でしたが、節約の情報がバズったりして普通のひとでも手軽に使い分けの知識を得られるというのが大きいですね。

安くなったぶん最新iPhone13が欲しい

そうして携帯にかかるお金を安くしていくことで、iPhone13シリーズや来年発売が予測される新作・新型iPhone14シリーズの購入費用に充てることも検討できます。安くなる情報はたくさんあふれているので、あとはうまく活用すること!が大事になってきます。

iPhone端末買うならどんな方法がいいのか?たとえば手数料が安く済み、しかも新しいものの好きな色が選べるからキャリアのオンラインショップにしたらいいのか?大手からMNPでキャッシュバックを受けて端末を購入して数カ月後に戻りたいとか。いろいろありますね。

おすすめ
早い話、速いです。
2021年12月・1月がiPhone機種変更タイミングとしておすすめ買い時・お得

iPhoneの買い時は、機種変更のタイミングをどこに持ってくるかです。何月かというと…

機種変更タイミングを見る

iPhone13シリーズおすすめ(2021年12月・2022年1月)

  1. iPhone13mini:新型・軽い!手のひらにフィット!小型・高性能・iPhoneでは廉価
  2. iPhone13Pro新型iPhoneでカメラ性能がお化け!クリエイターやYoutubeなどSNS重要視するなら
  3. iPhoneSE2020ホームボタンがあるので古い機種から変更するひとにも操作感変わらず特に安い!

ドコモのiPhoneページ

ソフトバンクのiPhoneページ

auのiPhoneページ

※当サイトの掲載記事は規定の方法で調べてまとめた内容です。公式を元にした情報の他、未発表部分は過去データからの類推・iPhoneの仕様など古くなっている情報が含まれるケースもあります。必ず免責事項にご了承頂いた上でご覧ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

綾fit@iPhone使い方解説好き

アラサーのiPhone・ガジェット大好き人。iPhoneはファンタジーの世界でいうと「最強の武器」iPhoneの使い方を解説していくよ。兄弟サイトとして、「クロームブック使い方2021」「PC・スマホの使い方とガジェットライフ:ガジェヒト」など複数ウェブサイトを運営しています。

アクセスの多い記事

iPhone 13 miniのAmazon価格 1

AmazonでiPhoneは販売しているのでしょうか?実は意外なことに2021年12月10日からSI …

格安iPhone・格安SIM狙い目セールはgoo Simsellerグーシムセラー 2

goo SimsellerグーシムセラーはNTTレゾナントが運営している通販サイトです。格安SIMサ …

3

iPhone13が発売に向けて9/15早朝に発表されました。目を奪われるような大きなアップデートはあ …

4

2022年のiPhoneの買い時は、結論をいうと2021年12月・2022年1月~が機種変更のタイミ …

型落ちiPhone夏に安く買うならSE(2020)かiPhone8がチャンス【どこで買う?】 5

「型落ちiPhone」を買うならSE(2020)かiPhone8をおすすめしています。それは「型落ち …

-iPhone使い方, iPhone基本操作