撮影テクニック

iPhoneカメラの加工フィルターを使った撮影テクニック

iPhoneカメラの「標準カメラ」で使える加工フィルター。様々なものが揃っているこの「標準カメラのフィルター」を使った撮影テクニックを調べてまとめました。

iPhoneカメラの加工アプリはたくさん使っている人は多いですが、なかなか「iPhoneに最初に入っているカメラアプリに付いているフィルター機能設定」についてはあまりよく知らない人が多いです。

BeutyplusやSNOWなど最初から「専用のカメラアプリで撮影する場合」とは別に、標準機能のカメラにもフィルター機能がついているので、そちらの解説です。

[広告 PRリンク]
綾fit
iPhone活用&iPad大好き、綾fitです。iPhone好きで、設定やカスタマイズをしたりしてます。iPhone13買うならこちらCheck(広告Page)してね!
おすすめカテゴリiPhoneでお金管理iPhone買い時

ドコモのiPhoneページ

ソフトバンクのiPhoneページ

auのiPhoneページ

カメラのフィルターとは?

ざっくりいうところの、レンズ色です。

こどものころに、実際のカメラに赤いセロハンや青いセロハンを重ねて、色のついた写真を撮ったりしたことはありませんか?

現代のデジタルカメラではそれが通常の状態でいろいろとできます。レンズ効果というものですが、そのとっても進化したバージョンだと捉えてください。

カメラフィルターの使い方

カメラフィルターの使い方

カメラフィルターの使い方

カメラフィルターの使い方は、iPhoneカメラを起動した画面で、カメラ画面右上の「フィルタ」の ボタンを押すとフィルタが選択可能になります。

iPhoneカメラのフィルター種類は7つ

  • ビビッドフィルター(暖かい/冷たい)
  • ドラマチックフィルター(暖かい/冷たい)
  • モノ
  • シルバートーン
  • ノアール

ビビッドにも、通常のビビッド、ビビッド(暖かい)、ビビッド(冷たい)という3つがあり、ドラマチックフィルターにもドラマチック、ドラマチック(暖かい)、ドラマチック(冷たい)の3種類があります。

撮影するもの(被写体)の色数や、明るさなどによっても雰囲気が変わってきます。暖かい・冷たいの度合いの差も、写真の出来上がりに差になって現れてきます。

意外と「写真の温度感」って大切で、他人の写真を見ているときは気にならなくても、自分の写真の時はビビッド・ドラマチックの温度感を切り替えてみて確かめてみてください。

他にも「モノ」「シルバートーン」「ノアール」の3つはモノクロ調の度合いが異なるタイプになっています。

それでは詳しく見ていきましょう。

ビビッドフィルター

ビビッドフィルター

ビビッドフィルター

ビビッド」は英語で「鮮やか」「鮮明」という意味になります。強めの色をビビッドカラーなんて表現したりしますね。

その名の通り色味が鮮やかな部分を強調します。

黄色をより強い黄色に表現するわけです。

赤・青・黄色・ピンクなどの「原色」を撮影する時に「ビビッド」を使うと、より強調されるでしょう。

女性のポートレート撮影をするときには、赤い口紅なんかはとても「ビビッド」が映えます。

ビビッドフィルターの暖かい・冷たい

ビビッドの暖かい・冷たいフィルターの違いは、赤い色味を付与するか、青い色味を付与するかの差になってきます。

食べ物にフィルターを付けたいときは、ビビッド暖かいフィルターだと場合によりますがおいしそうにみえるときがあります。

静物や、金属感、モノ撮りのときはビビッドの冷たいフィルターが適しているときがあります。

ドラマチックフィルター

ドラマチックフィルター

ドラマチックフィルター

ドラマチック」は英語で「劇的な」という意味になります。ビビッドフィルターとは違い、褪せた感じの色合いが中心になります。

劇画調という言葉をご存知でしょうか。

歴史や時間の経過を感じさせる色合いでもあります。

赤・青・黄色・ピンクなどの「原色」を撮影する時に「ドラマチック」を使うと、褪せた色味になり、映画やドラマのような味わいが深くなります。

ドラマチックフィルターだと、カフェで撮影したりするときは、食べ物を美味しそうに見せる目的というよりは、オシャレ感や歴史感を表現する意味合いが強くなりますね。

ドラマチックフィルターの暖かい・冷たい

ドラマチックフィルターの暖かい・冷たいの違いは、ビビッドと同様に赤い色味を付与するか、青い色味を付与するかの差になってきます。

ポイントは、「ドラマチック(暖かい)」だとセピア調の歴史・古ぼけたイメージが出せること。

「ドラマチック(冷たい)」だと廃棄された金属や廃墟のような冷え込んだホラー感が出せるあたりに差があります。

モノクロ調の撮影フィルター

モノ・シルバートーン・ノアール

モノ・シルバートーン・ノアール

iPhoneカメラの撮影フィルターには「モノクロ調の撮影」が3タイプ可能です。

  • モノ
  • シルバートーン
  • ノアール

モノ・シルバートーン・ノアールの違い

モノ」はオリジナル(フィルターなし撮影)と比べて、単純に彩度を落としたものになります。

彩度というのは「赤っぽい」「青っぽい」などの色付きのことで、どんなカラフルなものでも、この彩度を落としていくと全体的にグレー調のモノクロ写真になります。

よくある画像加工アプリで「彩度」という項目のレベルを落としていくと、同じことが再現できるので、カメラ加工の理解を深めたい人は試してみるといいでしょう。

シルバートーン」は「モノ」よりも白黒のコントラストが強くなり、ビビッドやドラマチックのように「暖かい」イメージになります。名称の通り、銀色感ですね。

ノアール」は「モノ」よりも白黒のコントラストが強くなり、ビビッドやドラマチックのように「冷たい」イメージになります。ノアールはフランス語で「noir」といい、 「黒」の意味ですね。

モノクロ撮影に関してのテクニックは下記にまとめてありますのでぜひご覧ください。

時間や歴史を感じさせる写真
iPhoneカメラでモノクロ写真を撮影するテクニック

モノクローム調、いわゆる白黒写真ってありますよね。とにかく扱いは難しいものなのですが、ハマるとこれだ ...

カメラアプリでは加工しないのがオススメ

可能であれば、純正カメラアプリ単体では加工しないのがオススメです。

なぜなら、他のInstagramなど写真データの加工アプリのほうが雰囲気のある写真加工や、フィルター機能がついている場合があるからです。

そのため、SNSにアップしたい写真が撮影できたらビビッドなどのフィルターありで撮影せず、できるだけ「オリジナル」モードで保存しておきましょう。

あとはSNSやカメラ加工アプリで「カメラロールに保存された写真」を呼び出して加工するという流れです。

手間はありますが、カメラアプリで撮影した場合サイズが小さくなったり、フィルタ加工から元に戻せなくなったりしますので、もったいないです。

必ず写真はオリジナルモードで撮影し、加工しましょう。

まとめ

  • iPhoneカメラには7つのフィルタがある
  • ビビッドフィルターは色味が強い撮影ができる
  • ドラマチックフィルターは劇画調撮影ができる
  • モノ、シルバートーン、ノアールはタイプの違うモノクロ撮影
  • 純正カメラアプリではできるだけフィルターなし撮影がおすすめ

要注目:機種変更・iPhone端末買うなら今:2022年に得なのは?

2022年にかけての状況ですが、21年3月から各キャリアが方針を転換して、ネット通信20GBという大容量かつ3000円前後の料金プランを出してきています。

が、その時はまだ、通信量は少なくしてもっと安く提供しているといった格安SIMサービスとは直接ライバルにはなっていませんでした。

ところが秋・冬と経て各大手キャリアは「あまり使わないからその分安くしたい」ユーザー向けの低容量格安プランになるものもカバーする動きに入っており、格安SIM各社はいろいろとしのぎを削っています。

特に2台持ちして使い分ける人の増加が顕著ですね!メインに昔から使っている電話番号を使い、ゲームや動画の閲覧はネット放題のプランの大画面スマホ、SNSはカウントフリーの格安SIMで3台か2台目をデュアルSIMで使う人も一般に増えてきました。

一昔前はマニアックな使い方でしたが、節約の情報がバズったりして普通のひとでも手軽に使い分けの知識を得られるというのが大きいですね。

安くなったぶん最新iPhone13が欲しい

そうして携帯にかかるお金を安くしていくことで、iPhone13シリーズや来年発売が予測される新作・新型iPhone14シリーズの購入費用に充てることも検討できます。安くなる情報はたくさんあふれているので、あとはうまく活用すること!が大事になってきます。

iPhone端末買うならどんな方法がいいのか?たとえば手数料が安く済み、しかも新しいものの好きな色が選べるからキャリアのオンラインショップにしたらいいのか?大手からMNPでキャッシュバックを受けて端末を購入して数カ月後に戻りたいとか。いろいろありますね。

おすすめ
早い話、速いです。
2022年10月がiPhone機種変更タイミングとしておすすめ買い時・お得

iPhoneの買い時は、機種変更のタイミングをどこに持ってくるかです。何月かというと…

機種変更タイミングを見る

iPhone13シリーズおすすめ(2022年9月)

  1. iPhone13mini:新型・軽い!手のひらにフィット!小型・高性能・iPhoneでは廉価
  2. iPhone13Pro新型iPhoneでカメラ性能がお化け!クリエイターやYoutubeなどSNS重要視するなら
  3. iPhoneSE2(第2世代)ホームボタンがあるタイプ/iPhoneSE3(第3世代)の発売さらに投げ売りがある可能性!

ドコモのiPhoneページ

ソフトバンクのiPhoneページ

auのiPhoneページ

iPhone分割購入・アレが0円になる方法

分割購入
iPhone14購入を分割にして手数料0円で安くできる方法

いよいよ新しいiPhoneやAppleWatchが発表・発売されると期待が膨らんでいますね。クールな ...

続きを見る

※当サイトの掲載記事は規定の方法で調べてまとめた内容です。公式を元にした情報の他、未発表部分は過去データからの類推・iPhoneの仕様など古くなっている情報が含まれるケースもあります。必ず免責事項にご了承頂いた上でご覧ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

綾fit@iPhone使い方解説好き

今はAglet(アグレット)にハマってるアラサーのiPhone・ガジェット大好き人。iPhoneはファンタジーの世界でいうと「最強の武器」iPhoneの使い方を解説していくよ。兄弟サイトとして、「クロームブック使い方2022」「PC・スマホの使い方とガジェットライフ:ガジェヒト」など複数ウェブサイトを運営しています。

注目されている記事

1

Apple新製品発表イベント「Far Out.」で起きたことをまとめていきます。 素敵なドローン映像 ...

2

昔からiPhone使っているひとたちからすると、気になるのが「iPhone14シリーズ」に、ホームボ ...

3

いよいよ新しいiPhoneやAppleWatchが発表・発売されると期待が膨らんでいますね。クールな ...

4

2022年も秋がはじまろうとしていますが、秋のビッグイベントといえば「iPhone14発売」ですよね ...

5

iPhoneのiOS16で、写真アプリ(標準)にカンタン切り抜き機能が搭載されます。深度センサーやA ...

6

「ながらポイ活」まだ知らないのですか?2018・2019年はナントカペイをフル活用してのポイ活が流行 ...

-撮影テクニック