撮影テクニック

iPhoneカメラで犬を撮影するテクニック・コツまとめ

投稿日:

iPhoneのカメラで愛犬を撮影したことはありますか?

どうにも生き物なのでぶれてしまったり、目線をもらえなかったり、動き回る犬の写真を撮るのってなかなか難しいですよね。

今回は愛犬の写真を綺麗に可愛らしく撮るコツをご紹介します。

要約ポイント

  • 自然光を意識して撮影する
  • バースト・連写機能でより良い一枚を残す
  • 犬と同じ目線で撮る
  • 日の丸構図を意識して撮る

愛犬をスマホで可愛く撮りたい

一眼レフやデジカメがないから、と良い写真を撮ることを諦めていませんか?

コツを少し掴むだけで、お手持ちのスマホでも素敵な写真を撮ることができるようになります。

自然光の下で撮る

犬の写真を撮る場所に一番最適なのは自然光の下です。

暗い場所では犬の表情がいまいちわかりずらく、何より写真がブレがちです。

光の差し込む窓際や、散歩に出たときなど、自然光の下で写真を撮ってみましょう。

犬の瞳にアイキャッチが入り可愛らしく撮ることができますよ。

フラッシュじゃダメ?

明るくすればいいならフラッシュをオンにしよう!と思うかもしれませんが、スマホのフラッシュは明るすぎるのでNGです。

毛の色や瞳の色が変わって写ってしまいます。

また、犬をびっくりさせてしまうことも。

写真を撮られるのが嫌いになってしまうこともありますのでフラッシュはやめましょう。

連写機能でベストショットを狙う

人間のようにじっとしていられない犬を撮るのは大変ですよね。

ぼけたり、ぶれたりの写真が多くなりがちです。そんなときは連写機能を使って奇跡の一枚を選び出しましょう。

iPhoneのカメラで連写機能を使うには、シャッターを長押しして撮ります。

1秒間に10枚の写真を撮影できるので、可愛らしい表情や面白い表情を捉えることができますよ。
走っているところを低い目線から連写すれば飛んでいるような写真が撮れることもあります。

愛犬と同じ目線で撮る

愛犬と同じ目線で撮る

愛犬と同じ目線で撮る

ついつい普段通りの目線で上から撮りがちですが、犬と同じ目線で撮ってみましょう。

撮り手が低くなることで、表情や仕草がよくわかり、イキイキとした可愛らしさが伝わる写真になります。

おもちゃやおやつで目線をキープ

犬と同じ目線になったら、おもちゃやおやつで目線をキープしてみましょう。

好きなものを見ているときの表情ってすごく可愛らしいですよね。

なかなかカメラ目線がもらえないときにも有効です。

ただし、この方法を長時間やるのは犬の機嫌を損ねてしまうのでNGです。

素早くタイミング良く撮ることがポイントですね。

日の丸構図を意識して撮る

日の丸構図を意識して撮る

日の丸構図を意識して撮る

普段何気なく写真を撮っていることが多いと思いますが、構図を意識して撮ってみましょう。

おすすめの構図は「日の丸構図」です。

その名の通り、被写体を写真の中心に置く構図です。

特にカメラ目線の愛犬を日の丸構図で撮るのがおすすめです。

このとき被写体の周りはなるべくシンプルに。

ごちゃごちゃしていない背景がいいですね。誰にでもできる簡単な構図ですが、可愛さが引き立つ良い写真を残すことができますよ。

まとめ

  • 自然光を意識して撮影する
  • バースト・連写機能でより良い一枚を残す
  • 犬と同じ目線で撮る
  • 日の丸構図を意識して撮る

iPhoneカメラで誰にでも簡単に「愛犬撮影」できるコツをご紹介しました。

インスタグラムやTwitterで写真をアップする機会が多くなりましたよね。ぜひ可愛らしく撮れた愛犬の写真をアップしてみてはいかがでしょうか?

※当サイトの掲載記事は規定の方法で調べてまとめた内容です。公式を元にした情報の他、未発表部分は過去データからの類推・iPhoneの仕様など古くなっている情報が含まれるケースもあります。必ず免責事項にご了承頂いた上でご覧ください。
この記事のURLとタイトルをコピーする

このサイトのおすすめ記事

iPhone11は6色 1

iPhoneXRの後継機として発表された多色展開のある「iPhone11(イレブン)」は6色とのこと …

「iPhone11Pro(11プロ)」・「iPhone11ProMax(11プロマックス)」 2

2019年9月10日(日本時間11日)に発表された「iPhone11Pro(11プロ)」・「iPho …

-撮影テクニック

Copyright© iPhone使いの星🌟 , 2019 All Rights Reserved.