iPhoneX iPhone使い方

iPhoneの文字入力でカーソル移動をする方法

iPhoneユーザーにとっての必須スキルってなんだと思いますか?

それは文字入力です!

メール、LINE、SNSと、文字入力を使う場面がたくさんありますね。

今回は文字入力の中で、難しいとされる「iPhoneの文字入力でカーソル移動をする方法」について説明していきます。

綾fit
iPhone活用やiPad大好きな綾fitです。仕事でiPhoneをいくつも持っていて、いろいろ設定やカスタマイズをしたりしてます。iPhone13買うならこちらCheckしてね!

iPhoneのカーソル移動

  • iPhoneのカーソル移動は、画面長押しで拡大鏡を表示させて移動させる
  • カーソルキー搭載のアプリを利用する
  • 3Dtouchを使って移動させる

iPhoneのカーソル移動が難しすぎる!

前の文章に付け足したいときや、修正したいときに使うカーソル移動。

みなさんも一度はイライラした経験があるのではないでしょうか?

文字と文字の間にうまくカーソルを合わせるのって難しいんですよね。

「カーソル移動さえうまくできれば、文字入力がもっとスムーズになるのに・・・」と思っている人も少なくないはずです。

ですが、実はカーソル移動がとっても簡単にできちゃう方法があるんです!

指が太いから・・・画面が小さいから・・・とスムーズな文字入力を諦めていた方は必見です!

文字と文字の間に簡単にカーソルを移動させる3つの方法

楽にカーソル移動ができる方法を3つご紹介します。

まずは基本的な方法から。

方法1:画面長押しで拡大鏡を表示させる

この方法は知っている方も多いかもしれませんね。

やり方はとっても簡単で、入力中の文章の上で長押しするだけ。

長押しすると拡大鏡が表示されるので、そのままカーソルを移動させたい箇所までドラッグします。

移動させたあとに指を離すと、コピーやペーストなどのメニューが表示されますが、そのままの状態で文字を打つことも可能です。

目的の位置を指でタップしてカーソル移動させるよりは楽ですが、拡大鏡にしたときに文章全体が見えないのが少し不便ですね。

文章全体をみてカーソル移動させたい方は以下二つの方法をお試しください。

方法2:文字入力アプリを利用する

次に、文字入力アプリをインストールして使う方法をご紹介します。

(※iPhoneの標準キーボードを使いたいという方は方法3にいきましょう!)

カーソルキーを搭載しているアプリを利用すれば簡単にカーソルを移動させられます。

おすすめは「Simeji」または「flick(旧みんなの顔文字キーボード)」。

どちらのアプリもインストール後に以下の手順を踏むことで使用できるようになります。

メモ

設定手順:設定→一般→キーボード→(もう一度)キーボード→新しいキーボードを追加→使いたいアプリ名を選択→フルアクセスを許可

キーボードの地球儀マークをタップすることで、インストールしたアプリのキーボードを使えるようになります。

この方法でやっかいなのが、広告が出るという点です。気になる方はすごく煩わしく感じるかもしれません。

誤ってタップしてしまうと、リンク先に飛んでしまうのが面倒ですよね。

そこで最後の方法です!この方法なら簡単&標準キーボードでできちゃいます!
早速見ていきましょう!

方法3:3Dtouchを使う

まず初めに、この三つ目の方法が使えるのは3Dtouch機能が搭載されたiPhone 6/6 Plus以降の機種となります。

また、設定で3Dtouchをオンにしておいてくださいね!(設定→一般→アクセリビリティ→3Dtouchをオン)

やり方は次の通りです。まず、キーボード上を少し強めに押します。

キーボード上の文字がすべて消えたら、そのままの状態で指を動かしてみましょう。

いかがですか?カーソルを好きな場所に動かすことができますよね!

iPhone 6/6 Plus以降の機種の方は覚えておくと便利です。

iPhoneのキーボードにはカーソルキーってないの?

実はiOS10までのiPhoneでは、iPhone本体を横向きにすることで、キーボード内にカーソルキーが表示されていました。

iOS11アップデートで消えてしまったということで、今は3Dtouchを使うのが一番簡単な方法になります。

まとめ

  • iPhoneのカーソル移動は、画面長押しで拡大鏡を表示させて移動させる
  • カーソルキー搭載のアプリを利用する
  • 3Dtouchを使って移動させる

今までイライラしていたカーソル移動、今後はスムーズにできそうですね!
キーボード入力が苦手なお父さん・お母さん世代にもぜひ教えてあげましょう!

要注目:機種変更・iPhone端末買うなら今:2022年に得なのは?

2022年にかけての状況ですが、21年3月から各キャリアが方針を転換して、ネット通信20GBという大容量かつ3000円前後の料金プランを出してきています。

が、その時はまだ、通信量は少なくしてもっと安く提供しているといった格安SIMサービスとは直接ライバルにはなっていませんでした。

ところが秋・冬と経て各大手キャリアは「あまり使わないからその分安くしたい」ユーザー向けの低容量格安プランになるものもカバーする動きに入っており、格安SIM各社はいろいろとしのぎを削っています。

特に2台持ちして使い分ける人の増加が顕著ですね!メインに昔から使っている電話番号を使い、ゲームや動画の閲覧はネット放題のプランの大画面スマホ、SNSはカウントフリーの格安SIMで3台か2台目をデュアルSIMで使う人も一般に増えてきました。

一昔前はマニアックな使い方でしたが、節約の情報がバズったりして普通のひとでも手軽に使い分けの知識を得られるというのが大きいですね。

安くなったぶん最新iPhone13が欲しい

そうして携帯にかかるお金を安くしていくことで、iPhone13シリーズや来年発売が予測される新作・新型iPhone14シリーズの購入費用に充てることも検討できます。安くなる情報はたくさんあふれているので、あとはうまく活用すること!が大事になってきます。

iPhone端末買うならどんな方法がいいのか?たとえば手数料が安く済み、しかも新しいものの好きな色が選べるからキャリアのオンラインショップにしたらいいのか?大手からMNPでキャッシュバックを受けて端末を購入して数カ月後に戻りたいとか。いろいろありますね。

おすすめ
早い話、速いです。
2022年5月がiPhone機種変更タイミングとしておすすめ買い時・お得

iPhoneの買い時は、機種変更のタイミングをどこに持ってくるかです。何月かというと…

機種変更タイミングを見る

iPhone13シリーズおすすめ(2022年5月)

  1. iPhone13mini:新型・軽い!手のひらにフィット!小型・高性能・iPhoneでは廉価
  2. iPhone13Pro新型iPhoneでカメラ性能がお化け!クリエイターやYoutubeなどSNS重要視するなら
  3. iPhoneSE2(第2世代)ホームボタンがあるタイプ/iPhoneSE3(第3世代)の発売さらに投げ売りがある可能性!

ドコモのiPhoneページ

ソフトバンクのiPhoneページ

auのiPhoneページ

※当サイトの掲載記事は規定の方法で調べてまとめた内容です。公式を元にした情報の他、未発表部分は過去データからの類推・iPhoneの仕様など古くなっている情報が含まれるケースもあります。必ず免責事項にご了承頂いた上でご覧ください。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

綾fit@iPhone使い方解説好き

アラサーのiPhone・ガジェット大好き人。iPhoneはファンタジーの世界でいうと「最強の武器」iPhoneの使い方を解説していくよ。兄弟サイトとして、「クロームブック使い方2022」「PC・スマホの使い方とガジェットライフ:ガジェヒト」など複数ウェブサイトを運営しています。

注目されている記事

Aglet(アグレット)で歩いてAglet貯める時の注意点まとめ 1

Aglet(アグレット)の注意点まとめました。 実際にAglet(アグレット)をプレーしてみて、いろ …

2

【AppleEvent】アップルイベントで発表されたものby Apple Park 3月8日3時(日 …

iPhone 13 miniのAmazon価格 3

AmazonでiPhoneは販売しているのでしょうか?実は意外なことに2021年12月10日からSI …

4

2022年のiPhoneの買い時は、結論をいうと2022年5月~が機種変更のタイミングです。もうiP …

-iPhoneX, iPhone使い方