撮影テクニック

【iPhone撮影】別売りレンズで広く撮るテクニック

iPhoneの高機能・キレイなカメラでいろいろ撮影していると、ふと気づくのが
「イメージしていたとおりにキレイに撮れない」
「なんか実際リアルにダイナミックに撮れない」というもの。

あなたの違和感の原因は、きっとレンズ性能の限界です。

キレイには撮影できるものの、デジタル一眼レフカメラなど本格的なカメラとの大きな違いとして「撮影レンズの大きさがネック」というものがあります。

要約ポイント

  • レンズが小型化しているiPhoneだと特化できる部分が異なる
  • 別売りレンズを装着して広く撮影(広角撮影)しよう
  • 一眼レフのような本格的な写真撮影もできる
iPhoneカメラの設定

iPhoneカメラの設定

iPhoneカメラのレンズの大きさ

iPhoneカメラは高性能なデジタル光学ズームなど、デジタル技術の向上によってカメラの性能を支えています。

そのため、物理的に「広い視野で撮影」することには、デジタル一眼レフなどとは比較対象になりません。

物理的に大きな範囲を捉えるためのレンズがないと、広い範囲(広角)を撮影できないのです。

そのため、iPhoneを向けた直線の範囲をただ切り取ったような面白みのない写真が撮影されます。

これはiPhoneだけに限らず「スマホカメラ」の特徴なので、あまり違和感を持つ人はいないのですが、カメラ本体の性能は高いiPhoneXSやXRで本格的な写真を撮影していきたい!という需要は多いです。

アプリで撮影写真をすぐに加工ができる、SNSでそのままシェアできるという手軽さもあります。

編み出された別売りレンズ

別売りiPhoneレンズ

別売りiPhoneレンズ

iPhoneで広角撮影をするために、別売りのレンズがとても流行り始めたのはそんな理由です。

クリップでiPhone本体のカメラ部分に挟んで、物理的に「広角レンズ」をつけて撮影すると、広い写真が撮影できます。

マクロレンズ・魚眼レンズ

広く撮ることのできる広角レンズのほかにも、小さいものを拡大して撮影できるマクロレンズ、独特の写真が撮影できる魚眼レンズなど、レンズにも様々なバリエーションがついたものも売られています。

レンズ購入の注意点

  • iPhoneケースにつけたままでも装着可能か
  • クリップの強さがiPhoneカメラを痛めるか
  • 安物すぎると曇ったり、白っぽくなったり全然使えないものに

iPhoneケースをつけたままでも使えるか

iPhoneカメラに装着する別売りカメラの注意点をまとめました。

一番重要なのは、おそらくほとんどのiPhoneユーザーが「iPhoneケース」に入れていますので、ケースをはずさなくてもつけられるタイプが望ましいでしょう。

落下した時にも本体を傷めないために、かなり丈夫で厚みのあるiPhoneケースにしている人もいるので、撮影のたびにいちいちはずしていると逆に落下のおそれもでてきますよね。

iPhoneカメラを壊すと意味がない

クリップレンズのクリップの強さが強すぎて、iPhoneカメラに装着したときに圧迫し、iPhoneカメラ部分を痛めてしまうレンズはやめましょう。

とはいえ、圧迫しているかどうかは見た目ではわかりませんし、クリップの強さはネット通販ではわかりません。

iPhoneカメラ部分の修理にはとても時間やコストもかかるので、中国のきいたことないメーカーのものや、安いだけの身元不明なものは買わずに、国産メーカーのものや有名なブランドのレンズにしておくのが無難です。

おすすめメーカー

国産だとサンワダイレクトやバッファロー、海外製だとAUKEY(オーキー)などが安心して使えます。

【AUKEY】iPhoneに使えるワイヤレス充電器やスマホカメラレンズのメーカーはAUKEY(オーキー)
【AUKEY】iPhoneに使えるワイヤレス充電器やスマホカメラレンズのメーカーはAUKEY(オーキー)

AUKEY(オーキー)というAmazonでも人気なブランドがあります。 「Anker(アンカー)」と …

まとめ

  • レンズが小型化しているiPhoneだと特化できる部分が異なる
  • 別売りレンズを装着して広く撮影(広角撮影)しよう
  • 一眼レフのような本格的な写真撮影もできる

要注目:通信量20GBで3000円程度のプランが登場

おすすめ
早い話、速いです。
2021年4・5月がiPhone機種変更タイミングで買い時【iPhone12でiPhone11Pro・iPhoneXRなど新機種・旧機種安くなる】

iPhoneの買い時は、結論をいうと 2021年2月~が機種変更のタイミングです。それは3月は機種変 …

続きを見る

2021年3月、携帯業界に革新的なサービスが始まります。

5G?格安SIM?いいえ、正式なキャリアが始めるサービスで、オンライン窓口専用のプラン(ブランド)です。何の話なのか?って想いますよね。

今までのようにキャリアショップで契約やスマホの機種変更をしていた従来のやりかたを見直し、新時代の生活様式に則って非接触・接客などを行わないプランにして格安SIMなどより割安な値段でサービスを提供していこうというもの。

それもどこのキャリアも「1ヶ月の通信量が20GBで3000円程度のプラン」を登場させたというで話題になっているわけです。

※当サイトの掲載記事は規定の方法で調べてまとめた内容です。公式を元にした情報の他、未発表部分は過去データからの類推・iPhoneの仕様など古くなっている情報が含まれるケースもあります。必ず免責事項にご了承頂いた上でご覧ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

綾fit@iPhone使い方解説好き

アラサーのiPhone・ガジェット大好き人。iPhoneはファンタジーの世界でいうと「最強の武器」iPhoneの使い方を解説していくよ。

アクセスの多い記事

1

「クラブハウス(Clubhouse)」で友達を連絡先から招待する方法です。 テレビや報道で人気さが特 …

早い話、速いです。 2

iPhoneの買い時は、結論をいうと 2021年4・5月~が機種変更のタイミングです。それは3月4月 …

手軽でカンタンにVPNを構築するアプリ 3

iPhoneで「クラブハウス(Clubhouse)」をしているときに、夜重くなって聞けなくなった!と …

4

iPhoneはどうしても高額になっていきがちですが、最近のAndroidスマートフォンは性能とコスパ …

コメントしたい場合は手を上げる 5

音声SNS「クラブハウス(Clubhouse)」にはDM(ダイレクトメッセージ)やチャット機能・コメ …

-撮影テクニック